昭和レトロ 大阪

千里セルシー が閉店?老朽化で存亡の危機に!セルシーの現在

投稿日:2017年3月7日 更新日:


先日ニュース番組で

昭和の高度成長経済期と共にできた千里ニュータウンに

1972年に開業した当時としては一大レジャー施設

大阪府豊中市の千里中央駅にあるセルシーが

45年経った今、存亡の危機にあるという

千里中央にあるセルシーは

大型船をモチーフにした建物で中央に広場があり

ボーリング場やプールが併設され

関西一円から人が集まるスポットとして

当時としては一大レジャー施設だった

自分にとっても子供の頃から親に連れてきてもらって

よく遊んだ思い出の場所だ(その思い出は下記で)

千里セルシーの昭和時代と移り変わり 千里中央駅

千里セルシーの娯楽の目玉といえば数々のイベントだった

デビュー前の小倉優子や光GENJIや

ブレイクを夢見る歌手がコンサートを開いた

その他にも五木ひろしや河合奈保子、石川秀美、西村知美、酒井法子

西のアイドルの登竜門だったようだ

古くは

昔テレビでやってたパクパクコンテストの公開収録がセルシーであり

千里セルシーが生んだスター川崎麻世もそれで有名になった

自分も当時、少年時代の川崎麻世が西城秀樹のモノマネを

脇に作り物の腋毛を付けてやってたのを見て爆笑した

その川崎麻世が語るセルシーは

当時としてすごく斬新なデザインの建物で

突き出たバルコニーの下の

セルシー広場はいつもお祭り騒ぎで

田舎の人間が東京に出てきたような衝撃的な近未来的なイメージだったという

そのセルシーが今、存亡の危機に立たされている

開発から40年以上経った今建て替えが進んでいて

大型のマンションや商業施設が相次いで建設され

セルシーでは管理会社からテナントに契約を更新しないという連絡が来て

およそ100ある店舗の半数が閉店している

実際現在は空きスペースが目立つ

管理会社が契約を更新しない理由は

建物の老朽化による耐震強度の低下だという

しかしテナントに入る店主たちを困惑させているのは

セルシーの持ち主が交渉を管理会社に任せ話し合いを一切しないという姿勢だ

話をしてもオーナーの顔が見えないから

話がいったりきたりで返ってくる答えは

「契約書通りです」というつれない答えばかり

テレビが取材した情報ではセルシーの登記上の所有者は大手信託銀行だが

賃貸収入は東京のある企業が得ていた

オーナは別にいるが守秘義務で何も答えられないという返事だった

セルシー会の副会長は

「マネーゲームに踊らされこうなったのはとても寂しい

とにかく交渉相手が見えなく話が進まない」と憤る

多くのテナントは思いの詰まったセルシーからこのまま追い出されれぬよう

来年の2月の契約以降はそのまま続けられる法定更新があるので

スポンサード リンク

営業はそのまま続ける予定だ

セルシーに残る半数の店舗は契約上正当な理由がない限り契約を止められない

と主張しているが

しかし管理会社はこのまま営業を続けにくい状況作っている

駐車場の月契約をやめるとか徐々に締めて行く感じだ

営業を続けたい店主たちの前にたち憚る見えない交渉相手

これからしばらく店主たちの厳しい戦いが続きそうだ

千里中央は私鉄による沿線開発とは違って万博の頃に府が主導して

大きく町を作った、それが成功したので行政が手を引いた

しかしその後、リーダーが不在になったのが今の状況を招いたみたいだ

そしてどうなっているか千里中央を訪れてみた

千里中央にあるセルシーは

1970年代自分が子供の頃からよく親に連れてきてもらい

その一大レジャー施設は子供の頃は全てが画期的で1日楽しめた

今日は地下鉄で御堂筋線から

電車の窓から高速道路のような新御堂筋線と一緒に並行して走る

子供の頃から車が好きだったのでこれも楽しみでこの風景をよく見ていた

江坂からは北大阪急行線になり別料金となる、安いけど

乗り換えなくてもそのまま行ける、

自分は江坂駅も見たかったので降りてみたが

末期がんの専門医も治療の一翼を担う働きがあると推奨する パワートロンDXでの入浴によるデトックス(解毒)作用は マイナスイオン・遠赤外線ラドンの作用と ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない年々体内に蓄積された 老廃物、有害物質を外から出す作用です それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、生活習慣病でお悩みの方へ、症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳しくは商品紹介ページへ

