Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

廃墟の別子銅山 東平ツアー 東洋のマチュピチュ

      2018/11/16


廃墟をテーマーパークにして成功した別子銅山マイントピア

更に山の上には東洋のマチュピチュ「東平」があり

こここそがテレビで見た世界的産業遺跡のある場所だ

そこまでの道のりはかなり狭く険しい道なので

バスでガイド同行で巡る 東平ツアーがある

バスには東洋のマチュピチュ「東平」を知り尽くした

地元ガイド(語り部)が同行してくれ歴史を楽しく学べる

大人1300円 小人700円 

さらに鉱山観光の端出場ゾーンの観光鉄道・観光坑道見学の1200円が

スポンサード リンク

半額の600円になるので1900円で

マイントピア別子の端出場ゾーンとと東平ゾーンが見れる

但し運行は11時の出発と13時の出発の2回のみで

所要時間は約2時間 (平日 最小催行人数5名~ )

12月~2月は冬期通行止め

到着が13時5分前だったので何とか乗れたが

最後だったので補助席になった

このマイクロバスで向かう、東平までは10kmの道のりで約30分

3台のバスで出発、途中から確かに凄い険しい道になり

マイクロバス1台がようやく通れる山道

今日は日曜日ということもあって一般乗用車も多く

対向車が来れば下がったり待ったりしなければならない

自分の車で行かなくて良かった

雄大な景色を見ながら、ずっとガイドが解説しながら

そして到着、大きな駐車場で自家用車で来た人や自転車で来た人もいた

東平は標高約750メートルの位置にありマイントピア別子・東平ゾーンとして

整備され、駐車場、歴史資料館、マイン工房などがある

観光の中心は昭和43年の東平坑の休止により無人の地となった後の産業遺跡

まずは歴史資料館へ

開館時間10時~17時 休館日毎週月曜日

12月1日から翌年の2月末日まで休館

TEL 0897-43-1801

当時の生活の写真が貼られている

当時のジオラマや

スポンサード リンク

生活用品が飾られている

小マンプ

東平の電車乗り場から第三通洞へ向けて2つのトンネルの短いトンネル

現在、小マンプの中は、東平にゆかりのある鉱山運搬機器展示場となっていて

中へ入って2t蓄電車、かご電車、杭木 運搬台車、三角鉱車、充電電車などを見ながら

最後はスラッシャーを見て通り抜けて見学する

スポンサード リンク

上から見た検索停車場跡

山岳鉱山鉄道と別子鉱山鉄道跡

マイン工房へはスロープから、横の当時の階段は現在は使用されていない

東平マイン工房

開館時間10時~17時 休館日毎週月曜日

12月1日から翌年の2月末日まで休館

TEL 0897-43-1801

銅鉱石に触る事が出来る

ドラマのロケ地にも使われたので沢口靖子や内藤剛志のサインが飾られていた

そしてテレビで見た貯鉱庫・索道基地跡へは

220段の階段を降りる、現在は220段の階段になっているが

元はインクライン跡で生活用品から郵便、新聞や

資材を引き揚げたり降ろしたりするため

傾斜面にレールを敷いてトロッコを走らせるケーブルカーの一種

インクラインがあった

最盛期には約5000人の銅山関係者とその家族が住んでいた

東平の需要な生命線だった

この巨大な石積みが貯鉱庫跡、東洋のマチュピチュと称されている

ここまでがバスツアー見学コースとなる、

険しい山道の運転がいらないけど時間が決まっているので

一応主要な場所しか行かないので

まだまだ他にも色々じっくり見たいという人は

自家用車で来るか体力のある人は登山で探索した方がいいかも

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 廃墟, 昭和レトロ 愛媛