Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

廃駅となった旧名鉄谷汲駅跡の保存車両 レトロ探索

   


岐阜県揖斐川町でいび川クラシックカーミーティングという

旧車のイベントがあった同日日に

2001年10月1日に廃線となり廃駅となった旧名鉄谷汲駅で

赤い電車祭りがやっていた

谷汲駅に向かう途中にあった懐かしいツノダの自転車屋の看板

もう廃業されてるようだ

旧名鉄谷汲駅、ここのホームは1926年(大正15年)の

谷汲鉄道開業時の貴重なもので1926年(大正15年)年製のモ514、

1928年(昭和3年)製のモ755が保存されていて、

この旧谷汲駅には1911(明治44年)のアメリカ・カーネギ製レールや

谷汲鉄道開業当時から残された1925年(大正14年)の

フランス・プロヴィダンス製のレールなど貴重な物が残されていて

これらは日本国の輸入レールの歴史を後世に伝える上でも大きな役割を果たし

これらの事が評価され2007年5月12日に産業古学会から

推薦産業遺産に認定されたという案内看板があった

駅に入るとすぐ横に赤い電車の小さなミュージアムがあり

当時の写真や記事の展示スペースがあった

車体看板なども飾られていた

ジオラマもあった

改札もまだそのまま残っていて駅員の制服を来た人がいる

ホームへの入場は無料で谷汲駅の記念入場券は200円で売っている

普通旅客運賃表残っていて現役の施設のよう

改札を超えるとホームに2両の電車が止まっている

これが1928年、昭和3年 モ750形 755号車

中にも乗れるみたいだ

電車は乗車券を買えば動いてる電車に乗れるみたいだ

ただ電車が動くのでは無くこれで引っ張って動かすようだ

最後のお礼の看板、2001年だからもう17年前か

スポンサード リンク

木造りの通路がなんか懐かしい

これも乗れるのかな

反対側にもう1車両止まっていた

スポンサード リンク

1926年、大正15年 美濃電気軌道 モ510形 514号車

こちらも乗れるみたいだ

駅前では古い電車の部品が小売りされていた

昭和レトロで昔良く見た物が一杯

谷汲の駅の売店

古い民家のような梅干し屋は今でも現役の店かな

今日は赤い電車祭りのイベントなので出店がたくさん出ている

屋台車両の高山の中華そば

大道芸人 昭和のま~君、今日の昭和イベントに掛けてるのかな

日本で2番めにバカバカしい笑タイム、

懐かしい昭和のバブル期のパイオニアやケンウッドのスピーカー

後ろの文字が光る物は当時は高価だった

昔のカーコンポは家の大きなステレオと同じくらいの値段だったので

当時は贅沢品だった

ミニSLのトロッコ列車は200円で乗れる、20メートルほどだけど

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

天然サンゴ100%の自然主義のミネラルウォーター

元祖コーラルサンド21®

日本初!厚生労働省認定機関の

日本食品分析センター、東京都食品衛生協会、東京環境測定センターから

永久に水が腐らない、菌が繁殖しないデータを取得しています

永久保存が出来、地震災害用の非常水にも最適

水道水を入れるだけで水道水の塩素を除去し

天然のミネラル22種類の固まりの名水になります

ペットボトル500mlで繰り返し100回使えるので経済的です さらに飲料水としてだけでなく制菌も出来る水で ノロウィルスも死滅させたデータも取得しています

すべて公式サイトに実証データーがあります

詳しくは元祖コーラルサンド21の公式サイトへ

内閣総理大臣/内閣府認可

一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

防衛省、パナソニック、ダスキン、大分岡病院、要病院 朝日新聞社グループなど多数の企業で使用されています
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 岐阜, 昭和時代