Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

平尾昌晃さんのヒット曲、中条きよしのうそは麻雀で出来た?

   


作曲家の平尾昌晃さんが作ったヒット曲、名曲の1つ

中条きよしが歌って大ヒットした「うそ」

1974年1月25日の発売で自分はまだ小学校低学年の子供で

ようやく歌番組を見始めた頃、毎週見てたランキング形式の

歌番組のベスト30歌謡曲に

10代のアイドル全盛期時代に突然新人歌手、それもやや年配

(西城秀樹や野口五郎や郷ひろみの御三家や山口百恵、桜田淳子、森昌子などが

10代半ばだったので子供ながらにそう感じた)の

背広を来た七三分けの人が1位になったので当時はなぜ?と疑問だった

演歌のメロディでもアイドル路線でも無く子供にも大人の詩がわからなかった?

スポンサード リンク

歌い方も素人っぽく棒読みっぽかったし(´∀`)

その大ヒット曲の意外な誕生秘話を平尾昌晃さんが語っていた

当時平尾昌晃先生は中条きよしをどうもホストクラブっぽい外観から

敬遠していた。しかし毎日のように、

中条きよしがマネージャーと平尾昌晃のマンションに来ていたが

いつも平尾昌晃は麻雀やってるよと嘘をついて2回程追い返していた

しかし3回めにいよいよ会わなくちゃいけないなと思い

会ったら全然イメージと違い好青年だったので

スポンサード リンク

それでいよいよ中条きよしに曲を書こうかとなった

その時に平尾昌晃は当時仲間5人で麻雀をよくやっていて

仲間が4人打ちをやってる間に山口洋子さんから預かった詩を思い出し

仲間の麻雀を横目で見ながら1時間半で出来てしまった

つまり麻雀をやってから出来たらしい

そしてその渡された「うそ」の曲を聞いた中条きよしはおかしな歌だなと感じ

正直売れないと当時は思ったし多分平尾昌晃先生も山口洋子さんも

同じように思っただろうと語った

しかし曲は大ヒットし自分の見てたベスト30歌謡曲でも

当時の西城秀樹や山口百恵などのアイドルを抑え

1位を何週か連続で取りベスト3内にかなり長く入ってた

2曲目の「うすなさけ」もベスト30歌謡曲にベスト10入りしていたし

昭和49年の主な賞レースで中条きよしは

FNS歌謡祭最優秀新人賞、日本歌謡大賞優秀放送音楽新人賞、日本有線大賞新人賞

日本レコード大賞大衆賞などを受賞し

平尾昌晃自身も長い作曲家人生最大のヒット曲となったらしい

この「うそ」がヒット曲になった事で今後、風の22才の別れや

因幡晃のわかって下さい、渥美二郎の夢追い酒、BOROの大阪で生まれた女、

堀江淳のメモリーグラスなど次々と女心を歌う男性歌手が出てきた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和 音楽