Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三谷温泉ロープウェイ跡地 元プラネタリウムの廃墟 

      2018/11/14


昭和レトロなホテル群が立ち並ぶ愛知県蒲郡市三谷町三谷温泉街

どこか昼食を食べるとこがないかと

ホテル明山荘の上にカフェの看板があったので登って行き

カフェの案内看板のとこを入って行くと

「はなわ」というカフェレストランがあった

ここで昼食を食べる、丘の上に建っているので景色は良かった

その前は広場になっていて銅像が立っていた

乃木将軍像と書いてあった

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

この方が1891年(明治24)5月、名古屋歩兵旅第五団長として

伊勢神宮逢拝の際に弘法山 を訪れたのを記念して、

大正9年に建立したものらしい

この丘は標高50メートルの乃木山と言って

昭和33年(1957)に三谷温泉のもうひとつの丘の標高92メートルの

弘法山から国道23号線上を横切って蒲郡弘法山観光ロープウェイ、

のちの三谷温泉ロープウェイが開通し、賑わった観光地だったらしいが

三谷温泉ロープウェイは赤字が続き昭和45年には名鉄に無償譲渡された

しかしその後も利用客が増えないまま昭和50年に廃業となったようだ

その横に丸い屋根の変わった建物がある

人気は無く入り口に行くまでも草が生い茂り整備されていない様子

近づいて入り口を見に行くと延命流包丁式 延命山大聖寺大秘殿 十界めぐり

と書かれていた、調べると大人の秘宝館だったらしい

閉館のお知らせと書いてあり、つまり今や廃墟だ

中を少し覗くとまだ備品が少し残ってるようだった

横に階段があり登れるようなので登ってみた

タイヤなどのゴミがあるが

古いから怖いな(;´∀`)

登ると円形の展望台になっている

見晴らしはいい

スポンサード リンク

この形は元々昭和33年に三谷温泉ロープウェイが完成したときに建設された

プラネタリウムだったようでこんなドーム状の形になってるようだ

隣にも展望台らしきものが

もう整備はされていない様子

一旦降りて

1階がトイレになっている

スポンサード リンク

形からして三谷温泉ロープウェイの乗り場のようだ

向こうの丘にも建っている銅像の弘法山が山頂駅だったようだ

この元のプラネタリウムは建設から60年も経っているのか

一応三河湾国定公園のよう

今は土曜日の午後というのに静かで人気はないが

かつては三谷温泉ロープウェイがつねに往路し人々で賑わったのか

前には廃墟らしき店もあった、お土産屋さんの跡かな

次は山頂駅、弘法山遊園地があったという弘法山の方へ

三谷温泉ロープウェイ山頂駅跡地へ 弘法山

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 廃墟, 昭和レトロ 愛知