Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

和歌山 七洋園が廃業 オーナーが亡くなっていた

      2018/08/15


和歌山県和歌山市の和歌の浦は

かつての新婚旅行のメッカの地と言われた

絶景の和歌の浦の繁栄も今は昔

客足激減でホテルや旅館の廃業が相次ぎ

廃墟の街と言われる程寂れていた和歌の浦の中でも

未だ生き延びていたホテル 

新和歌浦 七洋園

廃墟と噂されるホテル、和歌山七洋園は現役ホテルなのか?寂れゆく和歌の浦

まるで時が止まったままのような昭和な雰囲気だったが

スポンサード リンク

手入れも止まっていたようでまるで生きる廃墟

しかし昭和レトロの雰囲気に魅せられた物なら

興味のある貴重な物件でついに

2016年にその生きる廃墟と言われたホテル

堂々と入れる廃墟ホテルという事で

友人らと七洋園に実際に泊まってみた

和歌山の和歌の浦にある廃墟と噂される七洋園に泊まってみた

まあ想像よりもまだマシだったしまだまだ見たい場所もあったので

もう1度来ようと計画していた

そしてその廃墟テイストを逆に利用し2017年9月9日に

こんな企画も開催されたらしい

https://apsu-store.net/news/5a0e1a36f22a5b4a2a004528

音と怪談のフェスティバル!! 【HOWLING GHOST FESTIVAL】

夏の終わり、、、

廃墟マニアの間では泊まれる廃墟とも評される

和歌山のホテル『七洋園』にて、

音と怪談のフェスティバル

スポンサード リンク

『HOWLLING GHOST FESTIVAL』が開催決定!!

名勝和歌浦雑賀崎に位置する、

時が停まったかのような圧倒的な雰囲気の七洋園は、、、

まさに怪談フェスに相応しい場所です。
4人の怪談師、4人の音楽家により日が昇るまで夜通し行われる怪異譚が、

七洋園を更に妖しく彩るでしょう。。。
夏の最後、思い出に残る不思議な一夜になる事間違いなし。
場所と人、そして怪談と音楽が織りなす新感覚のハーモニーを

ぜひ体験してみてください。

【日程】9月9日

【場所】和歌山七洋園 和歌山県和歌山市雑賀崎416

【時間】19時オープン/20時スタート:朝5時クローズ

【料金】¥2500(1ドリンク&1マスク付き)

【出演】
〜怪談〜APSU、ワダ、松原タニシ、田中俊行
〜音楽〜the birth for nil、浜田淳(Leiny J Groove)、

Atsumi Tagami、DJモリッシー(お還りなさい) and more.....

【ショップ】ちのり文庫、本屋PLUG       

※ドリンク、フード出店あり

【料金】¥2500(1ドリンク、1マスク付き)

知っていたら是非参加したかった

まあ特に霊現象を感じる雰囲気の場所ではないが

こういう企画をしてくれた事がいいことだし

いずれ第二回、三回と続いていけば

これにより認知度やお客も増えていけば

さらに七洋園の存続が続くかもしれないし

スポンサード リンク

と思ったら2017年10月18日

1人で経営されてたオーナーが亡くなったそうで

その結果ついに廃業されたようです

チェックインの時、割引チケットをたくさん紹介してくれた

お話好きの優しいご主人だったのに

昔あったネットのプロフィールには

ニックネームはマスター、趣味がホテル・旅館業とあるので

最後まで好きな旅館業を全うされたのか、

座右の銘は努力とある

今後この建物はどうなるんだろう?

近々見に行ってみようと思う

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 和歌山