Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和時代にフェリー乗り場だった弁天埠頭 関西汽船 加藤汽船の跡地へ

      2018/05/23


用事で大阪市西区の弁天町に来たので

以前小豆島行きのフェリーが出てた弁天埠頭に久々行ってみようと歩いて

80年代の学生時代に2年連続で夏休みに友人ら5~6人で小豆島に渡り

2~3日泊まりで泳ぎに行った事がある

もう営業は何年も前に終了しているが加藤汽船と関西汽船があったはず

破産施設のひとつ華やかにオープンした50階建てのオーク200の裏側に


ひっそり昭和のままの時間に置き去りにされていると聞くが

結構遠いが当時も地下鉄弁天町駅からフェリーターミナルまで歩いた

まあ当時ならフェリーターミナル行きのバスもあったんだろうな

そしてようやく

見えた
かつては関西汽船、加藤汽船が九州、四国行きのフェリーを多数運行していた
どちらのフェリーも小豆島に行くのに乗った事がある
特に加藤汽船は夜に乗ったのであの看板のネオンは覚えている

1983年と1984年だからもう30年も前になる

明石海峡や瀬戸大橋の開通でフェリーは廃れてしまったが

当時は乗客やトラックや車もたくさんいてまだまだ活気があった

あの時は真夏の夜だったがフェリーの甲板は海風が涼しくて気持ちよかった

1983年
関西汽船

この船に乗って小豆島から大阪へ、約4時間半の航路だったかな

スポンサード リンク

こちらは1984年の加藤汽船

昭和時代の関西汽船が発行していた潮風通信

電話番号も9桁だ

1995年に全ての運行が廃止され

今はもうフェリーターミナルは廃墟と化しているようだ


それをあえて利用しているのかアートギャラリーが

バスはまだ走っているのかこんなとこに人は来るのだろうか

デザイン、アート、アンティーク、雑貨と書いてあるからショップなのかな

昔はここにバスの発着所があった

近くにあった旅館つたや

夢の跡の廃旅館かと思いきややってるらしい(^_^;)

でもフェリーが営業当時はフェリー関係でかなり流行ったのかもしれないな

http://www.tsutaya-ryokan.jp/

〒552-0007 大阪府大阪市港区弁天6丁目5−12

大型バスやトラックの駐車場としても営業しているみたいだ

 

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

マキシム事業企画の天然サンゴ100%の自然主義 

元祖コーラルサンド21®

水道水を入れるだけで名水に変わる!不思議な天然のサンゴ

水道水の塩素を除去し天然のミネラル22種類の固まり
マグネシウム、カルシウムが豊富、特に大切なマグネシウムが多く含まれています

日本初!厚生労働省認定

日本食品分析センター、東京都食品衛生協会、東京環境測定センターから

永久に水が腐らない、菌が繁殖しないデータを取得

永久保存が出来、地震災害用の非常水にも最適

元祖コーラルサンド21が市販のミネラルウォーターと違うのは

ペットボトル500mlで繰り返し百回使えて経済的です さらに飲料水としてだけでなく菌を制菌出来るので 市販のスプレー容器でスプレーすれば インフルエンザ、ノロウィルスもシャットアウト出来る水です

すべて公式サイトに実証データーがあります

詳しくはマキシム事業企画の公式サイトへ

防衛省、大分岡病院、パナソニック(株)(株)ダスキン、 (株)東芝、大同ホクサン(株)朝日新聞グループ、 白浜温泉ホテル川久、有馬温泉月光園、その他多数で使用されています
スポンサード リンク

 - 廃墟, 昭和レトロ 大阪