昭和レトロ 和歌山

和歌山 七洋園が廃業 オーナーが亡くなっていた

投稿日:2018年8月13日 更新日:


和歌山県和歌山市の和歌の浦は海辺で景観の良さから

かつての新婚旅行のメッカの地と言われた

が、そんな絶景が目玉の和歌の浦の繁栄も今は昔

客足激減でホテルや旅館の廃業が相次ぎ

廃墟の街と言われる程寂れていた和歌の浦の中だが

その中でも数少ない未だ和歌の浦で生き延びていた観光ホテル 

新和歌浦 七洋園

廃墟と噂されるホテル、和歌山七洋園は現役ホテルなのか?寂れゆく和歌の浦

まるで時が止まったままのような昭和な雰囲気だったが

水素パワーで自己免疫を付けいつでも健康体に、食べる水素サプリメント、 サンゴ水素スティックは水素体内持続時間が驚異の53時間、 この証明は島津製作所グループの (株)島津テクノリサーチ社の調査データーです ビタミンCの含有量が世界一のカムカム配合 天然ビタミンCは果汁100gあたり、約3,000mg アセロラの約2倍レモンの約60倍のビタミンC ポリフェノールもたっぷり含まれて抗酸化作用を持つスーパーフルーツです

詳細はサンゴ水素スティックのページへ

 

手入れも止まっていたようでまるで生きる廃墟

しかし昭和レトロの雰囲気に魅せられた物なら

興味のある貴重な物件なのでいつかは泊まりたいと思っていて

ついに2016年にその生きる廃墟と言われたホテル

堂々と入れる廃墟ホテルという事で

友人らと七洋園に実際に泊まってみた

和歌山の和歌の浦にある廃墟と噂される七洋園に泊まってみた

まあ想像よりもまだマシだったしまだまだ見たい場所もあったので

もう1度来ようと計画していた

そしてその廃墟テイストを逆に利用し2017年9月9日に

こんな企画も開催されたらしい

https://apsu-store.net/news/5a0e1a36f22a5b4a2a004528

音と怪談のフェスティバル!! 【HOWLING GHOST FESTIVAL】

夏の終わり、、、

廃墟マニアの間では泊まれる廃墟とも評される

和歌山のホテル『七洋園』にて、

音と怪談のフェスティバル

『HOWLLING GHOST FESTIVAL』が開催決定!!

名勝和歌浦雑賀崎に位置する、

末期がん治療の専門医も絶賛し推奨するパワートロンDX! 病気の改善や自己免疫力は付けるにはまずは第一にするべきは 年々蓄積された体内の老廃物、有害物質など毒素を出しきる事から
マイナスイオン・遠赤外線・トロンは水にも油にもよく溶け、
トロン風呂による入浴が、入浴そのものの作用だけでなく、
 
空気中に発散するトロンガスと共に吸い込む事が出来ます
 
吸入されたトロンガスは肺から心臓、そして身体中の血液に溶け込み
 
全身を巡って改善作用をもたらせます
がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

時が停まったかのような圧倒的な雰囲気の七洋園は、、、

まさに怪談フェスに相応しい場所です。
4人の怪談師、4人の音楽家により日が昇るまで夜通し行われる怪異譚が、

七洋園を更に妖しく彩るでしょう。。。
夏の最後、思い出に残る不思議な一夜になる事間違いなし。
場所と人、そして怪談と音楽が織りなす新感覚のハーモニーを

ぜひ体験してみてください。

【日程】9月9日

【場所】和歌山七洋園 和歌山県和歌山市雑賀崎416

【時間】19時オープン/20時スタート:朝5時クローズ

【料金】¥2500(1ドリンク&1マスク付き)

【出演】
〜怪談〜APSU、ワダ、松原タニシ、田中俊行
〜音楽〜the birth for nil、浜田淳(Leiny J Groove)、

Atsumi Tagami、DJモリッシー(お還りなさい) and more…..

【ショップ】ちのり文庫、本屋PLUG       

※ドリンク、フード出店あり

【料金】¥2500(1ドリンク、1マスク付き)

知っていたら是非参加したかった

まあ特に霊現象を感じる雰囲気の場所ではないが

こういう企画をして和歌の浦を盛り上がてくれた事がいいことだし

いずれ第二回、三回と続いていけば

これにより認知度やお客も増えていけば

さらに七洋園の存続が続くかもしれないし

スポンサード リンク

と思ったら2017年10月18日

1人で経営されてたオーナーが亡くなったそうで

その結果ついに廃業されたようです

チェックインの時、割引チケットをたくさん紹介してくれた

お話好きの優しいご主人だったのに

泊まった年明けに年賀状も送ってくれた律儀な方だった、

昔あったネットのプロフィールには

ニックネームはマスター、趣味がホテル・旅館業とあるので

最後まで好きな旅館業を全うされたのか、

座右の銘は努力とある

今後この昭和の遺物の建物はどうなるんだろう?

近々見に行ってみようと思う

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しないので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-昭和レトロ 和歌山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絶景温泉 関西 船で行く和歌山の海に浮かぶ昭和の香り漂う中の島ホテル 勝浦温泉

マグロの水揚げ高日本一と言われる海の温泉町 和歌山県那智勝浦町にある南紀勝浦の温泉 那智勝浦には日帰り温泉施設がいっぱいあるが 1300円で湯巡り手形を買えば 連盟に加入している十数か所のうち3つが入 …

昭和レトロな喫茶店 和歌山の奇抜なデザインの喫茶バイパス 和歌山県岩出市

前通りがかりで見て昭和レトロな感じで変わった建物なので 前から行きたかった和歌山県24号線バイパス沿いにある 喫茶バイパスへ 看板の柱のデザインもちょっと凝っている まあ大分やれているが 喫茶バイパス …

昭和な浦島ハーバーホテルでレトロ探索 館内に電車車両が 南紀串本大江戸温泉物語に変わる前

和歌山県の紀伊半島の最南端の潮の岬ツーリングで せっかく来たので紀伊半島の温泉巡りへ 今日の予定は串本、すさみ、椿の3件は行く予定で まずは串本駅へ行っていかの干物の買い物と 観光案内所でいい温泉が無 …

昭和40年代の古い地図から紀伊半島白浜までの42号線にあった全盛期のドライブイン時代 廃墟 紀南パレス跡地の現在 ブラックビル

家から出てきた昭和40年代の頃の地図、 その昭和40年代当時の和歌山県の紀伊半島の42号線の道の様子や ドライブインなどが載っていて、現在とどうかわっているのか 実際に走ってみた まずは和歌山県の海南 …

寂れた昭和時代の観光地 和歌山県 日の岬パークの現在 

和歌山県日高の日ノ岬パーク ここは70年代の子供の頃近所の人達と車数台に乗り合わせて 日の岬パークにある国民宿舎日の岬に泊まりで来た事があり その様子は昔の8ミリ映写機に収められていて見た事があるのだ …