Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

千里セルシーの現在は大阪北部地震の影響で閉店中

   


千里中央駅にお気に入りのジャンボカレーへ行ったついでに

千里セルシーを見に行った

70年代以来長年に渡って北摂エリアの昭和時代からの

巨大(当時にとっては)レジャー施設だった千里中央駅にある千里セルシーが

老朽化の為と突然の問答無用の退去を求められ借り主達が困惑し

話が強引過ぎると退去しないなどと話題になっていた千里セルシーだが

千里セルシー が閉店?老朽化で存亡の危機に!セルシーの現在

自分も子供の頃から長年見てきて1度味巡りをしてみたいと思ってた地下の

たくさんあった食堂街はほとんど退去し無機質な白い壁に変わっている

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

一応、みんなのセルシー営業中の看板や営業中店舗の案内があるものの

とても明るい未来があるとは思えない程寂しさが日に日に進んでいる

地下1階のかつて噴水があったセルシー入り口の駐車場も立入禁止になっていた

そして先日の2018年6月18日午前7時58分の大阪北部地震によって

千里セルシーは営業を全面的に停止されていた

自分も大阪市内在住なので確かに大きく揺れて

高槻市の知人宅は部屋がめちゃめちゃになり

スポンサード リンク

水道ガスもしばらく止まっていた程だから

ほぼ震源地に近くに立つ千里セルシーもだいぶ影響を受けたようだ

もう古い建物だから仕方ないか

ダイエーも休業中で全ての出入り口付近は囲いがされ

あの透明エレベーターも途中階で停止されているので

上層階のカルチャーセンターも休業中みたいだ

1階はあの様々なアイドルを生み出したイベント広場は

囲いで覆われ立入禁止になっていた

このままこれを理由にやっぱり古い建物は危険だと

千里セルシーは閉店に追い込まれるのかと思いきや

「セルシー営業再開に関するご案内」という張り紙が張ってあり

それよると7月の20日、21日に応急危険度判定の結果から

地震の影響の少ない店舗から順次営業を再開することになりました

と書いてあったので再開はするようだ

しかしエレベーター塔を中心に天井の落下・壁の剥落や

ひび割れ等が残っているので仮の囲いがしてあるみたいだ

とりあえずはまた営業再開はするようだ

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 70年代 流行, 昭和レトロ 大阪