70年代開業のイズミヤ住道店が閉店 

      2018/06/07


大阪府大東市の昭和レトロ探索

昭和レトロな鴻池商店街を見て

昭和レトロ過ぎる廃墟的な?鴻池商店街 大阪府大東市

次の駅の住道へ向かってみた

あれ住道のイズミヤが閉店している

自分の子供の頃1970年代頃からあった

小学校高学年になった頃から

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

自転車での行動範囲が広まったので寝屋川沿いを走ってよく来ていた

去年の2016年12月末で閉店したようで47年間の営業だったようだ

1980年代後半には1階にマツダのショールームがあった

立体駐車場も昔は無く平面の広い駐車場で止めやすかった

イズミヤ住道店自体はやや通りの奥にあり道も狭かったが

店舗自体も横に長い感じだった

中央にスロープがある変わった感じだった

スポンサード リンク

イズミヤは自分の子供の頃は1970年代前半?はこの太陽のマークでは無く

丸枠に赤い泉のネオンのマークだった、子供頃あちこちでよく見た

その後太陽のマークのデパートがたくさん出て来て新しい店がたくさん出来たと思ってたら

イズミヤのマークが変わっただけなのを知った

思い出のイズミヤ住道店も解体か・・

前にある古い店舗達も活気が無いな

1980年代前半まではイズミヤの隣にボーリング場があり

何回か行った事がある

現在はマンションになっている

この辺りは古い店が残っている

住道駅前の新しい方のイズミヤへも行ってみる

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 70年代 流行, 昭和レトロ 大阪