昭和レトロ 愛知 昭和レトロなホテル 旅館

昭和レトロな観光ホテル 三谷温泉 松風園の絶景温泉

投稿日:2018年11月12日 更新日:


愛知県で23号線を通るたびに丘の上に昭和レトロなホテル群を見て

ついに行って見た三谷温泉

昭和レトロな温泉街 三谷温泉 廃墟も 愛知県蒲郡市三谷町

三谷温泉は三河湾の湾奥に位置し、行楽、歓楽温泉としても発達し
1200年の歴史を誇る県内有数の長い歴史を持つ愛知県下有数の古湯であり

「美肌四湯」といわれ愛知県で唯一の4種類の天然温泉ということで

ここには1人1冊2,100円で、有効期間は発行日から1年間
5旅館で各1回づつ入浴できる「日帰り温泉入浴パスポート」を発行されていて

中学生以上一人1冊、小学生以下のお子様は大人1名につき1人無料
タオルは付いてないので用意しなければならない

三谷温泉のホームページを見るとどのホテルも日帰り入浴は

1軒1000円から1500円するのでお得で2軒入れば元を取れる

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

とは言っても1日2件くらいだろうけどまあ1年間期限があるので

ホテル明山荘前の三谷温泉観光案内所はいつまでたっても開かないけど

「パスポートは各旅館のフロントにてお求めいただけます。」とあるので

とりあえず松風園に行ってみた

愛知県蒲郡・三谷温泉 松風園
〒443-0021 愛知県蒲郡市三谷町鳶欠14-4
TEL:0533-68-6611(代) /FAX: 0533-68-6610

外観はかなり古びて老朽化しているが

中は綺麗で豪華だ、出来た当時は立派なホテルだったんだろうな

三河湾に面して建っているので景色は1番良さそうだ

ここで三谷温泉の日帰り温泉入浴パスポートを2100円で買った

http://www.shofuen.jp/hot_spring/index.html

ホームページで見ると

海辺の露天風呂から絶景の景色が見渡せるようだ

ご利用時間 11:30~17:00
泉質 千歳の湯(等張性塩化物泉)

料金 大人1,500円なのでパスポートだと1/3の値段で入れる

フロントのロビーはかなり大きくここからも絶景が見渡せる

そして大浴場へ

2つの自動センサーの2つのエスカレーターを降りて

三河湾を見ながら降りて

客室へ向かう長い渡り廊下、ちょっと童心に帰って探検したい(´∀`)

最後は階段降りてゆくので高齢者はややしんどいかな、

浴場の入口に三河湾を見ながら入れる足湯があった

脱衣場はパウダールームもあり大きくここからも三河湾が綺麗に見える

浴場に行くと大きな白いミロのヴィーナスのような銅像

しかしその浴室は湯が張ってなかった

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

内湯は2つに分かれているがホテルの規模からするとそう大きくないし

何の仕掛けも無い、

露天風呂は上記の白い浴槽の方では無く

下記のように木の囲いがあり海が見えにくくやや低い位置にあるので

スポンサード リンク

そう絶景ではなかったかな、

男女入れ替え制なので宿泊すれば両方入れるみたいだ

もちろんホテルなのでアメニティは万全で

この地方はみかんが有名らしくみかんのソープやシャンプーがあった

大浴場に行く途中の階段から海岸へ出られる

宿泊すれば風呂上がりに海岸を散歩も近い

プールもある

階段は経年か歪んでいるが

ホテルの前には昭和レトロっぽい建物のゲームセンター

古い70年代くらいのエレメカゲームが残ってないかな

入口の黒ひげ危機一発とエアーホッケー以外は新しいゲームだった

もう1件は向こうの丘の昭和レトロな看板が目立つひがき温泉にしよう

昭和レトロなホテル三谷温泉ひがきホテルの日帰り温泉の絶景露天風呂  

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
スポンサード リンク

-昭和レトロ 愛知, 昭和レトロなホテル 旅館

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

和歌山の和歌の浦にある廃墟と噂される七洋園に泊まってみた

以前からクチコミやホテルの感想などで 廃墟と言われている和歌山の七洋園についに宿泊が実現した 廃墟と噂されるホテル、和歌山七洋園は現役ホテルなのか?寂れゆく和歌の浦 和歌山市の海辺の和歌の浦というとこ …

三谷温泉ロープウェイ跡地 元プラネタリウムの廃墟 

昭和レトロなホテル群が立ち並ぶ愛知県蒲郡市三谷町三谷温泉街 どこか昼食を食べるとこがないかと ホテル明山荘の上にカフェの看板があったので登って行き カフェの案内看板のとこを入って行くと 「はなわ」とい …

廃墟再生中だった高級旅館石泉閣、アルタミラ美術館の完成はいつ?

和歌山市和歌の浦の泊まれる廃墟ホテルとして 自分も2016年に泊まったホテル七洋園 先日、オーナの訃報を知り廃業となったらしいので 現在どうなっているか見に和歌山県の和歌の浦に まずは和歌の浦の入り口 …

倒産した山代温泉の昭和時代に大名気分になれた巨大高級ホテル山下家のリニューアル後の大江戸温泉温泉山下家へ

北陸の加賀温泉郷の一つの山代温泉、その中でも巨大な規模で 訪れるお客を大名気分にさせていた高級ホテル山下家 山代温泉最大のホテルだった山下家 昭和の最盛期は大奥の姫が出迎え城中大奥の花と酒宴で大名気分 …

昭和レトロで巨大温泉だった尾張温泉東海センターは規模が縮小され温泉のみに

名古屋ポートメッセで行われた名古屋オートトレンドの帰りに 久々愛知県の蟹江町にある尾張温泉東海センターへ寄ってみることに 以前は尾張温泉観光ホテルに併設され1000人が入れるという岩風呂温泉に 150 …