昭和レトロ探索 兵庫 消えた昭和の遊園地

消えた昭和の遊園地 甲子園阪神パーク 巨大な甲子園デラックスプール だっせのおっちゃんの紙芝居 兵庫県

投稿日:2018年7月18日 更新日:


兵庫県西宮市にあった甲子園球場近くの阪神パーク

ここは家から最も近い遊園地で1番良く行った遊園地だ

甲子園球場にはプロ野球や高校野球を何度も見に行ってるし

その近くなので交通の便も良く行きやすかったので何度も行った

さらに1980年代以降は知り合いのお金持ちのおじさんが

阪神パーク内のある遊具を所有していて学生時代の時は

阪神パークにアルバイトにも良く行った

他の遊園地はどうかわからないが遊園地が観覧車やジェットコースター

急流滑りなどの大型遊具は所有者が個別に居ることを知った

てっきり阪神パークが全て持っている物だと思っていた

業界初の抜けない水素水、ミネラル還元水素水生成器

アクア・リアージュ 日本を含む世界10カ国で特許取得

長時間保存可能だからいつでもどこでも水素水 水素水は保存が難しく、時間が経つとただの「水」になってしまいます。 しかし、アクア・リアージュは、ナノサイズの小さな水素のバブルを作り出すので、 生成した「水素」を長時間保存することができるのです。

詳細はミネラル還元水素水生成器 アクア・リアージュのページへ

 

つまりその敷地を借りてジェットコースターなどを

個別に経営しているようだ

その関係で無料券などももらったりしたので乗り物は無料で乗れた

がそれは園長優待券といって遊具側にはお金にならないので

確かに無料で乗れるが向こうは利益にならないので

受け取った後その場で破かれ眼の前で捨てられたりと

不機嫌に仕方なく動かすという感じだったが(^_^;)

またおおらかな時代だったのか一般的に乗り物に乗るには

阪神パークの券売機で乗り物券を買って乗るのだが

たまに現金でもいいよというおばちゃんなどがいて

多分利益をごまかしていたのだと思う(*^^*)

よく行った阪神パークだが自分が良く行った80年前半でも

当時流行りつつあった絶叫系の乗り物は少なく

(1976年頃の観覧車前)

どちらかといとファミリー向けの遊園地で

80年代後半頃はもう時代遅れな遊園地だった

ちびっこ動物園もありその横の曲面に写るマジックミラーは

親子らが良く見てて大笑いしていた

1976年頃の急流滑り

1984年夏 飛行塔

開園当時から阪神パークの売りだったレオポン

(ヒョウの父親とライオンの母親から生まれた雑種)

やちびっ子動物園もあったけど

しかし夏季の営業の阪神パークデラックスプールは

70年代の小学校5年の時に初めて来た時はその大きさに驚かされた

園内から道路を横切る橋を渡った所の別の敷地にあった

これは1983年頃

その時は自分は当時CMで見た水中エアステーションのある

大阪市阿倍野区にあった阿倍野プールに行きたかったが

あそこは狭いと友人達に却下され

スポンサード リンク

この阪神パークデラックスプールになったが

オゾン発生器 リアージュ OZONE eーAIRは e-AIR採用の低温プラズマ発生体は 従来使用されていたオゾン発生体と比べ、耐久性が高くかつ 環境に左右されない安定したオゾン発生を可能にした新技術です 日本・米国・中国で特許取得済み 脱臭・除菌・メンテナンスフリー・コンパクト設計 バス会社やパチンコ店などにも採用が増えているようです 詳細はオゾン発生器 リアージュのページへ
スポンサード リンク

営業期間 7月上旬~9月上旬、

1993年時点で大人1300円3歳以上の子供1000円

それ以降はハマって何度も来た、まあ無料券ももらえたので

冬季は昭和時代の小中学生のデートの定番の

オープンスケートリンクが楽しめた

70メートル×30メートルのメインリンクと

20メートル×15メートルのサブリンク

YouTubeに1970年代の貴重な映像があった、もう時代遅れだったけど

バイトの時よくこのジェットコースターを見てた

観覧車から

阪神パークとして開業したのは1950年(昭和25年)

