70年代 流行 昭和レトロな商品 グッズ 昭和時代

昭和の特撮ヒーロー、ウルトラセブン展へ  昭和レトロなアイテムも展示

投稿日:2017年8月13日 更新日:


ウルトラセブン展 大阪高島屋 放送開始50年記念 モロボシ・ダンの名をかりて~

2017年8月2日~13日まで 難波の高島屋大阪で開催された

主催は産経新聞社

大阪高島屋

〒542-8510 大阪府大阪市中央区難波5丁目1番5号
電話: 06-6631-1101

7階のグランドホール

入場時間 午前10時~午後7時30分だが

自分が行った最終日は午後4時半までだった

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

入場料は一般800円、大学・高校生600円(税込み)

中学生以下は無料

なお中は撮影禁止だった

昭和の特撮ヒーローウルトラセブンだけに

来場者は家族連れの子供もいるが中高年層が多い、

まあ自分も中年なんだが1967年撮影開始なので

自分は再放送で見たが当時生で見た世代は現在50代後半~60歳くらいか

2人の60代くらいの人らが熱く語っていたりした

入ってすぐにモロボシ・ダンの等身大やウルトラセブン

ポインターのセット、カプセル怪獣

展示場の前半は怪獣や星人の人間体の大きさの展示と物語のエピソード

ウルトラセブンの当時のヒロインのアンヌ隊員が解説した掲示板が

ウルトラセブンはウルトラマンと違って

怪獣より〇〇星人とかが地球の侵略とかに来て

SFっぽく不思議なストーリーでやや大人向けの話のように感じる

自分も1990年代にあったドラマ「世にも奇妙な物語」

のような不思議っぽいミステリーストーリーのような感じで

大人になった頃に見直しても充分楽しめた

まあストーリーは面白いし、星人がよく練った作戦の割には

最後は意外にあっさりウルトラセブンにやられてしまうが

当時のベトナム戦争の影響も・・という説もあるようだが

ウルトラ警備隊の飛行機や地球防衛軍のジオラマもあった

中盤以降は1話の星人のモデルと名シーンの映像が流されていく

ガッツ星人、ニセウルトラセブン、エレキング、ピット星人、キュラソ星人

クール星人、チブル星人、キングジョー

キングジョーは分かれた飛行体のもあった

ロボット長官はスーツに目が飛び出したモデル、

実物大だけに1番インパクトがあった

盗まれたウルトラアイの回のマゼラン星人の少女マヤ(香野 百合子さん)の

来ていた衣装とブーツ(当時者では無いかも?)が飾られ

バーで演奏されていた時代の?エレキギターやギターアンプ、

最後にマヤが自爆したジュークボックスの模型も飾られたり

ペガッサ星人が現れたアンヌ隊員の部屋の再現?の古い鏡台と人形などの

放映時が昭和40年代ともあって昭和レトロなアイテムも展示されていた

そして昭和レトロなアイテムの代表作の第8話「狙われた街」

メトロン星人との夕焼けの中での戦いが

ジオラマで再現されている

ここのみ撮影OK

スポンサード リンク

メトロン星人の胸は撮影時のように光る

車もシルバーはハコスカかな?

古アパートにちゃぶ台、多い煙突が時代を感じさせる

劇中の中では北川町という架空の場所だがモデルは神奈川県川崎市らしい?

銭湯も多かっただろう

戦いは美しい夕焼けの中行われた、勝負はあっさり終わったけど(^_^;)

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

展覧会が終了した後はどうするのかな?

最終回の「史上最大の侵略」をジオラマと映像で再現されている

シーンで各模型がライトアップされる

その前にはたくさんの人で一杯、

自分もいつでも見れるのについ夢中で見てしまった(^_^;)

最終回はあまり覚えてなかったが

最後のモロボシ・ダンが思い出の中に走るシーンだけ覚えている

ウルトラマンレオのモデルも最後の方に

これも出口に

森次晃嗣さん、ひし美ゆり子さんのトークショーもあったようだ

喫茶や食料品売場でも展覧会の開催を記念して

ジャミラクレープやアイスラッガーパフェなど

コラボレーションメニュー&アイテムが期間限定で

食べたかったけど高いな(;´∀`)

外の記念撮影用のセット

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

スポンサード リンク

-70年代 流行, 昭和レトロな商品 グッズ, 昭和時代

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和レトロな五月橋サービスエリア閉鎖直前の人気のドライバー定食

今日は愛知に行くついでに寄りたいとこがあったので 名阪国道経由で奈良県の五月橋サービスエリアへ 今日はここに寄りたかった、 というのはこの3月20日で閉鎖されてしまうというのをネット情報で見て 昭和レ …

音楽の甲子園、ヤマハリゾートつま恋のポプコン会場跡地へ

静岡県のヤマハリゾートつま恋で スーパーカーブーム時代のスーパーカーが集まるオフ会があり見学へ行くのだが ↓ http://minkara.carview.co.jp/society/classics …

廃線の恋路駅、見附島 1970年代の週刊少年キングの漫画、サイクル野郎のロケ地を訪ねて   

石川県の能登半島に行った時に 漫画サイクル野郎に出てきた場所を訪問する サイクル野郎とは1970年代に週刊少年キングに連載されてた 荘司としおさんの作、サイクル野郎のホームページ http://www …

大ラジカセ展 懐かしい昭和レトロラジカセの使い方 深夜ラジオ

梅田ロフトで行われてる大ラジカセ展へ 期間は4月22日から5月17日まで 10:30〜21:00(最終日は18:00閉場) 入場受付は閉場の30分前 梅田ロフトの5階である 入場料は大人300円だがア …

国道2号線の70年代の昭和なドライブイン巡り 旧道化して苦戦するもリョービガーデンが再起する

今年も岡山で行われる玉野市の たまの港フェスティバル2013へ 行く途中で 子供の頃に 岡山の帰省時に見た昔ながらのドライブインが残ってれば 寄ってみようと 国道2号線沿いを走って向かう ドライブイン …