廃墟になっていた南国リゾートのようなすさみ温泉ホテルシーパレス

      2018/06/13


和歌山県紀伊半島の温泉巡り

串本の浦島ハーバーホテルの温泉入浴後は

昭和な浦島ハーバーホテルでレトロ探索 館内に電車車両が 南紀串本大江戸温泉物語に変わる前

次はすさみ温泉に向かう
2009年4月に行った和歌山県周参見町にあるすさみ温泉ホテルシーパレスが

いかにも南国のリゾートっぽくて

海の岬の先端に建っていて海の見える温泉がとても良かったので
もう1度行って入ってみたかった

浴室はけんけん船の形をしている、袖の香風呂や弁天風呂などもあるが

露天風呂は無かった、しかし女風呂の方にはかなり大きな露天風呂があるらしい

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

浴場自体もそれほど大きな物ではないがガラス窓のすぐ向こうが海で

高い崖の上から海を見ながら入る温泉は良かった

2009年に行った時の写真

南国諸島のリゾートっぽい海の先端に白いホテルが建っていた

横に長く外国っぽい建て方

紀伊半島の42号線を北上する、しかしまずい日が暮れてきた

あそこは海が見える明るいうちに入らないと意味がない

急げ

スポンサード リンク

行きしなに見た廃墟シーサイドサンワも見たいが・・・先を急ぐ

そしてなんとか陽が落ちる前に着けた、これなら夕日は見ながら入れる
側道の山道に入り
(あれ前はこんな道が草ぼうぼうで荒れてたかな?)と思いつつ
そして開けたとこにあるホテルに・・・
あれ暗い・・・


なんとやってない・・・廃業?

近づいて見に行くと中もがらんどだ

調べると台風で建物が被害を受け廃業になったようだ

海の端に立っているからその危険もあるか・・・

ホテル前はパットゴルフなども出来る広場がある施設だったのだが

こんな綺麗な夕日を見ながら入るはずだったのに・・・


屏風が幽霊みたいに見える


扉が開いてるから入れるからちょっと見てみたいなと思うが暗すぎる

あの時はフロントでお金を払いかなり距離のある1番奥まで歩いていったとこが浴場だった

もうすっかり夜になってしまったので椿温泉も諦めた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 廃墟 和歌山, 昭和レトロ 和歌山 ,