Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

役目を終えたフェリーターミナル弁天埠頭ビル解体も廃ビルを活用する会社も

      2018/07/17


大阪市西区にあった弁天埠頭のフェリーターミナルビルが

解体されたという情報を聞いて

それを見に自転車で

弁天埠頭にあったフェリーターミナルは関西汽船、加藤汽船は

1983年と1984年に小豆島に行くの来たので思い出がある場所だ

1965年から1995年までこのフェリーターミナルは

四国、九州行きのフェリーが多数運行していた

昭和時代にフェリー乗り場だった弁天埠頭 関西汽船 加藤汽船の跡地へ

1983年は関西汽船、1984年は夜だったので加藤汽船

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

かつては数え切れないほどのフェリーが日本全国を運行していたが

高速道路の発達等によって休止、廃止

もちろん残された人の来なくなったターミナルは無用の長物なので

取り壊される運命でしか無いけど何故か寂しい

当時からやや古ぼけたビルだったけど昭和っぽい無機質なビルは

逆に実用オンリーでお洒落かな

半分のビルは2015年、円広志が関西テレビのよ~いどんで取材で

廃墟と化したターミナル跡地を10年前からデザイン会社が借りたり

飲食などの店舗も入ってるらしい

このデザイン会社はアンティークな物も作っていてこのビル自体が

アイディアの参考になる事もあるらしい

まあ雨漏りを受けるバケツなどもあるのはご愛嬌(^o^)

スポンサード リンク

会社が入っている半分は残っているみたいだが

乗り場のターミナルは解体されていた

青い看板のとこに商店街入り口と書いてあるので

かつてはフェリーを待つあいだに買い物が出来るとこがあったのか

デザイン会社はうまく活用しているので残り半分はまだ存続するかも

フェリーターミナルのすぐ横の旅館、

上の看板はかなり古く錆びているけど営業してるのかな

フェリーが運行していた頃は重要が結構あったと思うが

今はほとんど車や人の行き来も無い場所だけど

まあ海遊館にも近いから安ければ団体客に需要があるかもしれないけど

言われなければ廃墟に見える

帰りに三角地に立つ喫茶店

でかい建物に書かれた

日本一うまい焼きそばのある 喫茶店コンパスという看板

大阪市西区江之子島2-1-28

ちょっと気になるな

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ ビル, 昭和レトロ 大阪