Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

消えた昭和の遊園地 きびの郷ワンダーランド 岡山

      2018/08/18


岡山県の高梁市にあったきびの郷ワンダーランド

岡山県高梁市松原町神原2326

高梁市は城下町の面影が残る町で古びた町並みの

緑濃い山あいに西日本でも当時有数の規模を誇る遊園地

きびの郷ワンダーランドがあった

1980年の7月に開業だから遊園地施設としては遅い方だ

80年代のやや好景気に向かう状態の

箱物開発の第三セクター的に建設されたのかな?

JR岡山駅から約1時間で行ける

215,000m2の敷地を誇り駐車場は1日200円で3000台

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

豊かな自然の樹林の中に30種類のアミューズメントマシンを揃えている

広すぎて遊びきれないと市営宿舎の「神原荘」も完備されたいた

入園料は大人600円 子供300円

きびの郷ワンダーランドのマスコットキャラクターはワンちゃん、

好物は岡山名物の吉備団子

遠心力を利用してくるくる回るエキサイトスウィンガー

大空に放り出されそうなスイングがスリル満点

足の先がゴンドラになっている真っ赤な大ダコはレッドモンスター

メリーゴーランド

園内一の絶叫マシン、360度連続2回転のジェットスパイラル

フライバイキング

世界大昆虫科学館もあり世界50ヶ国の数万点におよぶ

スポンサード リンク

珍しい昆虫を常時展示していた

大自然にあるので池もありボートにも乗れた

自分は岡山の親戚の人に1983年に連れて行ってもらった事があった

観覧車に乗ったり

ここは入り口かな、確かにかなり広い遊園地だった

しかしここも1990年のバブル崩壊以降や少子化により

入場者が減少し1993年辺りから

営業日が土日祝と夏休み、ゴールデンウィークのみになり

1996年という遊園地閉園ラッシュの前のかなり早い段階の閉園となった

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 岡山, 消えた昭和の遊園地