昭和レトロ 和歌山

真冬に川湯温泉の仙人風呂に挑戦するが 民宿大村屋 和歌山

投稿日:2014年2月14日 更新日:


川湯温泉にある民宿大村屋という旅館へ

温泉民宿大村屋  

和歌山県田辺市本宮町川湯647-1717 

電話:0735-42-1066

別館は元はユースホステルだったようだ

駐車場は旅館の前にある

泊まるのは本館だが2号館、3号館まである

温泉は小さいけど良く温もった

翌日の朝は

せっかくなので旅館の前にある昔からある

有名な仙人風呂に行くことに2月までなので

熊野川の支流の大塔川の河原を掘るだけで

自分だけの温泉が楽しめるということで有名で1度入ってみたかった

幅15m、長さ50mの巨大さから千人は入れるというので

そう呼ばれるらしい

しかも入れる期間は11月から2月の間だけ

ただ川底から湧き出る温泉は70°Cと高温だが

昨日からの雪で川の増水のためかなり温度が低くなってるらしい

ので止めた方がと言われたが

せっかくここまで来たら行ってみよう(^^)

旅館でビニール製のかばんとバスタオルと海パンを貸してくれるので

寒いけどスリッパで、橋の向こうだ

昔の雑誌では賑やかそうにたくさん入っている

自然の中なのでまさしくこれが露天風呂という

ワイルドな温泉ともある(^_^;)

末期がんの専門医も治療の一翼を担う働きがあると推奨する パワートロンDXでの入浴によるデトックス(解毒)作用は マイナスイオン・遠赤外線ラドンの作用と ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない年々体内に蓄積された 老廃物、有害物質を外から出す作用です それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、生活習慣病でお悩みの方へ、症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳しくは商品紹介ページへ

 
スポンサード リンク

この橋ではない

この橋をわたるようだ

ちょっと細いし真ん中をずらしている

朝日に照らされながら

仙人風呂と書かれている

家族連れが4人程入ってたが

聞いていた通り今日はぬるい

一浸かりで飛び出る、駄目だ寒くて無理だ(^_^;)

濡れているのでズボンが履けずそのまま海パンのまま歩いて帰る、

寒い、寒い

すぐに温泉で体温を上げる(^_^;)

スポンサード リンク

IMG_8022

やっぱ今日は無理だったか、まあ話のネタになったが

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
スポンサード リンク

-昭和レトロ 和歌山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和レトロが残る白浜駅前ビル 和歌山県

日本有数の温泉観光地の和歌山県の白浜温泉 去年通りすがりで見た白浜駅前が昭和レトロっぽくてじっくり見に来た 現在の白浜駅 (1970年代の白浜駅) 白浜駅自体は何度か改装されているのか綺麗で今はそう違 …

関西の最大の廃墟だった和歌山県の宇宙回転温泉をパンフレットで昭和の営業当時を見る 北村荘グランドホテル

和歌山県和歌山市和歌の浦の以前、関西の最大規模の廃墟だった 通称、宇宙回転温泉と呼ばれた北村荘グランドホテル (廃墟になった宇宙回転温泉・北村荘グランドホテル) 増改築を繰り返した結果、横から見るとか …

減っていく日帰り温泉施設、和歌山県の2大温泉地、那智勝浦温泉、川湯温泉 

和歌山県の那智勝浦は白浜温泉と同じく和歌山県の2大温泉地なので 当然昔からたくさんのホテルや旅館が立ち並んでいた 2011年に那智勝浦に行った時には那智勝浦湯巡り手形があって 半年期限で料金1300円 …

昭和の高度経済成長時代に出来たロープウェイの中の空中温泉 有田観光ホテル

和歌山県有田市宮崎町の矢櫃海岸にそびえ建つようにある 有田観光ホテルは 昭和40年代の高度経済成長時代の開業の最大の売り物は ロープウェイの中に浴槽があり 海を見ながら空中に浮かびながら温泉に入れる …

昭和30年代の繁栄機の和歌の浦の写真と寂れた現在の写真を比べてみた

2002年に両親を和歌山県の和歌の浦に連れて行った時に 和歌の浦の関西最大の廃墟の北村荘グランドホテルを見せたら 和歌の浦は昭和30年代に知り合いからホテルの宿泊券をもらい 子供が生まれる前に夫婦で観 …




[instagram-feed]