廃線跡 昭和レトロ 和歌山

和歌山県の野上電気鉄道の廃線跡を自転車で散策 和歌山県海南市

投稿日:2013年12月23日 更新日:


かつて和歌山県の海南市を走っていた野上電気鉄道の廃線跡を訪ねてみた

海南のわんぱく公園に車を止めて自転車で散策
去年行った有田鉄道廃線跡の倍の片道12km近くあるがまあ行けるだろうと
今回参考にしたホームページがあったのだが
しかしその資料を持ってくるのを忘れ

古い資料しか持ってこなかったので古い地図を頼りに


野上電気鉄道は1994年に廃止されているし会社自体も解散している
元々経営難で1970年代から無人駅や崩れかけの待合室、駅名板だったみたいだ
まだその跡は結構残っているというホームページを見た

まずはわかりやすいだろうと起点の方の海南駅へ向かう

途中で見た変わったスナック?の看板

現在の海南駅

昔はこのように小さかったようだが今は大きく建て直されている

このあたりに日方駅や車庫などがあったようだが

今は更地になっているみたいなので
う~んこれじゃ全然わからんなあ


廃車の草ヒロが

日産サニーB310型かな

変わった喫茶、木まぐれ、今度入ってみよう

ようやく入口を見つけた
どうやら有田鉄道のように線路跡は途中から遊歩道になっているみたいだ、

これが線路だったのか

時折駅跡らしきとこに休憩所や看板が

当時を再現した看板絵なのか

この休憩所も駅跡かな

家に広告看板も掛かっていた

電車が走ってた頃には車窓越しに宣伝になったんだろうな


幡川駅跡には当時のイメージ
途中から登り下りが出てくるので有田鉄道廃線巡りよりきつい

おっ何か上に橋が

自転車を止めて登ってみる

末期がん治療の専門医も絶賛し推奨するパワートロンDX! 病気の改善や自己免疫力は付けるにはまずは第一にするべきは 年々蓄積された体内の老廃物、有害物質など毒素を出しきる事から パワートロンDXの入浴によりマイナスイオン・遠赤外線ラドンと ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない老廃物、有害物質を外に出す 驚異のデトックス(毒出し)作用効果があります それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

大正時代からある橋らしい

かつてはこの下に線路があって電車が走ってたんだな

車の名前が書かれた車屋が、日産ディラーか?

営業しているのかな?廃墟かな・・

ビジネスホテル、旅館みたいだ、電車が走ってた頃は流行ってたのかな

雲が黒くなってきた、戻るにしても1時間くらいはかかるので

スポンサード リンク

雨が降ったらびしょ濡れになるな(´Д`;)

この辺りからきつい勾配が

川沿いようやくローカル列車らしい感じが

当時の写真

現在、ほぼ同じアングルかな

この下を走ってたみたいだまだ工事中か

高野街道を走るしかない、この道は狭いから怖いな

ようやく動木(とどろき)駅、

暗雲がたれこめてきていて今にも雨が振りそうな天気になってきたので

よっぽど引き返そうかと思ったが
最終登山口駅まで行ったらなんかあるかと行ってみる
晴れ間もときおりあるが一気に大雨がきそうだ

ようやく登山口駅、この辺りがそうだが・・何も無い・・?

単なる行き止まり?
少し戻るとバスの車庫があるが

おっ、昔ながらのパン屋さんがあった

寒いので豚まんと缶コーヒを買って
おばあさんが出てきてちょっと昔の事を聞いてみた
このバスの車庫が昔は駅だったらしい、今は何も残ってないとのこと
昔はここも駅前だったので店はよく流行ったんだけど今はなあと言ってた

スポンサード リンク

そして引き返す

公園に野上電気鉄道の車体が保管されていた

さらに先にも車体が置かれていた

これはお医者さんが寄贈されたものを個人で保管しているらしい

4時過ぎに駐車場に帰って来た
結局3時間以上かかったが雨に降られることはなかったので良かった(*^_^*)
でもやっぱ25km近い距離の自転車は疲れた

有田鉄道の時と違って上り下りはあったから足が痛い(´Д`;)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しない浄水器なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-廃線跡, 昭和レトロ 和歌山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寂れた昭和時代の観光地 和歌山県 日の岬パークの現在 

和歌山県日高の日ノ岬パーク ここは70年代の子供の頃近所の人達と車数台に乗り合わせて 日の岬パークにある国民宿舎日の岬に泊まりで来た事があり その様子は昔の8ミリ映写機に収められていて見た事があるのだ …

生石高原の麓の昭和な店 寄って小屋 和歌山県有田

和歌山県の有田川町の生石高原の麓の 184号線沿いに昭和な物があるというので行ってみた 途中から結構な酷道になってきた ようやく麓の開けた道に 廃墟かな 少しメルヘンチックな建物だが、営業はしてないよ …

絶景温泉 関西 船で行く和歌山の海に浮かぶ昭和の香り漂う中の島ホテル 勝浦温泉

マグロの水揚げ高日本一と言われる海の温泉町 和歌山県那智勝浦町にある南紀勝浦の温泉 那智勝浦には日帰り温泉施設がいっぱいあるが 1300円で湯巡り手形を買えば 連盟に加入している十数か所のうち3つが入 …

昭和にあったスーパースライダーに乗ってみたかったが・・ふれあいの丘スポーツパーク和歌山有田川町

和歌山県の有田川町の 国道480号線から橋を渡ったとこにある 道の駅しみず 和歌山県有田郡有田川町大字清水607 その奥に併設される ふれあいの丘スポーツパーク 〒643-0521 和歌山県有田郡有田 …

1980年代に出現した巨大パラダイス、グリーンピア南紀も廃墟に 和歌山県那智勝浦町

1986年4月4日に和歌山県の那智勝浦町に作られた 巨大な施設グリーンピア南紀 後に年金の無駄使いと問題視された悪名高き施設だが 自分は丁度この時期に和歌山県の那智勝浦町に仕事で行っていて 新しい観光 …