岐阜県の関ヶ原メナードランドは今だ廃墟のまま

      2018/06/05


2009年12月に岐阜県の関ヶ原鍾乳洞に行く途中で見つけた廃墟

解体途中で何の廃墟だったかわからなかった

寂しい車も殆ど通らない道沿いにある

動物園かな

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

帰って調べてみると関が原メナードランドという遊園地だったようだ

1972年(昭和47年)11月27日開業し

よく名前を聞く化粧品製造販売業のメナードが親会社だったようだ

伊吹山を背景にした

約180,000平方メートルの雄大な丘陵地帯に広がるワンダーランドで

ちびっこ向けのかわいい乗り物が一杯あったようだ

丘の上に立つ大観覧車スカイウォーク

ぐるぐる廻る飛行塔や自由の女神?

アラビアンメリー、

空飛ぶ絨毯に乗ったアラジンの周りを上下しながら回る

子供アートハウス

女優であり陶人形作家でもある結城美栄子さんの作品を展示

ちびっこ達に人気だった

ゴーカートの周りをゆっくり走る豆汽車

メナードランドの特大ヘッドマークを付けた弁慶号

また冬季にはウィンタースポーツの華、園自慢の

メナード国際スケートセンターがオープンし

スポンサード リンク

6000人収容可能の巨大リンクで氷質が良く

国際公認コースだから豪快なスケーターから

よちよち歩きの初心者まですべての人々が楽しめたようだ

またイベントも目白押しで

四季それぞれの祭りにはテレビ番組やアイドルたちがやってきたという

入園料は大人(中学生以上)1000円 小学生800円 2歳以上の子供600円

2000台の駐車場は1日400円

ほとんどの乗り物は200円~300円

しかし時代の波に勝てず入園者の減少と共に2001年に閉園

自分が訪れた2009年に解体工事は始まったようだった

そして2017年通りかかったので見てみたらあの時の廃墟のままだった

あの時より植物は成長している

スポンサード リンク

多分遊具は撤去されてるんだろうな

前に広大な土地があるが2000台の駐車場の1部だったのかな

近くには関が原ウォーランド、関ヶ原戦いの場所、

関ヶ原鍾乳洞や胡麻の郷という胡麻のミュージアムや

自然博物館のエコミュージアム関ヶ原もあるが

土曜日というのに前の道はほとんど車が通らない程静かだ

かつてはこの敷地内は子供たちの声で賑わったのだろうか

来月の8月26日に全国ロードショーとなる

岡田准一主演の「関ヶ原」という映画も公開されるから

ひょっとしたらこの辺りもまた賑わうかも

映画化される関が原の戦いの場所へ 関ヶ原鍾乳洞 食事は玉倉部そば

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 廃墟 岐阜, 昭和レトロ 岐阜