Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

大阪府河内長野の山の静かな温泉だった茶花の里の悲惨な末路、廃墟の跡地へ

      2018/05/27


以前よく来た大阪府河内長野の奥天野温泉 茶花の里へ
ここは関西サイクルスポーツセンターの前にあり

天野山の山間の静かな自然豊かの中の

ウッドデッキのロッジ風でいい温泉だ

所在地 〒586-0085 大阪府河内長野市日野1520
電話 0721-53-7305

入浴料は800円 JAF割引も効く

横にある霊園の駐車場も併用されていて

玄関前の駐車場がいっぱいの時は霊園の駐車場にも止めれる

結構歩いて玄関へ、そこに行くまでも山間で気持ちはいい

スポンサード リンク

レストランやオリジナルショップ、陶芸教室もあり

本格的な窯を使い、土1kg3000円で自由制作が出来るようだ

内部も綺麗な木造りで風呂上がりに椅子に座っていると気持ちがいい

風呂は内風呂と

広々としたベランダに作られた露天風呂


露天風呂は桧作りの円形でも静かで眺めもいい

スポンサード リンク

気持ち良かったが前は墓地霊園だ

静かな山の温泉に温泉の泡ぶくの音だけが聞こえる

しかし2004年に久々ここに入ろうとしたが駐車場に行く道が

ロープが張られ通行止めになっていて入れない
仕方なく墓場の駐車場にも行ったがそこも閉鎖されている

とにかく中に入れなかったので仕方なく帰宅して調べると
2004年末に火事で焼失したらしい
最後に来たのが2002年の秋頃だった
ここはJAFの割引も効き静かでよかったのだが
ネット情報によると
違法建築か温泉に何かあったかで摘発され客足が途絶え経営難になり

経営破産ししその後高齢の経営者が客室に1人で住んでいて
裁判所の競売の明け渡しの前日に自ら放火したらしい

どうせ人手に渡るのならということなのかわからないが
哀しい話だ・・・

そしてその跡地に行ってみた

もう近づけないのでフルーツ村の辺りから

やっぱりあの洒落た建物は焼け落ちている(ToT)

お洒落な建物だったのに・・・もう2度と入れない

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 廃墟, 昭和レトロ 大阪