1980年代 旧車 1980年代名車 バブル時代 車 80年代 旧車 トヨタ車 実際に乗った車

80年代の車 トヨタ・セリカ 3代目 1800GT-T 国産初のツインカムターボ レビュー TA63 1982年型

投稿日:1986年12月6日 更新日:


1986年、近所のトヨタディラー系中古車店で

1982年型11月登録のセリカ1800GT-Tの4年落ちを購入

ディーラー系中古車だったのでとても綺麗だった

オプションのデジタルメーター、オートエアコン

リアのサンバイザーが付いていたが

パワーステアリングとパワーウィンドーは付いて無かったので

後付けのボックス型のパワーウィンドをサービスしてもらった

学生の頃から憧れたブランドのメイド イン イタリーと書かれた

ピレリータイヤやファインカーバー付きの15インチのVOLKRacing

のホイールが付いていた

業界初の抜けない水素水!ミネラル還元水素水生成器

アクア・リアージュ 

長時間保存可能だからいつでもどこでも水素水 水素水は保存が難しく、時間が経つとただの「水」になってしまいます。 しかし、アクア・リアージュは、ナノサイズの小さな水素のバブルを作り出すので、 生成した「水素」を長時間保存することができるのです。

日本を含む世界10カ国で特許取得

詳細はミネラル還元水素水生成器 アクア・リアージュのページへ

 

12月1日の夜、知人のセールスマンが家に持って来た

試乗を兼ねてセールスマンをディーラーまで送って行く

出た道路の直線で初のターボの加速を味あう

初めて乗ったターボ車だったのですごい加速だと思った

後付けのバイヨの1dinのカーステ

安い車検店舗が見つかる、ポイントも貯まる、 車検の比較&予約サイト【楽天車検】 『車検をなんとなくで選んでいませんか?楽天車検なら比較して安いお店を探せます。 楽天スーパーポイントもGET! 詳細は下記サイトへ

が付いていたがリアスピーカーのみの接続

純正配線では無い繋ぎだ

それにリアの市販の置き型バイヨのスピーカーの片側が鳴らなかった

機関の故障でないので言っても無駄だろうと思ってクレーム付けなかったが

あとで聞いたら保証の範囲だったらしい

どうせ安物で小さくて音もしれてるだろうから

1月に中古ショップで古いがパイオニアの重い

TS-X55を18000円で買った

バックイルミも無いから結構古い型だが

かなり重いだけあって重低音が響いた

ビートの聞いた音楽をかけると

(と言っても荻野目洋子くらいだが)皆からディスコみたいと言われた

当時はボードも無いからリアの床に置くだけだった

フロントスピーカーはラジオのみ

~買う前に試す新常識~美容家電レンタル 憧れの美容家電は数万円する… 本当に効果はあるのかな… 結婚式や同窓会があるから短期間で使いたい… 試してから購入できたらいいな… そんなお悩みを解決すべく生まれたサービスです CMやSNSで話題の、あの美容家電を使ってみたい。 ・本当に効果があるのか、自分に合っているかを試してみたい。 ・ティレット やEMSスーツなど弊社でしか試せない商品も多数ございます 詳細は下記サイトからどうぞ

当時は接続の仕方がわからなかったので結局スピーカー接続はこのままだった

80年代に関西に数店あったカーショップユニーズ

良く行ったユニーズ吹田店で61セリカXX用のリアスポイラーが

1万円で売ってたのでLBはリアはセリカXXと共通なので

まあ合うだろうと納車前に買う

柔らかいウレタンでぐるぐる巻にされた物で両面テープで付ける物だった

自分で付けたので端がやや浮いてしまった

納車3日後、小さくて見にくいし時代遅れなのでフェンダーミラーを

オプションのドアミラーに付けて変えてもらう2万円だった

これにするとドアミラー内側の空気入れ替え装置が使えなくなったが

中古車買取実績No.1のガリバーが 非公開在庫車や全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせ! 2~3分で入力完了する簡単で便利な無料サービスです 詳細は下記サイトへ

かっこよくなった

1週間で運転席の後付けパワーウィンドがひっかかり

開かなくなったので修理へ

納車2週間後の日曜日

夜中1人で六甲アイランドへ走りに行きハイウェイで撮影

リアスポと当時の流行り物、庶民の見栄自動車電話アンテン型のアース(^_^;)

セリカ・ダブルエックスと違って高級感の無い

同色で無い黒のウレタンのリアバンパーが残念だった

1986年12月13日六甲ハイウェイ

ドアミラー交換とそれ以外は届いたままの状態

後で当時流行のフェンダーのエアロシールやスモークテールを貼った

憧れてたVOLKRACINGのホイールカバーだったが

せっかくの15インチなのにカバーが小さいので

遠くから見るとインチが小さく見えるのでカバーを外す、

カバーを外すのは内側から止めてる為

ホイールを外さなければならないので1本ずつジャッキで上げて

やはり外した方が大きく見えるしリム深になる

この国産初のツインカムターボエンジンの3T-GTエンジンは

発進はエンストするくらい遅くトルクも無いが

3000回転以上でドカーンと来る典型的などっかんターボ車だ

コロナ対策に某パチンコ店の全店舗に導入されました オゾンのチカラで新型コロナウィルス対策! オゾン発生器OZONE eーAIRは e-AIR採用の低温プラズマ発生体は 従来使用されていたオゾン発生体と比べ、耐久性が高くかつ 環境に左右されない安定したオゾン発生を可能にした新技術です 日本・米国・中国で特許取得済み 脱臭・除菌・メンテナンスフリー・コンパクト設計 詳細はオゾン発生器 リアージュのページへ
スポンサード リンク

