70年代 流行 昭和レトロ 大阪

70年代の昭和の頃から新大阪駅に佇む移動食堂車はまだあった

投稿日:2018年6月5日 更新日:


1988年の雑誌に載ってた大阪市の新大阪駅前の

タクシーの待機場の脇に鎮座しているいかにも昭和時代の古いバスの写真

本によると財団法人大阪タクシー近代化センターの移動食堂車らしく

移動も出来るバスのようだが駐車できる場所が限られているので

植え込みの横で1979年から当時でも9年間営業しているようだ

タクシーの運転手のための食堂のようだが一般の利用もOKだ

裏側にもう1台同じバスが駐車していてそこは調理室で

料理はそちらで作っているようだ

昔から町の情報に通じたタクシー運転手は安くて美味い店を

たくさん知っていると言われていてそんなタクシー運転手用で

9年間も続いているということは多分美味しいのだろう

サービス定食480円と特別定食700円は日替わりで

ごはん、吸い物、小鉢、漬け物付きでボリュームたっぷりあったらしい

コーヒーもコクがあっておいしいと評判だったらしく

これも200円と安かったようだ

当時のマスターもにこやかに迎えてくれたようで、

さらにあまり聞かれないタクシー運転手同士の情報交換も

聞けるようで面白い場所だったらしい

電話は無く営業時間は9時から21時で第三水曜日が休みで

当然ながら駐車場は無し

移動食堂車だからもちろん車検も毎回受けているとのこと

まあ2018年現在で30年前の話だからもう無いだろうと

新大阪にも最近も含めて何度も行った事があるが見た記憶がないし

そしてまた新大阪駅に行った時に1階の駅前の西側

末期がん治療の専門医も絶賛し推奨するパワートロンDX! 病気の改善や自己免疫力は付けるにはまずは第一にするべきは 年々蓄積された体内の老廃物、有害物質など毒素を出しきる事から パワートロンDXの入浴によりマイナスイオン・遠赤外線ラドンと ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない老廃物、有害物質を外に出す 驚異のデトックス(毒出し)作用効果があります それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

ここは地下に行く道、1985年の学生の頃

地下1階のレストランでアルバイトをしていた時に

車で来てたがかなり広いのでここに駐車していた

今はゲートが出来て勝手に入れなくなっているが

当時はゲートも無くガードマンも居なくて勝手に入れたので

全く関係無いときも勝手に止めていた

懐かしい、あの頃でも薄暗くて古い感じだったが今はさらにだろう

ちょっと入ってみたいがもう今は勝手に入るのは駄目だろうな

そしてここから2階を見上げると何やら変わった古いバスが見えた

屋根の上にテントがある、あれはひょっとしてと階段を上がると

あ、あれか!

2階のタクシーの待機場の脇にある確かに2台ある

当時の本にも場所が場所だけにタクシーの往来が激しいので

道を横切る時は車に充分注意しましょうとある

確かにタクシーの往来だけでなく新御堂筋から

新大阪駅に来る車も通るのでサッと渡らないと危険な場所にある

1979年から40年間まだそこに居続けたのか

今はもう移動食堂車として機能して無いみたいで

共同休憩所とあるから一般の利用は出来ないなのだろうな

中はどうなってるのか見てみたいけど

しかし募集中という張り紙によると

この新大阪駅間(移動)共同休憩所・食堂車営業委託事業者の公募とあるから

スポンサード リンク

ここの経営者を募集しているということはまだ稼働するといことか

バスはレストランカーとして7席あるようだ

この今の昭和レトロブームや個性的な店が流行る時代、

再開はありえるかも、ちょっと行くのが危険だけれど

渡る時に信号でも付ければいいかも

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しない浄水器なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-70年代 流行, 昭和レトロ 大阪
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和の超巨大リゾートだった箕面温泉スパーガーデンもさらに事業縮小 最後の昭和探索 

高度経済成長時代の昭和40年代に流行ったヘルセンター 当時はひとつの場所に 温泉ありボーリング場、遊園地、プール、スケート、テニス場、 大衆演劇ありとさまざまな娯楽を複合させた施設で 庶民が休日に押し …

千里セルシー が閉店?老朽化で存亡の危機に!セルシーの現在

先日ニュース番組で 昭和の高度成長経済期と共にできた千里ニュータウンに 1972年に開業した当時としては一大レジャー施設 大阪府豊中市の千里中央駅にあるセルシーが 45年経った今、存亡の危機にあるとい …

歴史ある球場だった藤井寺球場 近鉄バッファローズファンが集う店だったバグース 清水屋 日生球場

大阪府藤井寺市は古市古墳群の広がる町だが 昭和40~50年代生まれにとって藤井寺と言えば やはりかつてあった近鉄バファローズを思い出すだろう  そう藤井寺の名を全国に広めたプロ野球球団の近鉄バッファロ …

取り残された昭和な商店街 大阪府寝屋川市 京阪トップ商店街

大阪府寝屋川市の萱島駅の萱島中央商店街を通り過ぎ 東へ向かうとトップワールド萱島店という大きなスーパーの隣に 商店街があるのが見えた、萱島駅からは少し離れた場所になる 大きな看板はあるが消したのか経年 …

昭和レトロなレジャービルグランシャトー京橋の浴場へ 復活の八兆らうめん

先日行った大阪市中央区の千日前の味園ビル ピンクレディーも無名時代に出演した昭和レトロなレジャービル、味園ビルの歴史と昭和探索 大阪千日前 と並んで大阪で有名なレジャービルといえば 大阪に長く住む人な …