1991年はさらに幼児向けにリニューアルされ

小さい子供のための遊園地をキャッチフレーズに

ちびっこ達が安心して遊べ、楽しい1日を過ごせる事を保証しますを

宣誓して生まれ変わった、それでも44の乗り物や遊び場を揃える

わんぱく冒険ランド フィールドアスレチック広場 500円

グレートポセイドンは芝生の中央広場にあるので

広い芝生でお弁当や遊び疲れたらここで横になるのも

ちびっこ動物園

紙芝居の免許所持者の深尾治郎さんの夢いっぱいの話が聞ける

だっせのおっちゃんの紙芝居は必見だった

春と秋のイベント期間中の日曜・祝日に

ちびっこホール前の野外広場で1日2回開催された

1997年には遊園地と住宅展示場が合体し

阪神パーク甲子園住宅遊園にリニューアルされ

1300円の入園が無料になった

園内には17機種のチビっ子向けアトラクションがあり

銀河鉄道モノレール、赤と黄色がカラフルな汽車で見晴らしが良く

園の名所となる個所を中心に1周するので乗り物の品定めが出来る

400円で約6分間の空の旅が楽しめた

ゾウさんの頭上を走る、乗り場はゾウさんちの近く

1周72.4メートルのコースを4周するメルヘンチックな

てんとう虫のキディコースターは300円

春には満開の桜の下を走る

プチコプター

トラックが編隊を組んで走るコンボイ

女の子に人気の天使の木馬

天使たちが奏でるメロディーに合わせて木馬が回る

のりものフリーパスは大人子供共に1500円

大タコも見つめる大海賊も好評

スーパースイングは大人も子供も楽しめた

そして何度かリニューアルを図って来たが

関西の昭和の遊園地の相次ぐ閉園ラッシュに結局阪神パークも追随し

2003年3月31日を持って閉園した

現在の跡地はイトーヨーカ堂に(2016年)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しないので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-昭和レトロ探索 兵庫, 消えた昭和の遊園地

執筆者:


  1. 山田博 より:

    阪神パークの近くの甲子園町に住んでいました。鳴尾中学に行っていました。中学から阪神パークに入れました。懐かしいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和のくらし、昔のくらしを再現 昭和レトロの展示イベント 神戸市埋蔵文化財センター

兵庫県の神戸市埋蔵文化財センター 企画展示室で 昭和のくらし、昔のくらし4 という昭和の展示物があるというので見学に 神戸市埋蔵文化財センターは 〒651-2273  神戸市西区糀台6丁目1  西神中 …

昭和レトロで無駄に広い西脇健康ランドホテル パンダがトレードマーク

3週連続の昭和健康ランド巡りになったが今回は西の方へ 兵庫県の西脇市にある西脇健康ランドへ 正式には西脇健康ランドホテルつまりホテルに併設されている 3年前の2006年に1度来た事があり 昭和の高度成 …

懐かしい昭和レトロなうどん自販機がある深江浜の石田鶏卵 神戸市

兵庫県神戸市の深江浜の方に 懐かしいうどん自販機が残っているという情報を聞き行ってみた 海辺の周りに何もない工業地帯にある たくさんの自販機が並んでいる、 コンビニエンスストアとあるが 自分たちが思う …

昭和な列車喫茶ブルートレインは健康ひろば加古川の閉館と共に解体

兵庫県加古川市にある健康ひろば加古川という健康ランドが 2008年の4月末で閉館するという事なので その10日前に行ってみる事に 最近の安いスーパー銭湯に圧倒されたのか 少し料金が2000円前後と高い …

1970年代に一杯あったユースホステルが消えて行く 淡路ユースホステル跡地へ 

昭和54年8月9日に友人と淡路島へ一泊サイクリングへ行った時に 泊まった淡路島の福良にある淡路ユースホステル 1970年代、昭和時代にたくさんあったユースホステル 淡路ユースホステルに宿泊 1970年 …