淡路島の岩屋ポートターミナルは昭和が残るビル

      2018/06/10


淡路島に行ったので

昭和レトロが残っているという岩屋港の岩屋ポートターミナルへ

明石と淡路島を結ぶ船で岩屋港にある船着場で

現在は淡路ジェノバラインとなっているが

かつては明石淡路フェリーもあり、通称たこフェリーは

まだ明石海峡大橋が無い頃は

淡路に行く一番安いフェリーだったのでたまに利用した

そのフェリーが開業が1950年代だからその頃からあるのかな?

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

現在は車は乗れないので乗り場は小さい

奥の活魚料理屋などもかつては繁盛したのだろうか

かなり老朽化しているが

中はいかにも古いビルという感じ

ポートターミナルにはんこ屋さん?何か需要があるのかな

昔からあるようだが

一応土産物屋はある

案内看板もレトロしている

本やレコードも売っている店があるのか

上がってみる

スポンサード リンク

昔よく見た観光地案内板

寂しい感じの2階

薄暗い無機質な昔のビル

このレトロな喫茶はやってるようだ

静かな2階

本屋とレコードは無かった、空き店舗になっているここだったのかな?

スナックもある、かつては船に乗る前に夜の酒を楽しむ客も多かったのか

開いてる店が1軒あった

スポンサード リンク

食堂

メニューは豊富そう、奥にあったけどなんか隠れ家的だな

こっちは廃業かな

寂しいビルだけど懐かしい気分には慣れた(´∀`)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ ビル, 昭和レトロ探索 兵庫