今のレベルでは大したことないだろうがターボ加速時に

シートに体が押し付けられるのは飛行機の離陸のような感じだった

1度万博の外周でオートマチックの友人のGX51クレスタとゼロヨン競争したが

出だしで大きく遅れたものの3速以上の引っ張りでは大きく引き離した

当時はよくAE86レビやトレノなど後ろに付かれて時は

2速まではピッタリ付かれたが4速に入ってからは寄せ付けなかった

5速からのゆったりしたターボ加速も気持ち良かった

乗り心地はいいがショックがやや柔らかすぎると思った

セリカ・ダブルエックスはコーリン・チャップマンの

ロータスチューンのサスペンションなのにセリカはそうではないのか・・

燃費は意外に良く遠乗りすれば10km前後はいった

通勤は7kmくらいだったが当時は結構引張ていたから(*゚▽゚*)

高回転型のエンジンで面白い車だったし

不細工と思ったフロント外観も見慣れてくると悪くは無いと思ってきた・・

ただ時折見かけるセリカダブルエックスのロングノーズの綺麗さには

やはりセリカXXの方を買えば良かったかなと思ったりもした

4気筒は高回転域になるとかなりうるさいし振動もでる

当時は静かな方が高級と言われその技術を争った時代だったので

6気筒コンプレックスがあった(^_^;)

当時は6気筒搭載車も少なく6気筒に憧れた

それに当時はマイナー車を買う奴は変わった人間と思われていた(^_^;)

前はカラードバンパーなのに後ろが黒のウレタンなのが気にいらず同色へ

自家塗装のため近くで見るとかなり汚い(;´∀`)

憧れたvolkracingのネーム入りホイルカバーだったが

小さく見えるし無塗装で安っぽい

IMPULやヒロみたいに塗装した文字がカラーならいいのに

なんの塗装もないからVolkRACINGの文字も見えにくい、

表面はザラザラしてプラで安っぽい

1時外したりしたが

白に塗って大きく見えるよう外周も白に塗って

文字はシルバー塗装にしたらと

このVOLK84Cのようなイメージで・・・

完成は・・

大分良くなった、近くで見るとかなり汚いが・・

そしてドアミラーも白へ塗装

1度マフラーを変えてみたいなと専門学校時代、セリカXXや

スカイライン・ジャパンに乗ってた金持ちの奴らが通っていたという

ピレリーショップの豊中店へ行ってみた

ここはずっと金持ちの来るとこだと思ってたがようやく来れた(^_^;)

3T-GT用ではアンサー製のマフラーがあると言われた

4万8千円の定価販売だが工賃が値引き分だと言われた

ただ当時は社外マフラーは全部違反だったので

付けるのは勇気がいったので結局換えなかった

オレンジ過ぎるコーナランプが不格好の原因と思いホワイトシールを貼った、

これも80年代当時の流行品?

通勤当時良く遭遇したワインレッドの70スープラツインターボと競争した(^^)

向こうはネット185馬力こちらはグロス160馬力なので

やはり加速性能では全然敵わなかった

たった35秒で愛車無料査定! 中古車買取実績No.1のガリバー 全国500店舗のオークション、海外店舗など 豊富な販路から高価買取を可能にします 愛車無料査定は下記サイトからどうぞ

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
充実のアフターケアと安心の整備基準!簡単入力3分! WEBで無料お見積りは下記のサイトからどうぞ
スポンサード リンク

-1980年代 旧車, 1980年代名車 バブル時代 車, 80年代 旧車 トヨタ車, 実際に乗った車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

A63型のセリカ・カリーナ・コロナ 3兄弟車のツーリング見学 木曽三川

最後のFRのトヨタA63型のセリカ・カリーナ・コロナ 3兄弟車のミーティングを見学へ 今回は岐阜の木曽三川の河川敷ということでツーリングも兼ねて パーキングでの集合、たくさんのセリカ、カリーナ、コロナ …

日産フェアレディZ Z31型の希少な後期型の300ZX オートマチック V6ターボ

知り合いの車屋さんのイベントに来てた 日産フェアレディZ300ZX Z31型と呼ばれる 1983年のフルモデルチェンジで 長くからL型にこだわった日産が 満を持して登場したV型6気筒エンジンを搭載し …

旧車イベント ハコスカ 日産旧車 サウンド動画 ナイトミーティング

今年最後のハコスカ・オーナー主催のナイトミーティング 寒いけど今年最後とあって続々旧車が集まってくる 縦目グロリア編隊、プリンス時代のグロリア 独特のロータリーサウンド マツダ・コスモ マツダ・サバン …

右ハンドルのカウンタック 80s90s祭り 高雄サンデーミーティング

今回の6月の高雄サンデーミーティングは 80’S、90’S祭りで 50回記念ともあってランボルギーニ・カウンタックがやってくる 以前ツーリングに参加させて頂いた讃岐ルノークラブの面々も 久々四国からや …

初代ソアラ トヨタ・ソアラ2800GTリミテッド レビュー 1984年

8年落ちのMZ10 ソアラVRターボを30万円で売り いつものブローカーの人からM型ターボより軽量で燃費のいいエンジンの 1G-Gのツインカム24のソアラかクレスタを探してもらってる時に ソアラ280 …







メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,963人の購読者に加わりましょう