昭和レトロなうだつの町でボンネットバスに乗車 岐阜県美濃市

      2018/06/09


クラシックカーミーティングin美濃というイベントで

岐阜美濃市うだつの町へ

イベントは岐阜県美濃市美濃市観光ふれあい広場で行われる

昭和年代の懐かしい車がたくさん集まって展示されていた

午前中にはまだ昭和の残る町並みで参加旧車全車でパレードがあった

昭和にタイムスリップするようなイベントなので

300円の協力金でボンネットバスに乗れるようなので

申し込んでみた

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

自分の子供の頃の70年代はもうボンネットバスは大阪では走っていなかった

町の観光の一環かな

箱型が出てきた辺は古臭いと引退を余儀されたようだが

今見ると新鮮だ

シンプルだし乗った事も無いが懐かしい気持ちにさせてくれる室内

丸いアナログ時計も今見るとなんかおしゃれだ

まだ貧しかった日本の町をたくさんの人々を乗せて走っていたんだな

天窓があるということはひょっとしてクーラもないのかな

スポンサード リンク

町を1周してくれた

乗り心地はあまり良くなかったしうるさかったけど

まあ貴重な体験だった

そしてうだつの町を歩いてみた

うだつといえばうだつが上がらないという言葉を聞くが

引用で見ると

国の伝統的建造物群保存地区に選定されたうだつの町並み。
「うだつ」とは、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」の言葉もできました。
美濃和紙1300年の歴史を誇る美濃市は江戸時代の商人の町で、この「うだつ」が多く残っています。町並みには、江戸~明治時代にかけて造られた商家が軒を連ね、古いたたずまいを見せています。なかでも、国の重文指定になっている造り酒屋の小坂家住宅や市指定文化財の旧今井家住宅は庭や蔵などに往時の繁栄を今もとどめています。

出典引用:https://www.kankou-gifu.jp/spot/1189/

商人の町という雰囲気かな

しゃれた店もあった

大阪の谷町にも古い民家を逆に利用して個性的な店にしてある

この辺は本当に歴史がありそうだ

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 岐阜, 昭和時代