Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

昭和時代の通販広告の怪しい面白グッズ、スパイカメラ

   


昭和の雑誌の通販広告によく載ってた怪しいグッズ

当時の某有名通販の会社

今はスマホなどで常に小さなカメラを持ち歩いている状態で

いけない事だけどまあ盗撮もそう難しい事では無いが

当時はプロカメラマンやカメラ小僧でも無い限り

カメラを普段持ち歩く滅多に無く大きかったので人前で

隠れてシャッターを押す事はなかなかできなかった

画像を見ると犯罪を堂々と助長するような広告だけど

ちょっとスパイグッズなどに憧れた男子は

スポンサード リンク

こういう秘密のアイテムを欲しいと思わせた

ひと目ではカメラとわからぬ電子ライターにカメラを内蔵

当時としては信じがたい手のひらサイズのボディに高性能メカを搭載

一応メイド・イン・ジャパンみたいだ

ライター部はたったこれだけ

これでも75cmから無限大までピント合わせ不要でなんでも撮れる

スポンサード リンク

外観はなんてことのない普通の電子ライター

本体は暑さ1.5cm幅2.5cm高さ10.5cm

色はブラックとシルバー

価格は14800円と当時としてはかなり高価だ

フィルムはプロスパイカメラで定評のあるミノックスタイプ

(8m/m✖11m/m)の20枚撮り

現在では問題になりそうだけど、タバコに火をつけるふりをして

決定的瞬間をパチリ

一応説明ではビジネスの情報収集だけでなく

男の遊び心を満たしてくれると書いてあるが

画像ではいかにも盗撮に使えますよという意味にも見える(*^^*)

まあ盗撮に使うかどうかは別にして持っていれば

映画の中のスパイ007、ジェームス・ボンドのような気分になれそう

怪しい盗撮だと写真屋に出せないとこういうグッズも載せているのか

撮った写真をその日に現像出来る、ドラマなどでプロカメラマンが

暗室で決定的瞬間の写真を溶液に付けて

画像が出てくるようなそんなシーンのような事が出来るみたいだ

これも33000円と高価な商品だ

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和レトロな商品 グッズ