廃墟 和歌山 昭和レトロ 和歌山

廃墟になった和歌山の日の岬国民宿舎、廃道から紀伊半島最西端の地へ

投稿日:2017年9月23日 更新日:


4年振りに和歌山県日高町の日の岬へ

かつては日の岬パークは標高約200mの岬一帯で

360度の太平洋の見渡す事が出来、圧巻の絶景で

観光地として栄えた時期もあった

自分が子供の頃の昭和50年頃、近所の人ら数台の車に乗り合わせて

日の岬国民宿舎に泊まりに来た事がある

いわば観光リゾート地だったが

今はその面影は無く休日でもガラガラで施設も廃墟化している

大人になった2009年に訪れた時は

日の岬国民宿舎のホームページで昼のランチを紹介していたので

水素パワーで自己免疫を付けいつでも健康体に、食べる水素サプリメント、 サンゴ水素スティックは水素体内持続時間が驚異の53時間、 この証明は島津製作所グループの (株)島津テクノリサーチ社の調査データーです ビタミンCの含有量が世界一のカムカム配合 天然ビタミンCは果汁100gあたり、約3,000mg アセロラの約2倍レモンの約60倍のビタミンC ポリフェノールもたっぷり含まれて抗酸化作用を持つスーパーフルーツです

詳細はサンゴ水素スティックのページへ

 

国民宿舎に電話して聞くと国民宿舎内で食べるのでは無く

日の岬国民宿舎前の

丘の上のアメリカ資料館に併設している食堂と売店でのようだ

高齢者連れだと言うと上に車を止めてもいいらしいので

裏のスロープで車で上に上がる

アメリカ資料館に併設された食堂

アメリカ資料館は

戦前のこの地方に多い北米・カナダの移住経験者の歴史資料館だ、

有料だったので入らず

ここでかき揚げシラス丼、1000円くらいだったかな?

誰も他に客はいなかった、シーンとした飾り気の無い白い店内、

きつい油の匂いがしたでもまあ美味しかった

なぜか消防車が展示

屋上には標高202mの高さの展望台があり360°の景色が見れる

まあただの屋上だけど(^_^;)

白浜温泉が見える、ここからまだまだ先の方だが

この丘に周りにレールがありかつてケープトトレインという遊具だったようだが

今は錆び付いて放置されていた

紀伊半島はどこへ行っても綺麗な海が見れる

ただそれだけだが(^_^;)

下に見える日の岬国民宿舎で日帰り入浴へ

風呂は500円で入れる

子供の頃以来の40年振りに建物内へ入った

もちろん子供の頃なので内部の様子は覚えてないが

桜の時期は今でも人は多いらしい

温泉ではないが高台にあるしガラス張りなので見晴らしは良かった

客は自分と父の2人だけだったが(^_^;)貸し切りのようだった

そしてその後2013年に訪問し相変わらず寂しい状況だったが

寂れた昭和時代の観光地 和歌山県 日の岬パークの現在 

今回は4年振りの訪問

2013年時は日の岬国民宿舎は若いスタッフが顔出ししホームページを立ち上げて

日の岬国民宿舎や周辺回りの紹介をして再び日の岬を盛り上げてる風に感じたが

スポンサード リンク

残念ながらその後2015年に閉館したようだ

まあ周りに綺麗な海の景色以外何も無いようでは仕方無いか

入り口付近のカラオケボックスは相変わらずの廃墟

よく見ると以前より壁が壊れている

解体しようとしているのか自然に壊れたのかわからないが

軽食 喫茶の看板も片足が朽ちたのか倒れている

2013年には立っていたが

上の喫茶はまだあったが開いてなかった、

日の岬国民宿舎が休館の現在営業しているのだろうか

アメリカ・カナダ資料館も併設されてるがそこももう見れないのか

展示されていた消防車も放置状態で草が覆い始めていた

2009年に車で上がれたスロープは入口が塞がれて車で上がれないようになっていた

2009年頃は車で上がれたスロープ、

日の岬国民宿舎の送迎車かな、なぜか真っ赤

その頃国民宿舎の周りを大きな人に慣れたやぎが自由にうろついて

国民宿舎のマスコット動物みたいだったけど

オゾン発生器 リアージュ OZONE eーAIRは e-AIR採用の低温プラズマ発生体は 従来使用されていたオゾン発生体と比べ、耐久性が高くかつ 環境に左右されない安定したオゾン発生を可能にした新技術です 日本・米国・中国で特許取得済み 脱臭・除菌・メンテナンスフリー・コンパクト設計 バス会社やパチンコ店などにも採用が増えているようです 詳細はオゾン発生器 リアージュのページへ
スポンサード リンク

