Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大阪市生野区でも昭和レトロな銭湯の廃業が相次ぐ

   


大阪市生野区は大阪でも80年代から段々無くなりつつある昭和から続く銭湯が

たくさん残っている地区だったのでここ数年でも

昭和レトロな銭湯巡りが楽しめる地域だった

だがそんな生野区の銭湯も最近休業したり

ついに解体されたり解体工事が始まったりとなって来ているようだ

まだ入った事の無い大阪市生野区生野東にある日の出温泉へ向かう

だがスマホのマップでは名前が出てこない

なんとか住所でたどり着いたが

建物はそのまま残っているものの休業中になっていた

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

狭い古い家が立ち並ぶ住宅街にあり大きな建物で

スティンドガラスのある窓など少し洋風だ

看板にはたくさんの種類が書いてあり流れ風呂など面白そうだが

グーグルマップから消えたという事は廃業届けが出されたのだろうか

まあ生野区の大池温泉のようにマップには出て来たから行ったものの

行ってみたら大きな自転車屋に変わっていたけど

2017年頃から何度か行ってて定休日だったり臨時休業とかで

中々入れなかった林寺温泉、商店街のやや裏通りの狭い道の住宅街にあった

もう再開してるのではと2019年6月に訪ねて見ると

スポンサード リンク

なんと解体され更地になっていた、結局入れずしまいだった

そして1度行った事のある歌舞伎温泉

大阪市生野区の歌舞伎温泉は昭和レトロな歌舞伎座のような銭湯

その名の通り演劇場のような入り口で

浴場もお城の塀のような物や屋根瓦があったりと変わった作りだった

ただかなり劣化しており最近の綺麗なスーパー銭湯に慣れた人には

拒否されるかもしれない

そして偶然通りかかると

工事中で看板も壊されている

入り口には休業中の張り紙が貼ってあるので改装中なのかもしれないが

その可能性を信じたい

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 大阪