Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

消えた昭和の遊園地 甲子園阪神パーク デラックスプール

      2018/10/09


兵庫県西宮市にあった甲子園球場近くの阪神パーク

ここは家から最も近い遊園地で1番良く行った遊園地だ

甲子園球場にはプロ野球や高校野球を何度も見に行ってるし

その近くなので交通の便も良く行きやすかったので何度も行った

さらに1980年代以降は親戚のお金持ちのおじさんが阪神パーク内の

ある遊具を所有していて高校生の時は阪神パークにアルバイトにも良く行った

他の遊園地はどうかわからないが遊園地が観覧車やジェットコースター

急流滑りなどの遊具は所有者が個別に居ることを知った

てっきり阪神パークが全て持っている物だと思っていた

つまりその敷地を借りてジェットコースターなどを個別に経営しているようだ

スポンサード リンク

その関係で無料券などももらったりしたので乗り物は無料で乗れた

がそれは園長優待券といって遊具側にはお金にならないので

確かに無料で乗れるが向こうは利益にならないので

受け取った後その場で破かれ眼の前で捨てられたりと

不機嫌に仕方なく動かすという感じだったが(^_^;)

またおおらかな時代だったのか一般的に乗り物に乗るには

阪神パークの券売機で乗り物券を買って乗るのだが

たまに現金でもいいよというおばちゃんなどがいて

多分利益をごまかしていたのだと思う(*^^*)

よく行った阪神パークだが自分が良く行った80年前半でも

当時流行りつつあった絶叫系の乗り物は少なく

どちらかといとファミリー向けの遊園地で時代遅れな遊園地だった

1976年頃の急流滑り

開園当時から阪神パークの売りだったレオポンや動物園もあったけど

しかし夏季の営業の阪神パークデラックスプールは

70年代の小学校5年の時に初めて来た時はその大きさに驚かされた

園内から道路を横切る橋を渡った所の別の敷地にあった

スポンサード リンク

これは1983年頃

その時は自分は当時CMで見た水中エアステーションのある

阿倍野区の阿倍野プールに行きたかったが狭いと友人達に却下され

この阪神パークデラックスプールになったが

それ以降はハマって何度も来た、まあ無料券ももらえたので

観覧車から

阪神パークとして開業したのは1950年(昭和25年)

1991年はさらに幼児向けにリニューアルされ

小さい子供のための遊園地をキャッチフレーズに

ちびっこ達が安心して遊べ、楽しい1日を過ごせる事を保証しますを

宣誓して生まれ変わった、それでも44の乗り物や遊び場を揃える

広い芝生でお弁当

スポンサード リンク

ちびっこ動物園

1997年には遊園地と住宅展示場が合体し

阪神パーク甲子園住宅遊園にリニューアルされ

1300円の入園が無料になった

園内には17機種のチビっ子向けアトラクションがあり

銀河鉄道モノレールは400円で約6分間の空の旅が楽しめた

1周72.4メートルのコースを4周するてんとう虫のコースターは300円

プチコプター

トラックが編隊を組んで走るコンボイ

女の子に人気の天使の木馬

天使たちが奏でるメロディーに合わせて木馬が回る

のりものフリーパスは大人子供共に1500円

そして何度かリニューアルを図って来たが

関西の昭和の遊園地の相次ぐ閉園ラッシュに結局阪神パークも追随し

2003年3月31日を持って閉園した

現在の跡地はイトーヨーカ堂に(2016年)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ探索 兵庫, 消えた昭和の遊園地