Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

懐かしい昭和時代のカセットテープ SONY 日立マクセル編

      2018/05/29


現在40歳以上で昭和50年代以前生まれの方々の

子供の頃や学生時代の音楽などの記録媒体といえば

(といっても当時はこういう表現もなかったが)カセットテープだろう

7~80年当時レコード屋(これも死語?)で

好きな歌手のレコードのアルバムLPを発売前に予約し
予約特典の大きなポスターをもらい
家の大きなオーディオで(無い人は友人の家に行って)

レベルメーターが赤いとこに行かないよう調整し

カセットテープに録音して

手軽にラジカセなどで聞くというパターンだが

(いちいちレコードをかけるのは面倒なので)

この録音するカセットテープに当時凝って人は多くいるだろう
やっぱ自分のお気に入りの音楽の録音には出来るだけいいテープを使いたい
今はほとんど使う人もいないだろうけど
カセットテープは小さいから残してる人も多いだろう
そういうことで自分も思い出のテープを(^-^)

スポンサード リンク

自分が生まれて初めてみたテープ機器は

オープンリールタイプ(といっても家庭用のかなりの安物)

だったので初めてカセットテープを見た時
巻き戻し、早送り、を見てはや~って感じた(´Д` )

カセットテープにはノーマルポジション、クロームポジション、

メタルポジションと大きく3種のグレードがあるが
自分の理解ではノーマルポジションのいいのは中間域、

クロムは高域がいい、メタルはものすごくいいという程度だ(^^;

メタルテープは特別扱いですごく高価だった記憶がある

機器自体も高くメタル対応品で無いと録音ができないと言われた

自分が12歳くらいの時にメタルポジションが出てきて

メタル対応のラジカセが本体にメタル対応のラベルを付けて

大宣伝されて売っていた

当時はテープの種類によって音の良さを

聞きわけたりする楽しみがあったけど
今のCD-Rは品質によって音がいいとかあるのかな?

全部一緒かな?

当時自分が使用してた代表的なメーカーを紹介すると
SONYは現在ではどんなものでも

結構デザインに凝ったイメージのある会社のように感じるが
当時はカセットテープは他のメーカに比べて

単に紙が貼ってあるだけのオーソドックスなデザインだった

スポンサード リンク

IMG_1486

色で分かりやすかったけど

ノマールポジションのCHF→BHF そして最上級のAHF

クロムポジションのJHFそしてSONY独自のフェリクロムのDUAD
(後で全色ラメ色になったが)
SONYデッキしか選択ポジションがないから

他のメーカーでは録音時はクロームの位置で

聞くときはノーマルという指示があった
位置的にはクロームとメタルの中間?

当時友人がSONYのオーディオセットを持っていて

そのポジションで録音したものを聞かせてもらったが

凡人には音質がわからないかったが(^_^;)

IMG_1478

日立のマクセルとLo-d(ローディー)

1980年迄のマクセルの最上級XLシリーズの

ノーマルポジションのXLⅠは銀のラメ、

クロームポジションのXLⅡは金のラメのパッケージ

と透明スモークケースがかっこよくて1番気に入ってたが

いつの間にかそれらが無くなり、パッケージのみラメになった

もちろんそれらはすぐ破いてすててしまうのだが

なぜか途中から(1982年頃?)普通のつや消し金、銀になってしまった

標準グレード?のテープは山下達郎のCMのマクセルUD

後でUDの高級版のUD-1やUDーⅡも出た

マクセルと日立が一緒になったカセットラベルを友人が持っていて

昔はあったらしく欲しかったが譲ってくれなかった(^_^;)

メタル対応は当時高くて学生にはなかなか買えなかったので

スポンサード リンク

SONYもマクセルも在庫が無い(^_^;)

まあ中高生にしてもマクセルなどクロームやノーマルでも

最上級シリーズは高価だった

他のカセットテープについては下記で

昭和時代のカセットテープ 伝説の100円テープのBONテープ

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 70年代 流行, 昭和レトロな商品 グッズ, 昭和時代