Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

荒廃が進む和歌山 七洋園 和歌の浦 このまま廃墟になってしまうのか

   


和歌山県和歌山市の海辺にある和歌の浦はその景観の良さや

大阪から近いという立地条件から

昭和3~40年代まで新婚旅行のメッカとして賑わいたくさんの観光客で賑わったが

しかしレジャーの多様化や高速道路の発達などから通り過ごされる街になり

新婚旅行のメッカから一転、関西一の廃墟の街というレッテルを貼られ、

廃墟のメッカと変身した

その和歌山市の和歌の浦の中でも未だ変わらぬ姿で営業を続け、

しぶとくオーナー1人になってもそこそこ大きなホテル旅館で

営業を続けたせいか施設の整備や掃除も行き届かず

さらにその廃墟のような姿から普通に泊まりに来た客から拒否され、

苦情が殺到し、その存在自体を否定された和歌山 七洋園だったが

ここ数年見直されてきた昭和レトロブーム?のおかげか

昭和レトロなままという事で有名になり

マニアな人々が泊まりに来るようになり少し館内も整理され

畳なども綺麗になった、自分も2016年に宿泊したけど

覚悟していたせいか聞くほど酷くなかった

しかし1人で頑張っていたオーナーの突然の訃報

残念ながらその瞬間和歌山 七洋園の歴史の幕は閉じた

2018年8月に閉館から半年後にどうなってるか訪ねてみた

元々廃墟っぽかったのでその時はそんなに変わってないと感じた

ただオーナーがもう居ないという事以外は・・・

そして2019年2月に再び訪ねてみた

去年は9月に台風などあったが

スポンサード リンク

その台風で割れたのか1番上の階の窓ガラスが何枚か割れている

まさか誰かの侵入で叩き割られた事で無いことを願いたい

入り口もかなり荒れていた

給水塔も落ちているのでおそらく台風かな

このまま見かけどおり廃墟になってしまうのか

このまま朽ちていくのは残念だから何とか出来ないだろうか

侵入による破壊だけはやめて欲しい

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 廃墟 和歌山, 昭和レトロ 和歌山