Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

70年代のスーパーカーブーム時代!ポルシェ928とフェラーリ365ベルりネッターボクサー

      2019/09/26


1970年代にあったスーパーカーブーム

昭和40年代前後生まれの人ならおそらく記憶にあるだろう

1970年代にスーパーカーブームを作った横浜シーサードモーター跡地へ

スーパーカー消しゴムやスーパーカーグッズなど

当時日本車がまだまだ小さく排気量が2000ccでも大排気量だった頃
特に軽自動車はちっぽけな360ccだった
高級車と言われたトヨタ・クラウンや日産セドリックでさえ200万円足らず
それに比べ当時スーパーカーと呼ばれた外車たちは
当時の一戸建ての家以上の1000万円以上の価格

2気筒、3気筒、4気筒が主流の国産に比べ

V型8気筒、V型12気筒、水平対向12気筒は夢のようなエンジンで
4000~5000ccな排気量から聞こえる
レーシングカーのようなエンジンサウンドは

まさに当時は夢の中の存在のスーパーカー
サーキットの狼の漫画の中で描かれた

ターボ独特の金属音とかのセリフが聞かれた
まだ日本車ではターボはおろか

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

DOHCエンジン、6気筒車も数えるほどの車種しかなかったので
外車との差が大きく憧れの存在だった

もちろん子供はメカニズムの事などわからずにイメージだけでの世界だったが

デザインも低く幅広いしヘッドライトも当時はあまり見たことの無い

リトラクタブルヘッドライトはライトが飛び出す車というのは画期的で
免許もない小学生達が皆憧れてカメラを持って追いかけた
もちろん当時やってたスーパーカークイズは必見だったヽ(*´∀`)ノ
当時は関西では大阪市くらいしか見れず
さらにUHF、通称Uチャンネルで今からすれば

画質もひどかったが毎週楽しみに見てた
特に番組の最後はサーキットでのスーパーカー同士の対決は

新聞の予告欄でカウンタックvsフェラーリBBなどの

対決が載ってるのを見てワクワクした

京都府の嵐山・高雄パークウエイ 高雄Gate大駐車場で行われた

〒616-8285 京都府京都市右京区梅ケ畑檜社町18

通行料金(税込)二輪車 830円
軽・小型普通自動車 1,180円
マイクロバス 2,940円
大型バス 4,790円
※二輪車は土・日・祝は通行できません。

※また二輪車は125c.c以下は通行できません。

■4月~10月
8:00~19:00
(ご入場は18:00まで)

■11月
8:00~20:00
(ご入場は19:00まで)

■12月~3月
9:00~18:00
(ご入場は17:00まで)

高雄サンデーミーティングの6月は
77th. YoungTimer特集だったので見学に

参加資格は70年代までのヒストリックカー(同型車は高年式でも可)
そしてそこに来ていたポルシェ928
それは自分が中学生の時初めて走行しているのを見たスーパーカーが

ポルシェ928だった
1978年にサイクリング旅行で友人と待ち合わせしていた当時あった

富田林のPLランドに向かっている途中の羽曳野市付近で

後方から爆音サウンドが近づいて来たので見ると
ポルシェ928だった、初めて走っているスーパーカーを見た時だ

そしてとあるところの駐車場に入っていったので追いかけて

もうスーパーカーブームも下火になってきた頃だが

当時大阪でもスーパーカーはほとんど見ることはなかったので撮影したかった

あまり近寄っては失礼と遠くから写真を撮ろうとしたら
1人のおっちゃんがそんな遠くからでなくもっと近くで撮れと

スポンサード リンク

言ってくれたので近くで撮らしてもらった、4~5人のおっちゃんが居て

当時のカメラは写真が出来上がるまでどんな画像になるかわからなかったので

うまく写せて無く車体が切れまくっている(^_^;)


前撮れとか後ろ撮れとかあげくのはて自分まで入れて撮れと(^_^;)

でも初めて路上でスーパーカーを見て写真に撮ることが出来た

今思えば本当にありがたかったな、

探偵ナイトスクープで探してもらってお礼を言いたいくらいだ(´∀`)

色は違うがまさに当時見たポルシェ928

ちょっと変わったリトラクタブルライトだったが

それまでの基本デザインの変わらない911型ポルシェは

イタリアンスーパーカーに比べてやや地味なデザインだったので

928は新世代のポルシェって感じだった、

後ろは新幹線100系みたいだ速そうだった

スポンサード リンク

オーナーに頼んでリトラクタブルヘッドライトを動かしてもらった

70年代の子供の頃皆がスーパーカーオーナーに頼んだような(´∀`)

928のリトラクタブルヘッドライトが上がったの初めて見た

まあポップアップライトって言ったほうがいいかもしれないけど

この方式はランボルギーニ・ミウラなども採用している

日本車では1981年にトヨタ・セリカが起き上がるライトになっているが

出目金と言われ不人気だったので後期ではリトラクタブル式になった

そしてカウンタックのライバルフェラーリ ベルリネッターボクサー


水平対向12気筒

当時はベルリネッターボクサーの意味もわからなかったけど

なんかかっこいい名前だった
当時公表最高速度は302km/hとカウンタックLP400を

2km/hだけ上回った、カウンタック派には悔しい思いだった
当時日本車にはなかった低くワイドなフォルムで子供たちを魅了した

ポスターや文房具など現在のアイドル達のように

スーパーカーグッズもたくさん発売されて

当時は文房具屋さんや駄菓子屋さんに売ってた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 70年代 流行