昭和レトロなビル 熱海駅前 熱海第一ビル 静岡県

      2018/11/12


静岡県の東洋のナポリと言われる熱海

九州の別府、南紀の白浜と共に日本三大温泉のひとつとして有名である

伊豆周遊の玄関口である熱海駅はかなり賑やかで歴史もある

その熱海駅の前に佇む大きな古いビルがある

熱海第一ビル

〒413-0011 静岡県熱海市田原本町9−1 
電話: 0557-81-9151

昭和レトロな雰囲気を感じ中に入ってみた

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

中は無機質な内装で

いかにも昭和3~40年代の高度経済成長時代に作られた雰囲気がある

昭和4~50年代の子供の頃に行ったデパートもこんな作りだった

以前行った京都の京都タワーも似ている

昭和レトロな京都タワーの地下3階にあるタワー大浴場で入浴

飾り気の無い内装に古い案内看板、まさに昭和にタイムスリップしたよう

9階建ての地下2階で上は事務所かな

スポンサード リンク

熱海第一ビルのホームページによると

当ビルは熱海の観光にお役立ていただける旅館・ホテル案内からバスの案内所、

並びに熱海を中心とした不動産・お土産・洋品店・

医療機関等さまざまなテナントが入った複合ビルです。
コインロッカー・荷物預かり所もございます。
観光の合間にちょっと一息していただけるお食事処・喫茶も充実しております。
熱海駅前徒歩10秒ほどの立地ですので、

熱海にお越しの際はぜひお気軽にお立ち寄りください。

食事処もたくさんある

かなり長いフロア、洒落たレストランなどはないが昔懐かしい定食屋などが一杯

階段に貼ってある案内プレートも時代錯誤的だがそれが昭和レトロさを引き立てる

値段も安いので昼食をどこでたべようかとかなり迷った

ここにも階段に案内プレートが

天井の丸い縁取りの蛍光灯も当時はモダンだったのか

観光地らしく駅前ビルなのに旅館の案内所が

スポンサード リンク

薄暗い地下通路もなぜか懐かしい(^o^)

2015年6月訪問

温泉地らしく駅前に無料の足湯がある、熱海第一ビルの真ん前だ

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ ビル, 昭和レトロ 静岡