昭和レトロ 京都 消えた昭和の遊園地

消えた昭和の遊園地、昭和39年オープンの伏見桃山城キャッスルランドの全盛期 伏見桃山城キャッスルランドの跡地

投稿日:2018年6月22日 更新日:


かつて京都府京都市伏見区の桃山丘陵にあった

近鉄グループ運営の遊園地伏見桃山城キャッスルランドは、

敷地面積は約10万平方メートルで

昭和39年(1964年)にオープン、

伏見城をイメージした模擬天守も遊園地敷地内にあり

昭和時代の近畿圏の遊園地の一つとして認知されていたが

レジャーの多様化や少子化などで入場者数が減少し、

2003年1月31日に閉園した

伏見桃山城は文禄3年(1954年)豊臣秀吉が

晩年の居城として築いたお城で

関ヶ原合戦で消失し、徳川家康により再建され

近畿における徳川家の本拠になったが

その後の一国一城の法度によって取り壊されたが

遊園地内に建つ伏見桃山城は昭和39年に再建された

古都京都の観光スポットの中でも

天守閣を望みながらのプレイスポットとは珍しい遊園地だった

京都府京都市伏見桃山町大蔵45

天守閣や複製だが屏風にきらびやかな黄金の茶室、伏見の清酒

ポケットミュージアムなどの模擬建築とはいえお城内見学も出来た

夜はサーチライトに照らされ美しかったらしい

桜の名所であり五山の送り火見物の穴場スポットだったようだ

もちろん遊園地にもたくさんの乗り物で一杯だった

入園料は大人1000円、3歳以上の子供が500円

営業時間は9時30分から17時までと昭和の遊園地らしく

暗くなったら終わりというものだ

駐車場も大きく1250台収容で1日800円

キャッスルランド入り口

きらびやかな黄金の茶室

伏見桃山城は豊臣秀吉が晩年の居城として桃山文化の粋を集めて築城され

キャッスルランドにある伏見桃山城は昭和39年に再建され豊臣秀吉が当時

茶会の為に当時の集大成をして作らせた黄金の茶室が再現され

中にある茶道具まですべて黄金でピカピカに輝いている

総金箔張りの豪華さで行楽シーズンにはお点前が2000円で頂けた

見学は無料

絶叫系のスーパーループス

伏見桃山城の天守閣のすぐ下にサファリを出現させ、

キリンやシマウマの間に設置された

標的を車で走りながらライフルで狙うザ・サファリ

スポンサード リンク

遊園地の定番メリーゴーランド

アウト、イン、合わせて18ホールのパターゴルフもある

水面目指して急降下するドラゴンシューター

唯一の絶叫マシンのレンジャー

バイキング

大天守閣の意味の「グレートダンジョン」という名のジェットコースター

途中でガイコツの口の中に入る

遠心力が凄かったらしいジェットスレー

末期がんの専門医も推奨!まずは毒素を出さねば病状は改善しない パワートロンDXでの入浴による驚異のデトックス(解毒)作用は マイナスイオン・遠赤外線ラドンの作用と ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない年々体内に蓄積された 老廃物、有害物質を外から出す作用です それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

踊りだしたらとまらない、まるで本物のタコのようにクニャクニャと

不気味な動きをするオクトパス

ゴーカート、林の中のワインディングロードにアフリカの野生動物が

あちこちに潜んでいる

これも遊園地の定番ティーカップ

伏見桃山城を眺めながらの夏季のプール

営業期間6月上旬~9月上旬

レストランテイジー、他にも桃山茶屋、お休処指月、

太閤茶屋などの茶屋やカフェが点在し

天守閣を眺めながらティータイムが出来た

どちらかと言うとあまり絶叫マシンは無く

昔ながらの小学校低学年向けの遊園地だ

平成以降はよりスリルをと絶叫マシン系が流行った時期なので

こういうのは時代遅れになっていったので

入場者の減少による閉園は致し方ない

しかし最近はまたこういう絶叫マシン系の無い遊園地が流行りだしたのだから

世の中わからないものだ

とにかくもはやこの伏見桃山城キャッスルランドは存在しないが

跡地は京都市により伏見桃山城運動公園として整備されたほか、

解体予定だった模擬天守は地元の要望もあり

残されることになったようなので1度行ってみた

自分は1度もプライベートでは行った事が無いが

小学校低学年時の遠足でこの伏見桃山城キャッスルランドに

行った事があるようでクラス全員記念写真で写っているバックに

伏見桃山城があり横に伏見桃山城キャッスルランドと書かれていた

場所がわかりにくくて行くのに少し迷ってしまったが到着

有料の駐車場に車を止めて

残念ながら雨の訪問となったが

スポンサード リンク

確かに天守閣は残されているが遊具は全て撤去されているので

もう遊園地で遊ぶ子供たちの歓声は聞くことは出来ないが

運動に汗を流す声は今後は聞くことは出来るだろう

5層の大天守閣と3層の小天守閣を併せ持つ連結式城郭の伏見桃山城

桃山時代の華麗さをしのばせる作りで

地下1階、地上6階で入城は700円別途に必要だった

かつては6階の大展望閣から京都の街並みが一望でき

殿様気分だったらしい、なおエレベーターは無いらしい

現在は中に入れないようだ

現在は伏見桃山城運動公園として残されている、敷地は広い

訪問は2008年9月

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
スポンサード リンク

-昭和レトロ 京都, 消えた昭和の遊園地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

懐かしの昭和レトロなうどん自販機がある舞鶴のドライブインダルマへ

福知山に行ったついでに行ってみた京都府舞鶴の ドライブインダルマ このドライブインという言葉自体も懐かしい響だ かつて昭和40年代頃のモータリゼーションには 観光旅行の途中や長距離トラックドライバーな …

昭和に繁栄した遊園地、東条湖ランドの名前も消えて湖畔の廃墟群が静かに佇む

兵庫県加東市の東条湖といえば 東条湖ランドは昭和の時代によく聞いたが 平成以降は遊園地施設の客足の減少などで閉鎖が相次ぎ 東条湖ランドもおもちゃ王国に変わっている かつては東条湖ランドもたくさんのレジ …

昭和34年開業の歴史ある昭和レトロな北白川ラジウム温泉 京都

前に京都市左京区北白川の北白川ラジウム温泉に向かったが それらしき建物が2軒並んでいてどちらかわからず 案内されるまま行くと隣の不動温泉だった 昭和な歴史ある北白川ラジウム温泉に行くはずが昭和な雰囲気 …

昭和時代に大レジャー施設だったびわ湖パラダイス 滋賀県大津市

昭和の終わり頃からバブル時代の頃に流行り 滋賀県大津市にあったドライブインシアター、トワイライトクルーザー ドライブインシアター関西 昭和時代からあったびわ湖パラダイスに併設されていたドライブインシア …

消えた昭和の遊園地 創業大正15年の近鉄あやめ池遊園の跡地へ 思い出のスーパーカーショー

奈良県奈良市にあった創業大正15年の長い歴史を持っていた かつては西大寺境内の池苑だったと言われる近鉄あやめ池遊園地 広さ約33万平方メートルのかなり大きな遊園地施設だった 開業当初は上池、下池2つの …




[instagram-feed]