Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

松本隆さんが木綿のハンカチーフ、松田聖子やKinKi Kidsについて語る

      2018/05/29


松本隆さん67歳が羽鳥慎一のモーニングショーに出演し

これまでの作詞活動について語った

a_02_02hidari_fumika_matsumoto_mg_0094

あの地方出身者がたまらなく切なく感じるという

木綿のハンカチーフは松本隆さん自身が

「都会生まれなのになぜ書けてんだろう?」って皆に言われるが

自分の周りがその歌詞のモデルだらけだった

学生の時にもクラスにもそんな人達が一杯いたし

みんな恋してちょっとバイトでお金が入ったら

真っ先にスーツを買ってみるとか

スポンサード リンク

こんな感じでしょ?ってサラっと書いたら

みんなが泣いていると不思議がっていた

そして松本隆さんの書く

赤いスィートピーや渚のバルコニーなどのラブソングと共に

成長したアイドル松田聖子

その松田聖子について松本隆さんは語る

「松田聖子は全盛期でしたからとにかくいるだけでピカピカなんです

だからそんな大スターを「筆訓」に使えたので

僕は好きな絵を書けた」と語った

ただ当時の松田聖子はレコーディングに立ち会わないと怒るんですよ

1回僕が熱が38℃くらいあって

風邪でスタジオに行くとうつしちゃうと思って行かなかった時があって

そしたら松田聖子から電話がかかってきて

「なんで来て下さらないんですか」って

そう言われても熱があってぼ~としてるしと

img225

松本隆さんの作るラブソングは1980年代の日本に

強力なインパクトを与えた

スポンサード リンク

1981年の大ヒット曲

ルビーの指環は歌謡曲のタブーに挑戦したものだった

当時は宝石のタイトルの歌は無かった

それはその時代、歌謡曲はもっと底辺の人達のっていう意識があったが

今日本は総中流の時代なのにそんなタブーは変だなって思って

じゃあ宝石の歌でも作ってみようと思って

中でもカジュアルな石を選んで

頑張れば買えるようなってことで出来上がったと語った

男性アイドルが歌うラブソングには違った思いが込められている

少年っていうのは翳があった方が美しく見えるということで

トシちゃん(田原俊彦)は明るいやんちゃ坊主みたいなヤツでやってて

マッチ(近藤真彦)はちょっとスネてる感じで

そして翳りのある少年像で松本隆、最大ヒット曲を生み出したのが

KINKI KIDSの「硝子の少年」だった

若い女の子だけだとミリオンは行かない

じゃあ誰が買ってるの?というと

おじさん、おばさんが買っている

あれはビー玉に反応したようだ

kinki KIDSって翳りのある少年の翳りがもう少し色濃い

傷つきやすい度が結構激しくあった

去年作詞家生活45年を迎えた

スポンサード リンク

今も新しい挑戦をしようとしていた

そして新たな挑戦とは

大人のラブソングという

恋をもう1度人生の真ん中に

ストレートで

豪速球のようなラブソングってこの何十年もたぶん世の中に出ていないので

日本に無いものを作るのが好きだから

今の時代にないとか

松本隆の原動力は好奇心だと語り

最近ハマったものは

「シン・ゴジラ」という

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和 音楽, 昭和時代