Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

フリマーで懐かしの電動カー30ソアラ 昭和の電子フラッシャー自転車

      2018/10/03


昭和のクルマが展示される旧車イベント

東海オールドカークラブ スプリングミーティング2018 温故知新を

見学に岐阜県 各務原市 河川環境楽園 東口駐車場へ

いい天気ともあって大盛況だった

イベント名の最後に温故知新という言葉が使われている、

おんこちしんとはネットで調べてみると
【温故知新】
昔の事をたずね求め(=温)て、そこから新しい知識・見解を導くこと

とあり時代は繰り返すという言葉もあるので

また昔の物が流行るかもしれない

何か面白い物がないかと会場の中にあるフリーマケットなどを見て回る

昭和の旧車イベントだが昭和グッズもたくさん売っていたり展示されていたり

スポンサード リンク

まあその旧い車を持つオーナーにしか価値のわからない古い部品もある

自分の旧車を展示する傍らグッズを売る人も

70~80年代のバイクや車のプラモデル、新車の頃から売れなかった

いすゞピアッツァなんか希少価値があるのかな?

80年代ホンダシティに積めると併売された折りたたみにバイク モトコンポ

よく広告で見たが当時はあまり売れなかったらしいが

今はマニア間で高額で取引されてるらしい

そして昭和30~40年代生まれには堪らない電子フラッシャー付きサイクリング車

当時は高価だったので誰もが親から買ってもらったという人はそう多くは無いかも

スポンサード リンク

自分も買ってもらえなかった

当時初任給が10万円も無い時代に4~7万円もしたのだからしょうが無いが

でも大体小学校高学年くらいで恥ずかしくなって外してしまうのだが

だが自分は買ってもらえなかったので

そういう友人から電子フラッシャー部分のみ売ってもらって付けてた、

単一乾電池を10個くらいで動かすのでかなり重たかったのだが・・

それに電池の消費も早かった

前に探偵ナイトスクープでそういう思い出のある人が

同じ思いを持つ世代の石田靖と電子フラッシャー付きのサイクリング車が

残って無いか探したけどなかなか見つからなかったのでこれは貴重かも

まあ当時はもっと一杯付いてた奴もあったのでこれは地味な方だ

そして会場には昭和では無いけど懐かしい物が

3代目の30ソアラの電動乗用車、昔、通販番組の日本直販で見た

1995年のCMでは乾電池からバッテリーになったのが凄いと言われている

この時代では凄かったのか?

ただこのバッテリーに成ったことが後年マニアの間でコレクション時に

修理がやっかいになってるらしい

実車の3代目と言われる30型ソアラは高級車だけど

歴代のソアラに比べあまり人気が出なかったが

中古車になって1部のマニアで人気があり

このグッズも30ソアラのオーナー間で

もう20年以上前の商品になるが

子供のおもちゃでなくコレクションとして所有する人がいるようで

もうあまり残ってないということもあって人気もあるようだ

スポンサード リンク

まあ昭和世代なら足こぎ車の方が思い出があるようだけれど

安ければちょっと欲しいなと思ったが

この商品は売り物で無く東海オールドカークラブの方々所有のお宝品で

当日の一般有料者が参加するビンゴ大会の景品に当てられた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和レトロな商品 グッズ