昭和レトロ 北海道 昭和レトロなホテル 旅館 昭和レトロな温泉

昭和の高度経済成長時代の象徴のような超広大な大浴場の定山渓ホテル 北海道

投稿日:2017年8月30日 更新日:


北海道 札幌に行った時に定山渓温泉へ行ってみた

ネットで調べると定山渓温泉は数件のホテルで日帰り入浴が出来るようだ

大体入浴料は1000円~1500円なので

880円と1番安く日帰り温泉が出来る定山渓ホテルに行くことに

ウィキで見ると定山渓で1番古いホテルのようで

毎分600リットルの湯量を源泉掛け流しで使用しているという

「喧騒から離れた定山渓で日頃の疲れをゆっくりと癒す。
定山渓ホテルは日帰り入浴もございます。ぜひ、お立ち寄りくださいませ。」

ホテルのホームページより

定山渓温泉街

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

日帰り入浴の専用駐車場はホテルの裏

かなり横に長いホテルだ

だいぶ老朽化はしているが

正面玄関へ上にもでかい、12階建て

〒061-2303 北海道札幌市南区定山渓温泉西4丁目340

TEL:011-598-2111 FAX : 011-598-2110

横の館にはコンビニがある

その前の銅像は美泉定山(みいずみ じょうざん)らしい

中もかなり広い

フロントで受付をし

日帰り入浴時間
AM8:00~PM10:45まで (最終受付 PM10:00)
日帰り入浴料金
入浴料金・・・・・・・一般…………880円  子供………………500円
レンタル・・・・・・・バスタオル…200円  フェイスタオル…100円
           浴衣…………200円  歯ブラシ…………100円

880円を払い横の靴ロッカーでスリッパーに履き替える

北海道らしくヒグマなどの剥製が飾ってあった

宇宙空間体験とある

ここは入れ替え制で男女で大浴場と中浴場と変わる

運良く大浴場の方に入れた

脱衣場もだいぶヤれているがホテルらしく冷水筒のお茶のサービスがあるし

アメニティやドライヤーもある

端には酸素カプセルがあった

高気圧酸素カプセルは医療機関において100年以上の歴史があります。

酸素カプセルの気圧は1.3気圧。

水深でいうと約3mなので体や耳にかかる負担はほぼありません。
しかも酸素カプセルへの出入りはお一人様でも出来ますので、

どなた様でも安心してご利用して頂く事が出来ます。

営業時間
11:00~22:00(21:30受付終了)
受付場所
フロント(利用場所は日帰り休憩所内)
利用料金
30分コース……1,500円
60分コース……2,000円
カプセル台数…1台

う~んちょっとやってみたいな(*^^*)

そして浴場へ

入り口から薄暗いスロープを下って行くと

まずはその浴場の大きさにびっくりさせられる

北海道という土地柄のせいかとにかくでかい

あの昭和の高度経済成長時代のとにかく採算度外視で

スポンサード リンク

どでかい物を作ってやろうという時代だったせいか

http://www.johzankei-hotel.com/bath.html

奥まで50mはあろうかというもので1000人風呂どころか

2~3000人は入れそうだ

入口のかけ湯も横に長く書いてなければ浴室と間違えそうだ

(かけ湯用)

浴室自体決して小さい物ではないが

浴室が小さく感じる、この大きさに比べて洗い場は端の方に少しだけ

ホームページの大浴場の画像では綺麗なライトが照らされているが

実際はかなり薄暗い、上記画像の壁画が書かれているところは

25m?くらいのプールになっている

今日は平日のせいかこの広大な大浴場には5~6人ほどの客

像の形をした滑り台があった、子供用みたいだが

幅が広いので短いしまあ大した事がないだろうと滑ってみた

が結構スピードが乗って大きく飛び込むので小さな子どもは危ないかも(^_^;)

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

このすべり台の水は水風呂だ、といってもぬるい水だから寒くない

手前奥にはミストサウナや小さい水風呂、

寝湯と円形浴室はバイオックスという物らしいがよくわからない

窓際の横長の浴室は明るくて吹き出し口から湯気が上がってのんびり入れる

露天もそう大きくないが、(といってもこの大浴場の規模に比べて)

川沿いにあるので川のせせらぎを聞きながら入れる

とにかく大きい風呂だった、こんな大きな風呂は初めてだった、

採算取れるのかな?

掃除の人が1人いたが掃除は大変だろうな

スポンサード リンク

入れ替えの中浴場はこれに比べてかなり小さいようだが

湯上り後は懐かしい昭和のゲームが無いかゲームコーナーへ

無機質な飾り気の無い壁が昭和の観光ホテルのゲームセンターらしい

温泉の定番、卓球台も3台程ある

これらはちょっと懐かしいが、昭和のゲームは無かった

いかにも高度経済成長時代の象徴、なんでも無駄にでかい

全体的にでかいホテルが多い

懐かしい自販機が1時流行った

おでん缶やラーメン缶、まだ売ってるんだな

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

スポンサード リンク

-昭和レトロ 北海道, 昭和レトロなホテル 旅館, 昭和レトロな温泉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白浜温泉 ホテルシーモアは1970年代の南紀白浜温泉随一のホテル兼レジャー施設だった元ホテルハイプレー

和歌山県の最大の温泉地の南紀白浜温泉 白浜駅で那智勝浦温泉のような湯巡り手形があったので1800円で購入 購入日より6ヶ月間利用できる 掲載の16施設の中からお好きな湯を巡る 販売場所は、この白浜観光 …

80年代に高級和風数奇屋造りとしてオープンしたホテルはし本天翔閣も廃墟、その後湯快リゾートあわづグランドホテル別館で復活

1985年12月、雪の舞う粟津温泉に添乗員のアルバイトで来て泊まった ホテルはし本天翔閣 その2ヶ月前の1985年10月10日に 高級和風数奇屋造りのホテルとして絢爛お披露目したばかりのホテルだった …

昭和レトロな温泉旅館 椿温泉しらさぎ 昔ながらの自炊システムが復活

和歌山県白浜温泉のすぐ南にある椿温泉 旅館やホテルの廃業が相次ぎ、現在唯一日帰り入浴が出来るホテルは 椿温泉しらさぎのみになった 廃業や廃墟が相次ぐ椿温泉 湯は最高でも静かで寂しい観光地 近くの道の駅 …

昭和レトロな温泉、築70年の熱海 福島屋旅館の温泉へ

熱海で入りたかった昭和レトロな立ち寄り温泉へ 熱海は駐車場が高いので少し離れた海岸線の駐車場へ ここでも30分100円だ ここから歩いて行く、山手の方だ 途中にあるなんか1970年代を感じる喫茶店 1 …

昭和時代、白浜温泉で最大級のホテルだった白浜御苑の昔 ユーカイリゾート

和歌山県一の温泉リゾート地の南紀白浜温泉は、 日本三古湯(白浜、有馬、道後)の三大温泉地に数えられるお湯処で 今でもたくさんのホテルや旅館が立ち並んでいるが その中のホテル、白浜御苑は昭和40年代 客 …