Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和な豪華ダンスショー 和歌山県白浜のハマブランカが更地になった

      2018/08/03


和歌山県の有名観光地の白浜温泉

観光名所の三段壁と言われる約2kmの大岩壁の北にあったハマブランカ

海を見渡す丘の斜面の大規模なレジャー施設だった

1962年(昭和37年)に新白浜熱帯植物園としてオープンし、その後、

1971年(昭和46年)4月にハマブランカと改称したようだ

大食堂グランドホールではOSK日本歌劇団や

ハマブランカダンシングチームなどのきらびやかなショーもあった

こういう食事や飲み物を取りながらきらびやかなクリスタルライトに照らされ

豪華なショーを見るようなシーンは

昭和40年、50年代頃、大きな観光ホテルや観光地にありよくやっていた

当時はそれを売り物にしていたくらいだったが

39000平方メートルの敷地内にバナナ園、サボテン園、パイン温室など

9楝の温室と1500種にのぼる熱帯植物が栽培されている

バイオトマトは1万株に15000個の実を付けていて

南国気分が 味わえる

園内にはレストランやお土産物、琉球ガラス美術館、ゲームセンターや

1周800mのジェットコースターもあったようだ

大阪営業所もあったくらいだから最盛期はかなり振るわったのだろうが

レジャーの多様化など時代の移り変わりにより

バブル経済崩壊以降はこの白浜だけでなく全国の有名な温泉地は不況になり

1995年にはダンシングショーが無くなり植物園のみの営業になった

レストランのみの入場も出来たようだが営業は16時までになった

そして2005年10月ついに完全閉店した

自分が初めてハマブランカを訪れたのは閉園3年後の2008年4月

スポンサード リンク

廃墟となってはいたがまだ建物は残っていた

中には貴重な古い昭和時代のエレメカのゲーム機がたくさん残っていたらしい

隣が熱帯園かな

ドームぽい屋根が特徴的だ

白浜の南東部は三段壁や千畳敷もあるが北西に比べ全体的に静かな感じ

この先にはもう何も無いし

2000年頃の外観

そして2013年4月にどうなったか再び訪れてみた

ついに建物が解体された

更地になっていた

熱帯雨林帯は残っていたがもうあの華やかな感じは過去のものへと

スポンサード リンク

この先はもう何も無い道になる

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

マキシム事業企画の天然サンゴ100%の自然主義 

元祖コーラルサンド21®

水道水を入れるだけで名水に変わる!不思議な天然のサンゴ

水道水の塩素を除去し天然のミネラル22種類の固まり
マグネシウム、カルシウムが豊富、特に大切なマグネシウムが多く含まれています

日本初!厚生労働省認定

日本食品分析センター、東京都食品衛生協会、東京環境測定センターから

永久に水が腐らない、菌が繁殖しないデータを取得

永久保存が出来、地震災害用の非常水にも最適

元祖コーラルサンド21が市販のミネラルウォーターと違うのは

ペットボトル500mlで繰り返し百回使えて経済的です さらに飲料水としてだけでなく菌を制菌出来るので 市販のスプレー容器でスプレーすれば インフルエンザ、ノロウィルスもシャットアウト出来る水です

すべて公式サイトに実証データーがあります

詳しくはマキシム事業企画の公式サイトへ

防衛省、大分岡病院、パナソニック(株)(株)ダスキン、 (株)東芝、大同ホクサン(株)朝日新聞グループ、 白浜温泉ホテル川久、有馬温泉月光園、その他多数で使用されています
スポンサード リンク

 - 廃墟 和歌山, 昭和レトロ 和歌山