昭和のままの食堂 マルミヤ食堂 大阪市天王寺区 昭和を再現した食堂 そのだ

      2018/09/21


自分が営業マン時代のバブル時代真っ盛りの1990年頃

天王寺区逢坂にあった得意先の会社に毎日のように通っていた

その当時でもかなり古い感じの食堂がその会社のすぐ並びにあったので

そこの従業員の3~4人の人達はそこで出前を取っていたので

自分も昼前に行った時は一緒に頼んでもらってた

年配のおじさんが届けてきていた

確か自分は幕の内みたいなものを頼んで重箱のような入れ物に入っていた

結構リーズナブルの物で美味しかったと記憶している

ただ段々ここの従業員の方がここの食堂の衛生面の不安からか

出前を頼まなくなって来た

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

一人また一人と止めて結局全員が取らなくなってしまった

自分は当時から昭和レトロな雰囲気が好きだったので

仕方がないので1人食べに行っていた

中も本当に昔ながらの食堂って感じだった

1990年はバブル時代真っ盛りの頃だったので

当時は土地の高騰から都市部では地上げ屋がはびこった頃で

こういった昭和の食堂は一気に消えて取り壊されていったが

そして久々通りかかったので見に行ってみた

スポンサード リンク

マルミヤ食堂

住所 大阪市天王寺区逢阪1丁目1−13 

tel 06-6771-4444

一心寺のすぐ近くだ

得意先のビルは1990年代半ばに解体され

もう別の建物に変わっているがここはまだ残っていた

1990年からでもかなり時代遅れの昭和40年代の外観だったが

あれから26年経っているが外観上はあの頃のまま

値段も多分変わってない、むしろあのバブルの時代の方が高級な時代だった?

このプライス紙も張り替えてはいるだろうけどあの時と同じだ

中の従業員は代代わりしているだろうから久々入ってみたかった

今日は残念ながら時間がなく入れなかったがまた来てみよう

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 大阪