Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

廃墟から再生した昭和レトロな熱川温泉ホテルおおるりへ宿泊

      2018/07/19


静岡県の熱海の先にある熱川温泉、最近こういう昔有名だった

温泉地は高度経済成長時代以降には日本のレジャーブームに乗って

温泉の周りにたくさんの旅館やホテルが新設されたが

レジャーの多様化などもあって人があまり来なくなり

衰退し廃業し廃墟になっていく傾向がある

がその分その時代の昭和レトロな物がそのまま残ってる場合も多い

静岡県熱川温泉にも昭和レトロな物が残っているようなので行ってみた

たまたま熱川温泉に安いホテルがあった

最近流行りの倒産した老舗ホテルを大手レジャーグループ会社が買い取り

徹底したコスト削減をして格安料金を売りにして再生させる

スポンサード リンク

このおおるりグループは関東を中心のグループだ

熱川温泉「ホテル おおるり」

高台に建つ純和風旅館
海まで徒歩3分の好立地。
温泉は、自家源泉の湯を引湯しています。

なんといっても安い1泊、朝夕バイキング付きで3名以上で1人5325円

さらに安いワケあり部屋がある

・早いもの勝ちです!(1日1組 限定)だが

その訳ありとは一家心中した事故物件・・・

というのでは無く

【 こんな訳ありです】

①窓から海の景色が半分しか見えない。(半分は温泉街の景色です。)
・”全室オーシャンビュー”がホテルの自慢ですが・・・・。
②部屋にお風呂が無い。(大浴場・露天風呂が利用できます。)
③その他は、一般のお客様と全く同じです。
・部屋の広さ 12畳

【料金】~何と500円もお得!~
3名様以上でご宿泊の場合(消費税・入湯別途)
・5,325円⇒4,825円/1名様 500円もお得!

オーシャンビューが売り物のホテルだがこの安さは魅力的だ

別に海の景色など部屋から見えなくても他のポイントで見えるだろうし

朝、夜のバイキング付き さらに夜はアルコールの飲み放題付き

この飲み放題はいらないから安くしてくれとは出来ず必ず付いてくる

鉄筋7階建て エレベーター3基
客室54室 宿泊収容人数226名

https://www.ohruri.com/atagawa_ooruri.html

画像で見ると結構いいホテル

もちろん業者も変なホテルなら買い取ったりしない

大浴場に

露天風呂もある

さあ実際はどうか

夕食は17時半から18時40分までと決められているので

17時前迄にはチェックインしなければならない

まずは伊豆熱川駅へ

熱川温泉はあちこちで湯けむりがあがっている

温泉街を走るがどこも閉まっていた

熱川温泉 ホテルおおるりに到着

〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1271−42
電話: 0557-48-7111

ここは2011年に倒産していて1時廃墟になった

スポンサード リンク

がおおりるグループがもう1件ここが営業していた

海沿いの熱川シーサイドホテルと共に買い取り

再生し再オープンした、創業は1978年の開業でちょうど築40年になる

昭和50年代だから高度成長期時代のレジャーブームの後だから

こういう有名温泉地ではやや遅い開業だ

送迎バスも完備している

安いから大丈夫かなと思っていたが

高台にあるので玄関前からでも温泉街が見下ろせる

豪華なロビー、元は高級ホテルだったようだ

やはり再生させる企業もちゃんと作られたホテルで

利益が見込め無いホテルは買い取らないのだろう

立派なロビーは話によると開業当初は訪れたお客様が驚くほどだったようだ

前にある料理屋も開業したが

海辺にある熱川シーサイドホテルの新設備投資に失敗し

その赤字が膨らんで倒産したらしいが

昔は到着人時は太鼓でお迎えしたのか、

和歌山の那智勝浦のホテル浦島でやってたのを見たことがある

スポンサード リンク

立派で豪華な照明に赤絨毯、いかにも70年代の豪華ホテル

昭和な古いテーブルテレビゲーム、インベーダーゲームの前のブロック崩しかな?

新しいけどピンボール

人件費削減の為浴衣はセルフサービスで

フロントでハンドタオル1枚と歯ブラシ1本が渡される

朝夕バイキングの時間や案内が書かれた紙を渡された

古びた色褪せた赤い絨毯の惹かれた長い廊下を歩いて、

訳ありなので1番遠い部屋

1番端にあるインテリアな窓

ドアノブも丸い回転式の家の部屋のような物で古いホテル仕様で

オートロックではないプッシュ式の鍵だった

部屋は壁が少し剥がれたり汚れたりするがまあ綺麗

部屋から確かに温泉街が半分だが海も見えるのでこれで充分だ

早速食事まで30分あるので温泉へ

食事前なので誰も居なくなった

床のタイルは汚れているがまあ古いホテルだとこんなものか

内湯1つと露天風呂1つと面白みはないが熱い温泉で上がった後はすべすべしている

一応食事時間の放送案内があったので17時半に3階のバイキングへ

前に昭和らしくダンスホール、

卓球台があった、照明が昭和レトロっぽい

席は決まっていて名前が書かれたプレートが置いてあるので

席の取り合いにはならないので慌てなくてもいい

バイキング以外に刺し身と金目鯛の煮付けが付いていた

食べ放題飲み放題は

大ジョッキと巨峰、レモン、梅のサワー(関西では酎ハイ)とワイン2種

17時半から18時40分迄と70分だが充分に満足出来る

ただ事情でこの時間に来れないと夕食抜きになるが

スポンサード リンク

家族や夫婦、カップルなどの以外に中年男性や女性3~4人仲間が

飲み放題で盛り上がっていた

食事から帰ってたらふとんがひかれていた

もう1度温泉にゆっくり浸かって風呂上がりに温泉街を散策

猫がホテル周りに一杯寝転んでいた

朝食バイキングも十分満足だった

料理に関しては昔の温泉旅館や温泉ホテルのような懐石料理や

和食の朝ご飯って雰囲気でも無いし中居さんとの会話も無いけど

この値段であれべまた機会があれば来たい

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 静岡, 昭和レトロなホテル 旅館