Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イズミヤ大東店が閉店、撤退、70年代のビルに残る専門店街の今後は?

      2018/06/12


去年住道に来た時に2016年12月末で閉店し

47年間営業にピリオドを打ったイズミヤ住道店だ

すぐ近くの少し新しいが70年代の雰囲気のビル、大東サンメイツの中に入っている

イズミヤ大東店は古いビルながらも駅前という好立地なせいか営業していた

昭和レトロな住道近辺 サンメイツ

そして久々訪れてみた

かつてのダイエー住道店、現在はダイエーグルメシティ 住道店の

大きい歩道橋で住道駅前と繋がっている

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

JR住道駅に隣接しているので好立地だ

2階から店内に入ると、あれ、右側の店舗が無くなっている

3階に行くイズミヤへのエレベーターも止まって立入禁止

地下食料品売場もシャッターが閉まっている

もちろん階段も

どうも6月にイズミヤ大東店は閉店したようだ

ただ大東サンメイツの専門店街は何店かやってるようだ

2階から1階へのエレベーターは動いてる

以前来た時に行きたかった昭和レトロな喫茶に行って食事

イズミヤ大東店が撤退、昭和レトロな喫茶店が残された古いビルで元気に営業中

スポンサード リンク

2階にだいぶ空きが出来たようだが

これからも変わらず元気にやっていきまっせ!の張り紙でアピールしてた

家主から強引な追い出しを受けている千里セルシーのアピールに似ているが

千里セルシー が閉店?老朽化で存亡の危機に!セルシーの現在

ここはそんな問題は無さそうだが、イズミヤ大東店撤退後は

何かしら入ってもらわないとメインのショッピングセンターが

ぽっかりと空き店舗のままだと人も来にくくなり段々寂れていくかも

大東市"初"の歴史的大事業である「住道駅前再開発事業」により、

大東市の表玄関にふさわしいターミナル機能の確保を図るべく、

昭和53年11月26日に大東サンメイツがオープンいたしました。
再開発以前より、住道駅周辺にあった商店街・専門店とイズミヤとの商業ビルで、

地域一番店としてのショッピングセンターと自負しております

http://sunmates.net/blog-category-24.html

と大東サンメイツ専門組合のホームページにはこう書かれているので

もう1度盛り上げる為にどこかのデパートに誘致を掛けてるかもしれない

やっぱりメインだったショッピングセンターの

イズミヤ大東店の撤退は専門店街に店舗オーナーや

お客さんに与える影響も大きかったようで

当然印象はもう大東サンメイツというビルが

解体撤去されてしまうのでは無いかという噂もあるだろうから

ご心配感謝¥100企画をやってるみたいだ

スポンサード リンク

1978年の開業とあってイズミヤの太陽のマークもかなり老朽化している

もう40年になるから仕方ないか

この住道駅で見慣れた看板もいずれ撤去されてしまうのか

なお2016年に閉店したイズミヤ住道店は新しく建て替えられて

今年の夏にでもオープンするようで現在工事中

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 大阪, 昭和レトロな商店街