Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

昭和レトロな雑貨屋 奈良県香芝市のminca465 カフェもある本当の古民家 

      2018/09/21


昭和レトロな商品を見に最近オープンした

大阪府柏原市の旧車カフェ1970に行くも

店のオーナーが来なかったので少ししか見れなかったので

旧車カフェ1970の昭和レトロ雑貨をメインで販売している本店の

minca465という店が奈良県香芝市で営業しているというので

柏原市からなら近いので行ってみる

165号線沿いなのですぐ分かると思ったが

着いてみると名前のmincaの通り本当の民家なのでわかりづらかった

さらに坂で少し下がっているので余計にわかりづらかった

スポンサード リンク

前に3台程砂利だが駐車場があるがあまり大きな車は難しい

近くに別に駐車場があるらしい

本当の古い民家、古民家を使っている、

一見ボロボロの崩れ落ちそうな廃屋のようで

え~ここがそう?という感じでちょっと躊躇し

入りづらいがせっかく来たのだからと勇気を持って(^_^;)

横の狭い坂を下って行く

ホーロー看板とサトちゃんがお出迎え

かなり古い民家なので床がギシギシと音を立てる

薄暗い入口を抜け

店内は所狭しと昭和レトロなグッズが

奥には旧車カフェ1970にもあったタバコ屋を再現した店が

奥は電気が無く暗かったが

真ん中は屋根が無い、商品は一応屋根の下にあるが強い雨だと濡れてしまうかも

コーラの1リットルの瓶、昔よくお菓子屋に売っていた

散髪屋のポール、中の男性の写真が昔っぽい

スポンサード リンク

コカ・コーラグッズや

アメリカン雑貨のコーナーも

これも居酒屋を再現したカウンター

誰も店員がいないようだが

奥の扉の向こうから話し声などが聞こえる

奥は工芸教室やカフェになっていて

スポンサード リンク

飲み物の他にランチもあるようだ

テーブルや椅子が並べてあるが雑貨も並べてある

こちらはやや整理されている

ここから奥は土足厳禁

2階もありますよと声をかけてもらって

2階に上がると広大な平屋にしては1つしか部屋は無い

ここも雑貨で一杯

もう使えないカルピスの絵も昭和世代には懐かしい

懐かしい物が一杯で一応売り物だけどまさに昭和の博物館で

見てるだけでも楽しい

旧車カフェ1970にもあった木の電信柱、地名のプレート付きヽ(´▽`)/

トミカのミニカー

庭園に池もある

外から見るとかなり大きな民家だ

2月8日オープン、カレンダーで見ると2014年の2月8日かな

旧車カフェ1970では少ししか見れなかった昭和レトログッズも

ここでたくさん見ることができて良かった

minca465

所在地: 〒639-0245 奈良県香芝市 畑465

090-3626-3214

営業時間  11:30~17:00

定休日  水曜日、木曜日

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 奈良, 昭和レトロな喫茶店, 昭和レトロな店