Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

絶景温泉 関西 船で行く和歌山の海に浮かぶ昭和の香り漂う中の島ホテル 勝浦温泉

      2018/07/19


マグロの水揚げ高日本一と言われる海の温泉町

和歌山県那智勝浦町にある南紀勝浦の温泉

那智勝浦には日帰り温泉施設がいっぱいあるが

1300円で湯巡り手形を買えば

連盟に加入している十数か所のうち3つが入れるのでかなりお得だ

那智勝浦駅の観光案内センターで買える

もちろん元の入浴料金の高い方がお得なので

入浴料金の高いでかいホテルの温泉を回る予定
まずはホテル中の島へ向かう
当初、ホテル中の島の駐車場に止めようとするが

ここは宿泊客専用で外湯客は海辺の駐車場と言われた

突堤の奥の無料駐車場に車を止め

スポンサード リンク

前にはホテル浦島が見える、後で行く予定だ

このホテル中の島は島に建っていて

陸地を繋ぐ橋も無いため船で向かうことになる

港とホテルを結ぶ専用の連絡船があり

この連絡船だけがお客や物を運搬する唯一の足だ

当時は建設には多大な費用がかかったのだろうな

そして船に乗ってホテル中の島へ



イルカをイメージした船らしい

〒649-5334 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦1179−9
電話: 0735-52-1111

日帰り入浴は1000円

ひとつの島全体が敷地という凄いホテル

http://www.hotel-nakanoshima.jp/

豪華なロビーだが昭和の香り漂う色彩だ

まだ昼とあって宿泊客も到着前なのでかなり空いていた

内湯も大浴場でかなりの大きさで広く窓がとられ

ここからでも海が見渡せるが

目玉はやはり露天風呂

スポンサード リンク

岩で作られた露天風呂はすぐ海があり絶景で気持ちがいい

硫黄のにおいがかなりして温泉気分も満悦


立つと釣り客から丸見えだが(^_^;)
入浴後はでかいホテルなので少し童心に帰って探検してみる

多分昭和の高度成長期のレジャーブームに作らたのだろうから

昭和レトロな物が見つけられかもしれない

スポンサード リンク

まずは外の周辺から

山上遊歩道って書いてあるから山もあるのか

ちょっと渡ってみたいが狭い錆びついた歩道で向こうがわからないので


屋上に行ってみる

これ以上は行けないようだ、橋が老朽化して危険だからか

林が整備されてないのかなのかはわからないが

プールはそう大きくないが海の側にあるからリゾート気分になれそう

廊下が長くて大変、外周を1周出来るので歩いてみた

ゲームセンターも少し懐かしいのがあった

スポンサード リンク

帰りももちろん船になる

約700mで3分の航路だ

まあ面白かった

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 和歌山, 昭和レトロなホテル 旅館