昭和時代

昭和時代の社長達の車はどんなに儲けても5ナンバー車だった

投稿日:2016年10月31日 更新日:


愛媛県松山市の旧車イベント、

松山ノーマルレトロカーミーティング2016で見た

80年代のトヨタの最上級車クラウン

120クラウン 2000ccスーパーチャージャー

昭和当時は会社社長でいくら儲けていても個人、雇われにかかわらず

3ナンバーの車で営業先や得意先に行くのはご法度な時代だった

昭和時代は3ナンバー車に乗っていると特異な目で見られ

後ろ指や生意気な態度と取られ得意先には失礼にあたったようだ

そんなに儲けているんだったら営業に来なくてもいいでしょ!と

昭和時代は2000ccを超えると自動車税が倍以上に跳ね上がり

保険も高速代も高く庶民には縁遠い車と思われていた

自分が以前勤めた会社でも昭和50年代、

ある買い先業者がフェアレディZの3ナンバーを営業車に使った時

売り先のあちこちで色々批判的なことを言われたそうだ、

だからその後はその業者は離れたとこに止めたりしたようだ

だから昭和時代の社長達はクラウンやセドリックでも

最上級の3ナンバーで無く5ナンバーを社長達は乗っていた

それでも5ナンバーで1番いいものだがあくまでも5ナンバーだ

昭和時代の間違いだらけの車選びの中で徳大寺有恒氏が

2000ccはターボ車でも重いボディを引っ張るため

2800ccに比べ燃費も悪いのになぜ2800を買わずに

わざわざ5ナンバーにターボを付けた

クラウンやセドリックを買うのだろうか?と言っていたが

こういう時代背景を知らないのだろうか?

自分が社会人になったのは1986年頃なので

このクラウンの2000のスーパーチャージャーを

よく得意先の社長が乗ってるのを良く見た

スーパーチャージャーはマッドマックスなどのアクション映画で見て

凄い加速をしてたのでどんなメカニズムなのかと憧れた

もちろんこの社長はかなり儲けていてプライベートではベンツや別荘も持っていた

だがあくまで営業先に行く時の車はではあるが

クラウンの前にはソアラの5ナンバーで1番いいのを乗っていたそうだが

営業車にソアラというのも当時はイヤミかな(^_^;)

末期がんの専門医も治療の一翼を担う働きがあると推奨する パワートロンDXでの入浴によるデトックス(解毒)作用は マイナスイオン・遠赤外線ラドンの作用と ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない年々体内に蓄積された 老廃物、有害物質を外から出す作用です それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、生活習慣病でお悩みの方へ、症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳しくは商品紹介ページへ

 
スポンサード リンク

当時のうちの社長は1985年式の日産セドリックY30の2000ターボに乗ってた

クラウンも買いに行ったがトヨタの値引きの少なさや横柄な態度に

腹を立て自分は車などなんでもいいんだ!態度のいいとこで買うと言って

日産でセドリックを買ったみたいだ

80年代後半はバブル前だったので経費も使い放題で

県外からの通勤、仕事、接待ゴルフなどで毎月のガソリン代は

お前の給料くらい使うと言われてたので多分10万円くらい?

だからガソリンスタンドもかなりのお得意様だったようで

よくスタンドの店員が洗車で引き取りにやってきては返しに来てた

その他満タンやオイル交換整備など一括でスタンドが勝手に整備していた

バブル時代だから経費がフンダンに使えた時代だった

この色で5ナンバーだからバンパーが薄い物だった

クラウンに比べて当時流行りのスーパーホワイトでなく

430セドの頃からのベージュっぽい白は古い感じがしたし

スポンサード リンク

デザインも角角でクラウンに比べて同じ世代とは思えないほど古臭かった

クラウンでは新しくかっこよかったヘッドライトのフォグ埋め込みもない

足踏み式パーキングブレーキも無い、電動格納ドアミラーも無かった

内装のダッシュボードも絶壁だし操作パネルはアルミで全体的に古い感じがした

何度か運転した事があったがサスの戻りはかなりゆっくりで

船のようだったがこんなゆっくり戻るサスは初めて経験した

だが当時は社長同士がクラウンやセドリックに乗って

複数台でゴルフに行くときに競争しながら行ってたようだが

高速の速さではこのセドリックV6ターボは

クラウンのスーパーチャージャーを寄せ付けなかったようだ

2800以上の3ナンバー車は後からグイグイ追い上げてくる力強い速さらしい

社長はヘッドハンティングされたのでこのセドリックは会社からの支給だったので

退社した時は返還していたが遠い通勤や仕事で使ってたので

4年で16万km走行と過走行だったので60万円の下取りだったらしい

平成元年より自動車税制が変わりそんな壁も無くなったが

逆に3ナンバーに乗っていてもなんの自慢にもならなくなった

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
スポンサード リンク

-昭和時代

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和時代にあった甲子園フェリーで淡路島へサイクリング 1979年夏 志筑港

1979年(昭和54年)8月9日 友人と兵庫県淡路島へ一泊サイクリングへ 朝5時20分頃起床し 甲子園フェリー乗り場の西宮で待ち合わせることにして別行動で行く 自分は中央大通をまっすぐ西へ、友人は国道 …

レンタルレコードの無い70年代はコーセー化粧品歌謡ベストテンでFMエアチェック

まだレンタルレコード無い1980年頃 流行歌のシングルレコードは当時600円 もちろんすべて買うのは大変だ だから当時流行歌を集めるのはラジオから それもいい音で録るのに欠かさないのFMラジオ いわゆ …

昭和を感じる大阪市生野区の御幸小学校の盆踊り

大阪市生野区の有名なコリアンタウンのメインストリートの 御幸通中央の西門の狭い道沿いにある銭湯、神中湯 この神中湯で見た盆踊りのポスター、まさに地域密着型の銭湯 盆踊りも昭和らしい行事だし 45年ぶり …

1970年代に一杯あったユースホステルが消えて行く 淡路ユースホステル跡地へ 

昭和54年8月9日に友人と淡路島へ一泊サイクリングへ行った時に 泊まった淡路島の福良にある淡路ユースホステル 1970年代、昭和時代にたくさんあったユースホステル 淡路ユースホステルに宿泊 1970年 …

昭和40年代は時代遅れでかっこ悪いと思ったスバル360

2011年5月に岡山のたまの港フェスティバルというイベントに行ったら 昭和30~50年代くらいの旧車が並べられていて その中に懐かしい車が展示されていた 自分が生まれて最初に覚えてる家の車だったスバル …




[instagram-feed]