70年代 流行 昭和レトロ 大阪 昭和レトロな喫茶店

1975年の大阪万博 EXPO’70グッズのカフェ 日本万国博覧会

投稿日:2012年5月30日 更新日:


今日は天満に自転車で行った
ついでに前から行ってみたかった有名な?
EXPO’70 CAFEに行ってみた

この辺は駐車料金が高いので(^_^;)
オーナーが大阪万博マニアで
脱サラして開業してるらしい

大阪府大阪市中央区島町2-2-10

玄関には懐かしい佐藤製薬のサトちゃんが

mixiで7月から少し休業するらしいとの発表があったが

中は大阪 万博グッズや昭和の商品や本が飾られている

EXPO’70 大阪万博は大阪府吹田市の千里で行われた

1970年まさに日本の高度成長時代真っ盛りの時なので

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

今後の将来が夢と希望にあふれた時代を感じさせるかのごとく

当時は未来的と感じる展示物が一杯だったようだ

自分は大阪万博は親に2~3度連れてってもらった記憶があるが

当時は自分は5歳だから
人まみれだった事しか覚えてないし

中の展示物などの記憶が無い

ただ夜に親戚のおじさんらと車で通りかかった時

姉があれが動く歩道だと指を指して言っていた記憶がある

今は動く歩道、いわゆる平面エスカレーターは当たり前にあるが

当時は初だったから乗りたかったと覚えている
本でみると日本がここから急速に成長していった時代みたいだ

自分は当時は子供だったので万博グッズはあまりわからないが

当時の作りから昭和を感じる事は感じる
ここに置いてあった本で

特に読むこんでしまった昭和40年男という本

昭和40年代の男がハマる本、昭和40年男

これは同じ世代なのでハマってしまった(^_^;)

af594af982

ウェイトレスも当時のコンパニオンの制服をきていた

0cf7717059

ランチも充実しているが食べたばかりなのでドリンクのみ
後でここの名物のEXPOパフェを頼んだらよかったと思ったが

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

スポンサード リンク

-70年代 流行, 昭和レトロ 大阪, 昭和レトロな喫茶店

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1970年代にスーパーカーブームを作った横浜シーサードモーター跡地へ

1970年代にあったスーパーカーブーム 昭和40年前後生まれの男性なら子供の頃 カメラを持って当時日本車に無い低いデザインや ポップアップするリトラクタブルヘッドライトは 当時はあまり見たことがなかっ …

昭和レトロな温泉地のような飲み屋街 庄内駅前東ストリート 大阪府豊中市

大阪府豊中市 阪急電車、阪急宝塚本線の庄内駅 線路から見えた東側に繁華街のような物が見えたので降りてみた 1984年頃に駅に新聞を運ぶアルバイトをしていて 配達後、少し駅前商店街をぶらついたりしていた …

昭和レトロな商店街 河内天美駅前 西側の静かな商店街

大阪府松原市の近畿日本鉄道南大阪線の駅 河内天美駅 あべの橋駅から準急が止まら無い駅なので各駅停車で来なければならない 大阪市からは大和川を超えた場所にある町だ 駅自体は1923年の開業 河内天美駅前 …

昭和の超巨大リゾートだった箕面温泉スパーガーデンもさらに事業縮小 最後の昭和探索 

高度経済成長時代の昭和40年代に流行ったヘルセンター 当時はひとつの場所に 温泉ありボーリング場、遊園地、プール、スケート、テニス場、 大衆演劇ありとさまざまな娯楽を複合させた施設で 庶民が休日に押し …

昭和レトロな雑貨屋 奇貨屋 白昼夢は妖しい雰囲気 大阪市

大阪市営地下鉄で長居駅で昭和な長居商店街を歩いて あびこ駅方面へ歩いて行くと 通りがかりに変わった店があった 周りには意味不明な妖しいものがたくさん 探偵ナイトスクープにでてくる小枝探偵のパラダイスの …