Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロな雑貨屋さん、旧車カフェ1970併設の昭和レトロな珈琲 三四六珈琲館へ

      2018/09/20


以前友人が行って紹介していた

大阪府柏原市にある昭和レトロな雑貨屋さん

旧車カフェ1970へ

大阪から奈良県へ抜ける国道25号線沿いにある

プレハブ倉庫のような所で入っていくと

昔の昭和30年~40年代頃の360cc時代の軽自動車や

軽トラックが数台置かれていて奥が駐輪場になっていて5~6台置ける

入り口が分からず国道沿いに出ると人がいらっしゃったので

入り口は教えてもらって入ると

昭和レトロな雰囲気の喫茶店になっていた

こちらの方は昭和レトロな雑貨屋さんでなく喫茶店の方だった

まあ昼も近いので当初は併設に三四六というラーメン屋があると聞いたので

そこで食べようと思っていたが、どうやらここがラーメン屋で

ラーメン屋から昭和レトロな雰囲気に変えて2018年9月2日から

三四六珈琲館という喫茶店としてスタートしたようだ

懐かしい新しいをコンセプトに

アンティークな家具を揃え店の雰囲気はまさに昭和レトロか大正ロマン風

スポンサード リンク

昼ごはんを食べたいので何か食べ物はありますか?と聞くと

カレーがありタイカレーと言って

ホテル仕様12種類のスパイスでココナッツミルクたっぷり
タイカレー サラダ付き、十六穀米またはサフラライス

が1000円なのでそれを注文

結構時間が掛かったがその間店主と少し昭和レトロなお話

自身も旧い日産310ブルーバードを所有しているが

いずれは電気自動車にしたいらしい

そしてやっと来た、昭和レトロなメイド服を来た女性の方が運んで来た

ちょっと変わったカレーだがまあ話の種に

食後にミニドリップコーヒーをサービスして頂いた

昭和レトロな雑貨屋さん旧車カフェ1970は隣に併設してある

店の真ん中右付近にガラスの応接間と書かれた扉を開けると行ける

がてっきりこの三四六珈琲館の店主が隣の旧車カフェ1970を

経営されてると思ったが店主に聞くと違うようで

三四六珈琲館の店主は倉庫の貸主で旧車カフェ1970は

それぞれ6つのオーナーで1つの店になっているようだ

食後は旧車カフェ1970を見学に行くのだが

旧車カフェ1970 大阪府柏原市の昭和レトロな雑貨屋さん 9月で閉店

三四六珈琲館

所在地: 〒582-0023 大阪府柏原市国分東条町26−15

営業日はプレオープンの為当分の間土日の9時~19時らしい

国道から見える壁のデザインはマッチ箱をイメージしているらしい

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

マキシム事業企画の天然サンゴ100%の自然主義 

元祖コーラルサンド21®

水道水を入れるだけで名水に変わる!不思議な天然のサンゴ

水道水の塩素を除去し天然のミネラル22種類の固まり
マグネシウム、カルシウムが豊富、特に大切なマグネシウムが多く含まれています

日本初!厚生労働省認定

日本食品分析センター、東京都食品衛生協会、東京環境測定センターから

永久に水が腐らない、菌が繁殖しないデータを取得

永久保存が出来、地震災害用の非常水にも最適

元祖コーラルサンド21が市販のミネラルウォーターと違うのは

ペットボトル500mlで繰り返し百回使えて経済的です さらに飲料水としてだけでなく菌を制菌出来るので 市販のスプレー容器でスプレーすれば インフルエンザ、ノロウィルスもシャットアウト出来る水です

すべて公式サイトに実証データーがあります

詳しくはマキシム事業企画の公式サイトへ

防衛省、大分岡病院、パナソニック(株)(株)ダスキン、 (株)東芝、大同ホクサン(株)朝日新聞グループ、 白浜温泉ホテル川久、有馬温泉月光園、その他多数で使用されています
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 大阪, 昭和レトロな喫茶店