Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

廃墟の山の軍艦ホテル摩耶観光ホテルの所有者が解体から保存へ 公開も間近?

      2018/08/17


先日報道番組で

ある廃墟ホテルが取り上げられていた

その廃墟は1993年に廃業した

兵庫県神戸市の摩耶山の摩耶ケーブルカーとロープウェイの間にある

山奥にひっそり佇んでいる摩耶観光ホテル

廃墟がやや話題になり始めた2000年前後から

廃墟マニアの間で廃墟の聖地と言われ

まるで豪華客船、タイタニック号の外観のような

アールヌーボデザインは素晴らしく美しい廃墟と言われた

スポンサード リンク

ここは廃墟マニアで以前から特に美しいと言われた部屋、緑の部屋

夫婦でNPO法人を立ち上げた方は廃墟や産業遺産の良さを伝えたいと

廃墟ファンと廃墟所有者とを繋げる役をしているようだ

NPO法人夫婦の方もこの空間自体がアートだと語っていた

実は自分もかつてこの摩耶観光ホテルを見に行ったことがある

まだ廃墟が話題になる前の2000年頃

ネットで廃墟を取り上げていた人がたくさんいて

その中に関西の廃墟として摩耶観光ホテルが載っていて

アールヌーボデザインの明治っぽい洋館のようなデザインが

なんかおしゃれで懐かしくて見てみたいと思ってた

高度経済成長の頃の金持ちは高級住宅街に

こんな西洋館を建ていたのをたまに見た事がある

元々摩耶観光ホテルは阪神・淡路大震災の少し後

テレビで見たことがあり名前は知っていた

その番組も廃墟を取り上げたものだったが

実際にはここは阪神・淡路大震災前は

摩耶ロープウェイ・ケーブルカーが通っていて

(昭和30年代の摩耶ロープウェイ)

駅をおりれば摩耶観光ホテルは目の前だったので

この摩耶ロープウェイに乗っていけば楽に到達することが出来たが

1995年の阪神・淡路大震災で

摩耶ロープウェイ・ケーブルカーが激しく被災し動いていない為

レポーターが山奥をかなり苦労して行っていたので

ここは行くのは無理かな

(阪神淡路大震災直後はとても山奥のケーブルカーが

また復旧するとは考えられなかった)

と思っていたが

ネットで調べてみると

まだインターネットを初めて間もない2000年頃に

摩耶観光ホテルの謎に迫るというサイトがあり

そこに当時から廃業に至るまでの経緯が詳しく載っていて

さらに登山をして訪問もされたそうだ

1時間程山を登って行けば行けそうな感じだったので

登山がてら見に行って見ることに

しかし1度目の登山は道に迷い途中で暗くなってしまったので断念

かなり険しく昼なのに暗い道もあったが

結構登山者が多く暗くなってもたくさんの年配の方々と下山した

そして2回めはなんとかたどり着けたものの

しかしケーブルカー復旧復旧工事の為

スポンサード リンク

たくさんの工事関係者がいたので近づけなかった

その時ネットサイトの画像で見た

道沿いにあった昔ながらの土産物屋や古い看板は

すでに撤去されていて見れなかった

3回目は休日に行きなんとか成功

訪問は2000年頃だった

廃業が1993年みたいだが建物は

廃業後7年しか経っていないとは思えないほどの荒れ様だった

1989年頃までは大学の合宿などにも使われてたらしいが

その頃から廃墟のようだったようなので

廃業時からあまり変わって無いらしい

ホテル自体は1929年の開業

開業時はホテルの前方は広場のようだったのに今や林になっている

スポンサード リンク

ケーブルカーを降りればすぐホテルの横の入口になっていた

ポストカードの写真を見ると昔ホテル前は運動広場みたいだが

今やその面影は無く立ち入る事が出来ないほど森林のようになっている

戦時中かな、海には船がたくさん

昭和初めの頃の画像のようだが

このアールがタイタニックの船のようで美しいと言われた

自分も1時は摩耶観光ホテル付近は

今の静寂が嘘のように遊園地にジェットコースター、動物園や有名なお寺や

バンガローなどもあったと聞いてその歴史を調べまくった事があり

その跡地を探しにいったりもした

一応1985年の吉川晃司の映画「ユーガッターチャンス」で現役時代の

電気が着いたカラー映像が見られる

市販品としてVHSテープだけでDVD化はされていないようで

手に入れるのに苦労した

自分もこの映画を見たが暗くて廃墟のようだった

でも夜景はとても綺麗だったんだろうな

現役時に泊まりたかった

だがその後2002年のロープウェイの復旧があだとなったのか

不法侵入者などが増え破壊行為などがありさらに荒廃していった

2008年7月頃、ケーブル駅より

その点ではあのままケーブルが復旧せず

ひっそりと美しいまま置かれていたほうが

行く苦労はあるが廃墟マニアにとっては良かったのか

スポンサード リンク

 2002年に摩耶ロープウェイが復旧した頃にも

この名建築の摩耶観光ホテルの廃墟を惜しむ声があり

復活を望む声が上がったとある新聞で取り上げられた

この記事中で京都大学の講師も震災で目立った被害は受けておらず

構造上問題は無く新築建物と同レベル以上の強度があり

比較的安価でリニューアル出来ると太鼓判を押していたので

摩耶ケーブル・ロープウェイと共に復活か?

と期待したが結局それっきりになってしまった

2008年頃には

昭和モダニズム摩耶という摩耶観光ホテル周辺のツアーもあったようだ

摩耶観光ホテルの歴史を学ぶものだったのか詳しくは知らないが

誰か行った人があればどんな物だったのか教えて欲しいもんだ

そしてまた2017年摩耶観光ホテルの存在が注目されている

この美しい廃墟の保存には

現在摩耶観光ホテルの所有、三宮さんも当初は

不法侵入者が多く事故の責任などの問題もあり解体予定だったが

このNPG法人の夫婦の方の熱意や地元の説得などもあり

一転して存続を決めたようだ

所有者の三宮さんは

「この方たちがすごく生き生きした顔で写真を撮りながら

こんな潰れたドアなどどこがいんだろう」と訝しがっていたが

そういう人達がいるんだなという理解が進んだ時に

私の考えはガラっと変わっていったと語る

今後はルールを守った廃墟観光ツアーなども検討中らしく

この摩耶観光ホテルの公開も近いかも知れない

注)摩耶観光ホテルは立入禁止となっています。
現在、定期巡回を実施しています。
不法侵入は発見次第に通報いたします

とあり監視カメラで証拠も取るので不法侵入はしないように

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 廃墟 兵庫, 昭和レトロ探索 兵庫 , , , , , , , ,