 
スポンサード リンク

江坂駅から千里中央駅、セルシー

確かに空き店舗がたくさん出ている

昔良く見た映画館の千里セルシーシアターも閉店

地下駐車場からの入口、かつて噴水や通路に沿って水路があり

トレヴィの泉のようにたくさんのコインのお金が投げ込まれていた

梅田の泉の広場のような物だった

地下レストラン街は空き店舗が増え静かに感じる

ほぼ半数が撤退したとニュースでやってた

1階も半数が撤退していた

思い出の3階の大きなゲームセンターも閉店

賑やかだったゲームセンターの中はガランドウに  

2012年のゲームセンター

野外のミニ電車も撤去されていた

2012年

かつてプールがあった場所、形の跡はまだ残っている

3~4階の自分らが子供の頃よく行ったボーリング場も無くなり

カルチャー教室などばかりになっている

歩道橋で繋がっている阪急百貨店はまだ健在

よく見れば変わったデザインの建物だ

反対側の歩道橋はかつては大丸百貨店があったが大丸ピーコックになった

近くに大手百貨店が2つもあるのは当時凄いと思った

初めて屋上に登ってみた

こんな場所があったのか、中々眺めはいい

北海道の回転寿司屋がまだ営業していた

もう1段高いとこがあるが立入禁止、かつては行けたのかな

スポンサード リンク

ここがエレベーターのてっぺん

丸いデザイン

確かに老朽化は目立つ

豪華客船をモチーフにした1970年代当時は衝撃的なデザインだった

70年代当時珍しかった景色の見える透明なエレベーター

初めて見た時はカルチャーショックだった

SELCYかわら版は今だ健在

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

スポンサード リンク

-昭和レトロ 大阪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和な銭湯 流れ落ちる滝が幻想的な天水湯 大阪市西成区天下茶屋

下記サイトに移転しました 大阪市西成区 天水湯 流れ落ちる滝が幻想的な昭和レトロな銭湯 末期がんの専門医も治療の一翼を担う働きがあると推奨する パワートロンDXでの入浴によるデトックス(解毒)作用は …

夫婦で65年営む昭和レトロな喫茶 茶房カオル 大阪府堺市

以前テレビで見た大阪府堺市にある昭和レトロな喫茶店、 夫婦で65年営む 喫茶店として紹介されてた茶房カオルへ行ってみた 国道30号線から少し西に入った広い道沿いにある 所在地: 〒590-0071 大 …

昭和の高度経済成長時代の象徴、0系新幹線の懐かしい紙コップ 新幹線公園

昭和の高度経済成長時代の象徴のひとつ新幹線、昭和40年代前後生まれなら やはり記憶に残るのは1964年に誕生した0系新幹線 子供の頃見た0系新幹線は時速200km/h以上という速度で走り 当時は車でも …

イズミヤ大東店が閉店、撤退、70年代のビルに残る専門店街の今後は?

去年住道に来た時に2016年12月末で閉店し 47年間営業にピリオドを打ったイズミヤ住道店だ すぐ近くの少し新しいが70年代の雰囲気のビル、大東サンメイツの中に入っている イズミヤ大東店は古いビルなが …

昭和な商店街の裏通りに闇市のような地獄谷BAR通りの入口は激狭通路 野田阪神駅

ある方が以前、通称地獄谷というジャズ喫茶に行って JBLのスピーカーから流れるモダンジャズを聞きながら コーヒーを飲んだというのを見て 名前からして変わっていたし自分も体験してみたいと行ってみたくなり …




[instagram-feed]