Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

和倉昭和博物館とおもちゃ館は綺麗な昭和のグッズが一杯の博物館 石川県七尾市

      2018/05/31


石川県七尾市の和倉温泉へ

ここも昔から有名な温泉地のひとつで能登半島最大の温泉地だ

この和倉温泉にも昭和な博物館があるというので

和倉昭和博物館へ

〒926-0175 石川県七尾市和倉町9−20-1

電話: 0767-62-1161

平成19年4月28日オープン
開館時間:AM8:30~PM5:30
定休日:なし ※年末年始は休館

【入館料】
高校生以上:700円
小・中学生:500円
5歳児以下:無料

【団体割引】(10名以上)
高校生以上:500円
小・中学生:350円

スポンサード リンク

綺麗な会館のような建物だ

外観からは特に昭和の香りは無い

昭和のヒーロー鉄人28号が端っこに

外の車庫に並べられた昭和の旧車 ダイハツオート3輪 マツダオート3輪T1500

マツダポータートラック360ccなど昭和を走り抜けた働くトラック達が展示

全車綺麗で今でもすぐ走れそうだ

そして入場

入ってすぐにペコちゃん人形と丸いポスト

大阪府内ではあまり見られなくなったがまだこのポスト大阪でもたまに見られる

昔、うちの隣の人が乗っていたマツダ・キャロル

軽なのにうちのパブリカと違って4ドアでいいなと思ってた

入口付近は昭和30年代の町並みが再現されている配置だ

70年代の出たてのVHSビデオデッキはビデオカセットが

フロントローディング式ではなく天部分がカセットの上がるようになってて

上に物が置けなかったが当時は2~30万円と相当高価だった

テレビが録画出来きて後で見直しが出来るのは夢のような物だった

当時はVHSテープ自体も1本3~5千円と高価だったので

そんなに録画したものを取っておくことが出来なく

重ね取りをせねばならなかった

1983年頃にようやく定価が10万円半ばくらいに下がってきたので

自分の家でもビデオデッキを買うことが出来た

このタバコの自販機は初めて見た、電気を使わないのかな

ホープやショートホープ、ハイライトなど懐かしい、昔祖父が青葉を吸っていた

マツダの軽自動車のオート3輪、ミゼットのライバルかな

スポンサード リンク

懐かしい文房具屋を再現、昭50年代までは個人の文房具屋は子供たちで一杯だった

スーパーカー消しゴムやボクシーの消しゴムもこういう文房具屋で買った

赤帽、ひっくり返すと白帽になった、今でも小学生は使ってるのかな?

当時は男子は白帽で女子は赤帽だった、今だったら、差別扱いになるのかな

スポンサード リンク

後で折れないというクーピーペンシルが登場した

スバル360もとても綺麗

昔はどこも宅配牛乳を取ってたな

うちはマイナーな毎日牛乳とかいかるが牛乳だった

昭和50年代のおもちゃなども売ってた駄菓子屋、店番のおばあさんとセットかな

今から考えると衛生面が怖いけど(^_^;)

スーパーマーケットが無かった昭和4~50年代はお菓子はこういう店で買った

ニッキでできた食べる紙の絵もあるかな

2階はショーケースに入った展示物だ

ラジコンが出来る前のコード付きのリモコン車

ミニカーも昔はたくさん集めた

2階には昭和のおもちゃが展示されている

昭和のグッズもたくさん展示されてる

かなり豊富な品揃えで綺麗に展示されている

館長が約30年かけて収集した、明治初期から昭和40年代のおもちゃを中心に、
ずらり約10,000点のアイテムが勢揃い。常にピカピカな状態で展示されております。

とのフレーズの通り

http://toymuseum.jp/

館内もとても綺麗だった

この後、和倉温泉街に昭和探索へ

和倉温泉で昭和探索 石川県七尾市 和倉温泉総湯

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和 博物館, 昭和レトロ 石川