Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

廃墟?のような高級外車ショップビルディングの謎

      2018/05/30


地元の知人があるブログで紹介していたカーショップ

行ったついでに寄ってきた

見えてきた

ん?見た目は解体屋さんのように見える

店の周りに廃車同然の車体がたくさん並んでいる

しかしこの車は

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

昭和40年代前後生まれの男子なら皆知ってるであろう

70年代のスーパーカーブーム時代のスーパーカー

イタリアのマセラティ・メラク

まあスーパーカーの中では大したものではないが

それでもちゃんとレストアすればヴィンテージカーとして売れるだろうし

旧車イベントなどで乗っていけば中年以上はかなり興味を示すだろうに

こんな廃車状態に?レストアを待ってる状態かもしれないが

横の看板にもロータス、フェラーリ、メルセデスベンツなどの

昔から高級外車の看板がある

一階の工場は開いているのでやってるのかな?

前から見るとやや劣化はしているものの

立派なビルディングのショールームだ

かつては高級外車ばかり並べていて

お金持ち相手の外車ショップだったのか

昭和の時代は外車は関税が高く相当な値段だったし

スポンサード リンク

英国車、ロータス・ヨーロッパも3台も無造作に並んでいる

2階にも高そうなヴィンテージカー、マセラティ・ギブリ?などがあるようだが

ショールームの中に展示されてるのになぜ誇りだらけと思ったら
ここのガラスが無かった(^_^;)

中の誇りの凄さから単にガラスの入れ替え中ってだけでなく

かなり長い間ガラスが入ってないようだ

もう営業してない廃墟なのかな

以前はここのショップは

地元のヴィンテージカーのイベントの主催もやっていたらしが

ランボルギーニ・ミウラ?レストア中かな

今や数千万以上するからこの状態で放置なら勿体無い

吊り下げられてるフロントはフェラーリ250GTO?

外にも日本の360cc時代の軽自動車に6~70年代の外車が一杯あった

廃車同然とはいえレストアしたらかなりのお金になりそうだが

外からみていると

軽自動車に乗ったおばさんが中へ入って行ったので従業員?

ということは営業してるみたいだ

帰りの国道で見た廃墟ボーリング場?

スポンサード リンク

かつては関西でも廃業したのに

ボーリング場のピンのでかいオブジェだけ残った廃墟がたくさんあったが

このドライブインも廃墟かな

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和レトロな商品 グッズ, 昭和レトロ探索