廃墟になっていた巨大岩の横に佇む岩屋温泉会館 淡路島

      2018/06/11


兵庫県淡路島の淡路ハイウェイオアシスに行ったので

ここで降りてもそのままUターンして帰っても橋の料金は同じなので

この近くの温泉へ寄ろうとインターを降りて

近くにある松帆の湯は2回行ったので

今日は別のとこへ向かってみようと

レトロっぽい岩屋商店街も行きたいけどかなり雨が降ってきた

岩屋の近くの淡海荘が日帰りが出来るみたいだが

ネットで調べると

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

明石海峡大橋が窓から見えて景色はいいみたいだが

松帆の湯に比べて狭いし100円高い800円、せめて同じ値段ならな

そう言えば岩屋に安くて景色の良さそうな

岩屋温泉会館というちょっと変わった建て方の

レトロっぽい施設があったなと行ってみる

カーナビで住所を入れたがわかりにくにい

海水浴場の付近にあるらしいが

やっと細い入口を見つけて入ってみるがやってる気配が無く

車も止められなかった

少し離れた漁港の駐車場に車を止めて見てみると

雨も止んできた

何やら巨大な岩が横にあるので歩いて見に行ってみる

かなり古そうな施設だ

残念ながら2009年に廃業したみたい

たこフェリーの廃業が影響したのか?

この建物の文字が昭和っぽい

隣の巨大な岩山

スポンサード リンク

変わった所に建っている

何かの文化財かな

一応コンクリートの道はあるけど所々割れて崩壊もある

1995年の阪神大震災でなったのかな

ここが入口だったのか

風呂はあの出窓かな?

情報によると浴室と洗い場が別室になっているらしい

旅館のように見えるがかつては泊まれたのか?

手持ちの資料で調べると

スポンサード リンク

宿泊施設は無く正確には淡路町立保養センター岩屋温泉会館で

町立なので560円と入浴料が安かったようだ

浴室を密閉したのが特徴でラドン気体が常に有効濃度を保たれている

従来のラジウム温泉には見られない我が国最初の物で

かなりいい温泉だったようだ、入りたかったな

昭和62年の本には本四架橋の完成の際には

ますます栄える温泉場となろうと書いていたが・・・・

今度は岩屋商店街を探索してみたい

結局はいつもの松帆の湯へ

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 廃墟 兵庫, 昭和レトロ探索 兵庫