あのやぎはどうしただろう

こちら側からも丘に行けるようだがもう廃道化している

廃業か休館中の国民宿舎

昭和時代のパンフレット、イラストが昭和レトロを感じる

昭和43年建築で平成4年に1部改装されているらしい

かなり広い館内だ

駐車場、この奥に日の山御岬神社鳥居がある

展望大浴場へ行く渡り廊下、建物が新しいから後で追加改装されたのかな?

こちらは食堂かな、かなり広くて最大110名様収容と書いてある

今日は好奇心の強い知人ら5人と来ているので

廃道っぽい遊歩道を歩いて日の山山頂へ

誰も居なくなった宿泊施設、旧式のエアコンシステム、引き込みホースが強引

上の展望風呂も再び入浴出来る日が来るか

もう整備されてない道を登り

日の山山頂へ 

スポンサード リンク

三角点 紀伊半島最西端の地とある

広場のようになっている

国民宿舎下から見る日の山山頂

景色は素晴らしい日の岬だが

地元情報では日の岬国民宿舎は

御坊市の石材屋さんが買い取ったという情報も出てるので

何らかの形で再オープンするかもしれない

絶景温泉も近くにある

絶景温泉 和歌山の海の見える 日の岬 みちしおの湯 和歌山県日高町

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しないので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-廃墟 和歌山, 昭和レトロ 和歌山

執筆者:


  1. ミゾタマサコ より:

    先日訪問したのですが、なにもなく閉鎖していたので、どうなっているのか、いろいろと
    探しているうちに、こちらのHPにたどり着きました。もうずっと前に閉鎖していたのですね。いくつかの旅行サイトでは未だにそのままで、申込をクリックしたら、予約できませんにつながるという状態でした。すごくきれいな場所だったので、廃墟のままがもったいないと思うけれど、途中の道が細く、車がいっぱい来ても大変なのでしょうか。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和な浦島ハーバーホテルでレトロ探索 館内に電車車両が 南紀串本大江戸温泉物語に変わる前

和歌山県の紀伊半島の最南端の潮の岬ツーリングで せっかく来たので紀伊半島の温泉巡りへ 今日の予定は串本、すさみ、椿の3件は行く予定で まずは串本駅へ行っていかの干物の買い物と 観光案内所でいい温泉が無 …

荒廃が進む和歌山 七洋園 和歌の浦 このまま廃墟になってしまうのか

和歌山県和歌山市の海辺にある和歌の浦はその景観の良さや 大阪から近いという立地条件から 昭和3~40年代まで新婚旅行のメッカとして賑わいたくさんの観光客で賑わったが しかしレジャーの多様化や高速道路の …

寂れた昭和時代の観光地 和歌山県 日の岬パークの現在 

和歌山県日高の日ノ岬パーク ここは70年代の子供の頃近所の人達と車数台に乗り合わせて 日の岬パークにある国民宿舎日の岬に泊まりで来た事があり その様子は昔の8ミリ映写機に収められていて見た事があるのだ …

廃墟のすさみ温泉ホテルシーパレス跡地へ再び、再開は無理か?2014 和歌山県周参見

2013年1月に行った時に廃墟になっていた 和歌山県の周参見町の岸壁に建つすさみ温泉ホテルシーパレス 廃墟になっていた南国リゾートのようなすさみ温泉ホテルシーパレス 2009年4月に初めて来た時に 海 …

和歌山県の野上電気鉄道の廃線跡を自転車で散策 和歌山県海南市

かつて和歌山県の海南市を走っていた野上電気鉄道の廃線跡を訪ねてみた 海南のわんぱく公園に車を止めて自転車で散策 去年行った有田鉄道廃線跡の倍の片道12km近くあるがまあ行けるだろうと 今回参考にしたホ …