昭和レトロ 石川

和倉温泉で昭和探索 石川県七尾市 和倉温泉総湯

投稿日:2011年6月11日 更新日:


石川県七尾市の和倉温泉へ

能登半島で最大の温泉地として発展している

目の前に波穏やかな七尾湾が広がる昔からよく聞く有名な温泉地だ

まずは和倉昭和博物館とおもちゃ館を見学

和倉昭和博物館とおもちゃ館は綺麗な昭和のグッズが一杯の博物館 石川県七尾市

その後は和倉温泉を探索

しかし日帰り温泉は和倉温泉総湯くらいしかなさそうなので総湯へ

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

駐車場に止めて、入浴料は440円

〒926-0175 石川県七尾市和倉町ワ5−1
営業時間 7時00分~21時00分
電話: 0767-62-2221

http://www.wakura.co.jp/spa.html

新しいので綺麗な温泉だが特に特徴は無い

湯上り後は何か昭和っぽい物が無いか探索してみた

ここの温泉地もあまり人がいないな

なんか昭和な温泉地らしい賑やかなとこはないか観光案内所で聞くが、

ここは大きなホテルがそれぞれすべて取り揃えており、
町自体の物は無くなってしまったという
しかしもう1度そういった町作りを目指してるらしい

ここは飲み屋街?

有楽町で会いましょう~♫のようなイメージかな(´∀`)

看板がレトロな感じ、夜は賑やかにネオンが灯り人で一杯になるのかな

この辺りが中心部かな、いかにも温泉街らしい

ロータリー広場の湧浦乃湯壷、

和倉温泉のルーツと言われる、1200年前にここで1羽の白鷺が

海中から湧く温泉で傷を癒やしているのを見て温泉の効能を知ったのが

和倉温泉の始まりとされ、その後海中の湯壷の周囲は埋め立てられ

湯治癒として発展した

当時を偲ばせて2羽の白鷺のモニュメントが立っている

夜は綺麗にライトアップされるらしい

温泉卵が作れるようだ

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

古いけど大きく立派なホテルの能登観光ホテルなおき

上の丸いのは展望温泉かな入ってみたい、海に近く高台にあって景観も良さそうだ

明治10年創業の老舗らしい

七尾湾沿いにもたくさんの大きなホテルが立ち並ぶ

スポンサード リンク

歴史ある老舗旅館もありそうだ

日本屈指の豪華さを誇る観光旅館として全国的に定評のある加賀屋

館内には1流作家の造形作品がなどが並べられ皇室や有名人の宿泊に利用されるらしい

古いけど巨大なホテルがたくさんある

しかし廃墟になってるとこもあるかもしれないな

足湯があるようだ

湯っ足りパーク、妻恋舟の湯

抜けると海がある

結局、期待した有名な和倉温泉街も庶民に見るとこは無かった・・。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
スポンサード リンク

-昭和レトロ 石川

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

廃線の恋路駅、見附島 1970年代の週刊少年キングの漫画、サイクル野郎のロケ地を訪ねて   

石川県の能登半島に行った時に 漫画サイクル野郎に出てきた場所を訪問する サイクル野郎とは1970年代に週刊少年キングに連載されてた 荘司としおさんの作、サイクル野郎のホームページ http://www …

氷見市比美町商店街は人がいない寂しい昭和レトロな商店街 忍者ハットリくんのまんがロード 

1000円高速終了の最終週末に北陸道の最終まで行って 富山県の氷見漁港へ お寿司屋さんや海鮮料理の鮮魚の仕入先としてよく聞く地名だ

山代温泉最大のホテルだった山下家 昭和の最盛期は大奥の姫が出迎え城中大奥の花と酒宴で大名気分になれた

北陸山代温泉は1300年の歴史を持ちその中でも1805年(文化4年)創業の 老舗温泉旅館として客室数94室、収容人員700人を誇り ほぼ山代温泉の中心部に大きくそびえ建つ山下家は格調高い高級ホテルだっ …

昭和レトロが残る銭湯(旧)片山津温泉総湯 石川県加賀市

2010年に石川県に行った時に加賀温泉郷をめぐりをし 粟津温泉総湯、山代温泉総湯、山中温泉と回ったが 片山津温泉だけ遅くなって行けなかったので 2011年は片山津温泉へ行ってみた 片山津温泉は加賀温泉 …

80年代に高級和風数奇屋造りとしてオープンしたホテルはし本天翔閣も廃墟、その後湯快リゾートあわづグランドホテル別館で復活

1985年12月、雪の舞う粟津温泉に添乗員のアルバイトで来て泊まった ホテルはし本天翔閣 その2ヶ月前の1985年10月10日に 高級和風数奇屋造りのホテルとして絢爛お披露目したばかりのホテルだった …