Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

1970年代の漫画、サイクル野郎のロケ地を訪ねて 能登半島 廃線の恋路駅 見附島  

      2018/07/26


石川県の能登半島に行った時に

漫画サイクル野郎に出てきた場所を訪問する
サイクル野郎とは1970年代に週刊少年キングに連載されてた

荘司としおさんの作

http://www.comicpark.net/special/cycle/

高校受験に落ちた自転車屋の少年が

武者修行の為に自転車で日本1周旅行をする漫画で
昭和54年頃の中学生の頃に読んでいていつか自分も

自転車で日本一周の旅をやってみたいと思って読んでた

参照サイクル野郎 コミック20巻、21巻

今でもこのサイクル野郎のコミックは入手困難で

結構なお値段が付くらしいが

スポンサード リンク

元々70年代当時、週刊少年サンデー、週刊少年マガジン、

週刊少年チャンピオン、週刊少年ジャンプらは人気があり

それらはしのぎを削っていたが

週刊少年キングは1番人気が無く(今は廃刊となっている)

そんな人気の無い週刊少年キングの連載漫画コミックスだから

自分が読み始めた21巻以降の新刊でも

ちょっと日が過ぎると本屋から在庫が消えて買えなくなり

別に売れていたので無くなるのでは無く

仕入れ自体が少なく返品が早かったせいと思う

ましてやそれ以前のちょっと前の巻も

なかなか手に入らず何件か本屋を回ってこのサイクル野郎

1巻~20巻をかなり苦労して手に入れた

当時中学生で自転車が日常の足になっていた頃だし

旅好きな自分はとても面白い漫画と思っていたが

当時はなかなかコミックスが出回らなかったようだ

まあ多分人気が無い少年キングだから世間の認知度が無かったのだろう?

それでもワイルド7や銀河鉄道999など知名度の高い作品もあるが

作者の荘司としおさんは実際には自転車で無く

バイクや車などで取材に行って書いたらしい

元々本屋で下宿していた少年が実際に日本一周の旅に出たのを

モデルになっている

能登半島編は1976年頃でもう30年以上の月日が経つけど

こういう昔からの観光遺産はほとんど変化はないだろう

 まずは漫画に出てきた石川県珠洲市の見付島へ

 通称「軍艦島」というらしい、

高さ28m、周囲400m、

浜から200m程沖合いにある離れ小島になっていて

石が小島まで引き詰められているが歩いては行けるのかな

島には見附神社があるらしい

ここで主人公の丸井輪太郎はインディアンの子孫という

シャイアン族のサイクリストと髪の毛を賭けて

この岩の上を自転車で島に渡る決闘をする

シャイアン族は前輪をうまく上げて渡って行くが

初めて実際に見たがとても自転車では渡れないな

次は悲恋物語の舞台の恋路海岸

スポンサード リンク

漫画の中では悲しい伝説で恋路海岸と呼ぶようになったらしい

案内看板があってそのような悲しい恋の物語を秘めた浜とある

スポンサード リンク

あまり何も無い海岸だが一応旅館などがある

のと鉄道線の恋路駅があるが2005年に能登線の廃止と共に廃駅となった

恋が付く駅名なので今でもカップルに人気があり訪れる人が多いらしい

海岸にはハート型の幸せの鐘が作られている

琴ヶ浜、キューキューと鳴く鳴き砂の浜

実際に歩いてみたけキューキューとは鳴らなかった

義経の舟隠し、国定公園

夕日の中を主人公が走る千里浜なぎさドライブウェイ

8キロの砂浜の天然のドライブウェイ

ちょっと他では見られないので感動した

前日に廃線となって廃駅となった輪島駅前のビジネスホテルに宿泊したが

ホテルの支配人が名物の御陣乗太鼓凄いので是非見て下さいと言われたので

元輪島駅の駅前特設広場で夜にやっていたのを見に行った

その御陣乗太鼓も作品の中で紹介されてた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 70年代 流行, 昭和レトロ 石川