Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

廃墟から再生した昭和なホテル 鳴門グランドホテルの絶景露天風呂

      2018/08/23


四国に行って香川と徳島に行った帰りに

気になった徳島県鳴門にある

鳴門グランドホテルに行ってみた

○○観光ホテルや○○グランドホテルという名前は

昭和40~50年代の高度経済成長時代のレジャーブームに

建てられたホテルが多いので昭和レトロが無いかと

ここは宿泊だけでなく日帰り温泉もやっているので

淡路島に渡る前の帰りに寄ってみた

ここもやはり時代の波に飲まれ運営会社の倒産で

2015年に1時は閉鎖、廃墟の危機に陥ったが

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

東京の会社に買収され5ヶ月後にリニューアルオープンした

名前がそのまま残ってくれたのは昭和好きには嬉しい

海の見える露天風呂温泉が売りみたいなので

明るいうちに着くよう急いで、インターを降りてすぐだ

19時前に到着

〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦大毛82−88
電話: 088-687-1515

確かに海の目の前に建つ鳴門グランドホテル

そんなに大きなホテルでは無いが

中は豪華な感じ

フロントで日帰り入浴の受付をして

入浴料金 大人1000円(税別)小人(3歳~小学6年生)500円(税別)

タオルは無料で貸してくれて税込みで1080円
日帰りのお客様は12時~21時まで

お風呂は8階の最上階にある

日曜日の19時前のせいか他に誰もいず1人貸し切り状態

そうだだ広い感じでは無いし豪華でも無いが内湯は真ん中に

円形と楕円形が2つ、窓からは確かに絶景の海が見える

L型の窓際にも湯船がある、ここからでも海の見えながら温泉に入れる

スポンサード リンク

さらに脱衣場を出て螺旋状の階段を登ると

絶景露天風呂は天空の湯と言われるようだ

露天風呂があり

小さな湯船だがそこから見える景色は鳴門海峡大橋を

眺めながら大きく広がる大海原はまさに絶景

徳島県の北西部に位置する鳴門市は古くからうず潮で知られる町だ

これは最高に気持ちいい

もう一つ小さな湯船がある

スポンサード リンク

暗くなっても大鳴門橋を走る車の光を見ながら

中々出る気にはならなかった

風呂上がりは多分建設はかなり古いとは思うが

何か昭和っぽい物が無いかと探すと

この大きな観光ガイドマップが作りが昭和っぽいかな

館内は綺麗にリファインされているけどここだけは昭和だった

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 徳島, 昭和レトロなホテル 旅館 ,